« 敬老の日 | トップページ | 至福の映像 »

2004.09.18

愛しのプロジェクター

TH-AE500SYO.jpg

REARSP.jpg

  私が愛用している液晶プロジェクターは、PANASONIC TH-AE500です。ソファの後ろの自作の台に載せています。
 この機種は昨年発売されたものですが、画期的といえるほど低価格で高性能です。エプソン製の液晶パネル3枚を使用し、画素数は1280×720で、フルハイビジョンではありませんが、映し出すハイビジョン映像は、十分満足のいくものです。はじめてこのプロジェクターのハイビジョン画像を見た方は、息を飲んで声が出ないといった風です。特に、実売価格15万円程度で手に入るなんて、数年前から考えると夢のような価格です。実は、同時期に発売された同じエプソンのパネルを使用したSANYOのLP-Z2とも同価格帯でありどちらにするか迷いました。
 東京秋葉原のヤマギワ電気のし試写室で偶然、両機を比較することができた時、同じハイビジョンプログラムでTH-AE500の方が、青空の色がより自然な青に見えたことが決め手になりました。後に、LP-Z2は、少し色調にくせがあるとのレポートをよくみかけました。DLP方式のプロジェクターも液晶以上の映像を出してくれるので非常に魅力的ですが、値段を考えると手が出ません。

スポンサーリンク

|

« 敬老の日 | トップページ | 至福の映像 »

13 ホームシアター・オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1464489

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しのプロジェクター:

« 敬老の日 | トップページ | 至福の映像 »