« 英国ヨーロッパ一人旅行のはじまり ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(2) | トップページ | シベリア鉄道と日本からフィンランド・ヘルシンキまでの片道ツアー  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(3) 旅行の準備 »

2004.10.31

丸ノコ用直線切りガイド、治具を作りました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


marunokojiguzairyou DIY・日曜大工では、木材切断用に電動丸ノコを多用しますが、直線をまっすぐに切ることは、なかなか難しいものがあります。そこで、丸ノコを金属製の台に固定し、付属のガイドに沿って切る用具があり、私もこれを購入しました。

 しかし、これもいちいち台に固定するのも面倒だし、ガイドに沿って切るのもキックバック(跳ね返り)もあり、恐い思いも時々しました。

 そんな時、DIY・日曜大工の専門月刊誌「ドゥーパ」を見ていたら、簡単な丸ノコ用直線切り治具、ガイドの作り方が載っていましたので、早速作ってみました。

○材料は、写真のとおり、
1 厚さ5mm程度のベニヤ板1枚   (大きさは写真参照ですが、適当で良いです。)
2 厚さ13mm程度のガイド用板1枚 (同上ですが、あまり厚すぎると丸ノコの下面がつっかえます。)
3 木工用ボンド
4 木ねじ(上記のベニヤ板とガイド用板を接合して突き抜けない長さのもの)

marunokojigusetudann 作り方は、少しはしょりましたが、ベニヤ板の台にガイド用板を、木工ボンドと木ねじで固定します。

 肝心なのは、台のベニヤ板の端とガイド用板の端との間隔です。まず、丸ノコの金属台の幅より少し大きめにします。それから、丸ノコで端を切り落とし1cm~2cmの切り端が出るようにしています。もちろん、この切り落とす幅はそれ以上でもかまいません。要するに、台のベニヤ板の端すれすれに丸ノコの歯が出ればよいのです。

marunokojigusaigo 写真は、使い方を示しています。下に切る木材を置いて、丸ノコをガイド板に沿って進めれば、直線で切れるのがおわかりいただけると思います。

 このガイド板を作って、直後に料理用具を納めるキャビネットの製作に取りかかりました。板を一枚直線切りをしましたら、まことに簡単に直線切りができました。しかし、次の板に取りかかると、あろうことか丸ノコの電源スイッチが壊れてしまい、電源が入らなくなりました。今、丸ノコはホームセンターに修理に出しています。ギター侍じゃないですが、残念!!

各社丸ノコガイド定規の一覧リスト
ガイド定規にも色々なものがありますよ。

各社の電動丸ノコ一覧 
【楽天最安値挑戦中!!】RYOBI リョービ 丸ノコ W-1900。 マキタ:MAKITA:電子マルノコ 。 他

スポンサードリンク


・材料を傷から守る・凸凹のある材料も切断できるシンワ 丸ノコカッター定規エルアングル450mm...
丸久金物

★丸ノコ用各種ジグの情報はこちら★

|

« 英国ヨーロッパ一人旅行のはじまり ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(2) | トップページ | シベリア鉄道と日本からフィンランド・ヘルシンキまでの片道ツアー  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(3) 旅行の準備 »

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1818313

この記事へのトラックバック一覧です: 丸ノコ用直線切りガイド、治具を作りました。:

« 英国ヨーロッパ一人旅行のはじまり ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(2) | トップページ | シベリア鉄道と日本からフィンランド・ヘルシンキまでの片道ツアー  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(3) 旅行の準備 »