« ウェブログの見方など | トップページ | 自ビール、手づくりビールを仕込みました。(2) »

2004.10.15

釣りボート登録時の小さな騒動

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


syukkoumae.jpg

 私の釣り友達と勝浦漁港から出港前のボート

 カートッパーの記事で紹介した釣り仲間と楽しんでいるボートです。ご覧の通り、手こぎボートにエンジンが付いたくらいの大きさです。
 平成4年の3月頃、幼なじみの友達と共同で釣りボートを購入しようとの話が持ち上がり、ヤマハのボート「釣りっこ太郎」を選定し、いよいよ引き渡しでセールスマンが自宅に来ました。友達も同席しました。
 ボートの一応の納入が終わった後、セールスマン氏が登録の書類を書かなければならないが、初めてでわからないだろうからお手伝いしますとのこと。以下は、博多弁でのやりとりです。10年も前ですから、細かいことは別にして、大体こんなストーリーでした。
 セールスマン氏、「まずは船名を決めてください」。
 私達はびっくりして「急に船名と言われても、こんな小さなボートに船名なんて必要なかろうもん」。
 セールスマン氏、「書式には船名の欄がありますのでお願いします」。
 私達、「こんなボートの10倍も20倍も高いクラウンを買っても、車名を付ける馬鹿はおらんめーが」。
 セールスマン氏、無視して「船名が無いと登録できませんよ」。
 仕方がないので私が、「じゃ、釣りっこ太郎は?」。
 セールスマン氏、「それはヤマハの製品名です」。
 私が、ふざけて「2+3=号かアブノー丸はどげんかね」。
 さらに悪乗りした友人が、「暗証番号、危険信号、雨降って地固丸もあるじぇ」。
 セールスマン氏、「は?ふざけないでください。お願いしますよ」。
 ここで私達で船名協議開始。しかしものの30秒で決着。皆同級生で寅年生まれのため船名は「タイガー」としました。考えるのも面倒くさいので誰も異存なし。
 セールスマン氏、この決まり方に一言、「たいてい皆、船名はあーでもないこうでもないと悩まれるのですが・・・」
 しかし、本当にふざけた話はこれからでした。

boukayoubaketu.jpg

 問題の消防用布バケツ

 

ボート登録騒動の続きです。
 船名を記入して、セールスマン氏「先ほど納入しましたボートには法定備品として、係船ロープ、救命胴衣、救命浮環(要するに浮輪)、信号紅炎(要するに花火みたいなもの)、消防用赤バケツを載せています。ご確認ください。」
 私達、「ちょっと待って、消防用赤バケツが何で要ると?こんなボートで火事が起きるわけが無かろうが。燃えるものが無かろうもん。必要性がないっちゃないと。」
 セールスマン氏、けげんな顔つきで「法定備品で定められているので、備えていないと次からの船舶検査も通りません。」
 私達、「よし分かった。あんたに言うても仕方が無い。そんならホームセンターでポリバケツを買おう。」
 セールスマン氏、困った顔で「赤いバケツで消防用と書いてあるものでないと」。
 私達、「そんならポリバケツを赤ペンキで塗って消防用と書けばよか」。
 セールスマン氏、あきれた顔で「****団体のこの赤い布バケツでないと通りません。」
 鈍感な私達にも意味が分かりました。要するにどこかの団体の布製赤バケツでないと、ホームセンターのポリバケツでは駄目なんだということがやっと分かりました。
 私達、「それでこの赤バケツはいくらすると?」
 セールスマン氏、「2千円くらいです。(数字は忘れましたがこの位だったと思います。)」
 私達は、仕方が無くこのバケツを購入しましたが皆さんはどう思われますか? 
 下の写真が、この哀れな布バケツですが、消防用には全く役立たずですが、意外なことにボート内の水の汲みだしには非常に役立っていますのでいっそのこと「水くみ用」とした方が文句も出ないのかもしれません。
 マリンスポーツの先進国では、船名といい、消防用バケツといいこのような馬鹿な話などないと思います。

Takashina(高階救命器具)法定備品セット 3人用
セット内容:救命胴衣(TK-24A)×人数分、救命浮環(P-160)×1個、信号紅炎/1セット(2本)、黒球×1個、布バケツ/1個(以上JCI認定品)、プラスティックアンカー(5kg)×1個、アンカーロープ30m×1本、バック付き 



船検対応 各社の法定備品等  
JCI承認品 船検対応品~
法定備品セット3名用  アンカー付
。  全て安心の承認品JCI法定備品セット 2名用 平水・限定沿海・12m未満艇用 船検セット。 他


スポンサードリンク

|

« ウェブログの見方など | トップページ | 自ビール、手づくりビールを仕込みました。(2) »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

交通安全協会みたいにどこかの天下り先の組織かもしれませんね

投稿: | 2011.02.20 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1689700

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りボート登録時の小さな騒動:

« ウェブログの見方など | トップページ | 自ビール、手づくりビールを仕込みました。(2) »