« 自ビール、手づくりビールを仕込みました。(1) | トップページ | 部屋の中に8本のスピーカー!! »

2004.10.18

自ビール、手づくりビールの一次発酵の様子です。

Beer10bukubuku 2日前に仕込んだビールの様子です。イースト菌が活動して、ぶくぶくの泡が表面を覆っています。ビールの発酵は18度から25度が最適な温度です。従って、今の季節は比較的造りやすい季節です。夏は、温度を下げるのに苦労しますので、造るのには適していません。冬は、比較的温度をコントロールしやすくなります。私は、真冬に造るときは、観賞魚用水槽のヒーターを使用します。大きなポリバケツに水を入れて、そこに20リットルポリバケツを浮かし、湯煎状態にし、ヒーターを差し込み、温度コントローラーで23度くらいにセットします。その前は、コタツの中に入れてました。これはさすがに家人から顰蹙をかいました。
 また、友達が遊びに来て、コタツにはいると足に当たるものがあるので、これは何かとたずねられたときに、ビールと答えたらあきれられました。

Beer11airroock 発酵用ポリバケツのフタにあるものを気づいた方もあるかもしれませんが、これは「エアーロック」と言います。ぶくぶく泡が立っていますが、これはイースト菌が活動したとき生じる炭酸ガスです。エアーロックは、炭酸ガスを逃がすものです。水を内部に入れていますので、炭酸ガスが逃げるときに、ポコッと水泡ができます。これが必ずしも必要なものかどうかは疑問ですが、とりあえず買ってみたものです。

スポンサーリンク

|

« 自ビール、手づくりビールを仕込みました。(1) | トップページ | 部屋の中に8本のスピーカー!! »

11 料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1714651

この記事へのトラックバック一覧です: 自ビール、手づくりビールの一次発酵の様子です。:

« 自ビール、手づくりビールを仕込みました。(1) | トップページ | 部屋の中に8本のスピーカー!! »