« 丸ノコ用直線切りガイド、治具を作りました。 | トップページ | 新聞の折り込みチラシは面白い »

2004.10.31

シベリア鉄道と日本からフィンランド・ヘルシンキまでの片道ツアー  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(3) 旅行の準備

 一人旅行に出発することは、決めましたが、出発の日まで準備らしい準備はしませんでした。あまり、旅行に興味はなく、準備する意欲もありませんでした。そうは言っても、最低のことは準備しなければなりませんでした。それは、とりあえず日本から出ていくことだけでした。

 当時、1973年頃は、青年・若者がシベリア鉄道を利用して北欧に行き、そこで皿洗いなどしながら旅を続けていくのが流行していました。それで、私もシベリア鉄道を利用したツアーの予約をすることにしました。シベリア鉄道という語感も魅力的ではありました。加えてソ連国営航空のアエロフロートのヨーロッパから東京までの1年間オープンチケットを取りました。

 シベリア鉄道は、極東からモスクワまで全線乗ると10日くらいかかると聞いていました。当然、全線で鉄道で行こうと予約しに旅行会社に行きましたが、あいにくそれは予約できず、一部鉄道を利用するツアーが予約できました。

 その行程は、横浜から極東のナホトカまで船便、ナホトカからハバロフスクまで鉄道、ハバロフスクからモスクワまで航空機便、モスクワからは、鉄道でレニングラード(現在のサンクトペテルブルグ)経由でフィンランドの首都ヘルシンキまででした。
 
 現在の感覚では想像できませんが、このツアーは片道ツアーでした。ヘルシンキで解散して、あと帰路は勝手に自分で帰ってくださいというものです。私は、帰りの交通手段としてアエロフロートの片道チケットを買いました。当時安い航空券チケットはアエロフロートでした。

 準備したのは、これだけ。ヘルシンキから先は、漠然とロンドンかなとは思っていましたが、ヘルシンキからロンドン間のフライト便などの交通手段も調べてませんでした。行けば行ったで何とかなるさの気分だったと思います。行けば行ったで何とかはなりましたが。

|

« 丸ノコ用直線切りガイド、治具を作りました。 | トップページ | 新聞の折り込みチラシは面白い »

08 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1820914

この記事へのトラックバック一覧です: シベリア鉄道と日本からフィンランド・ヘルシンキまでの片道ツアー  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(3) 旅行の準備:

« 丸ノコ用直線切りガイド、治具を作りました。 | トップページ | 新聞の折り込みチラシは面白い »