« 新聞の折り込みチラシは面白い | トップページ | 宗像市のどんどん亭のお好み焼きがお好み »

2004.11.04

博多駅で多くの人から見送られました。 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(4)

 1973年(昭和48年)10月11日の土曜日が出発の日でした。その日の朝、家では赤飯と鯛のお頭つきが用意されていました。別に頼んだわけではないのですが、受験の日や卒業の日、入学の日など何か特別なときは、赤飯と鯛のお頭付きが朝食に用意されるのが我が家の習わしでした。

 午前中は、大学のクラブの友人と西新の買い物にでかけました。当日の朝に、旅行のための買い物をするなどとはと、つきあってくれた友人もさすがにあきれたと思いました。

 出発は、博多駅から大阪へ向けて夜行に乗ることになっていましたので、博多駅に着いてみると、見送りの人が大勢来てくれていました。20名以上だったと思います。クラブの人達、宗像の友人達が大部分でしたが、驚くとともに感謝の気持ちでいっぱいでした。今から考えると、たかがヨーロッパ旅行くらいでとなりますが、当時はこのようなことになったのでした。

 列車が出発しました。夜行の寝台車では、これからの旅行の心配はほとんどしませんでした。ただ、あれほどの見送りを受けて国を出ていくからには、もし旅行を一ヶ月くらいで挫折して帰国するような事態になったら、福岡には当分帰れないだろうなー。そうすると半年くらい東京に潜伏するか。いやいや東京でばったり知人に出会うこともあるかもしれない。かえって、東北辺りに身を沈めた方がいいかもしれないな、などと考えていたらすぐに眠ってしまいました。

 大阪駅のホームで友人(この友人は現在の釣りボートの仲間です。)と会い、すぐに新幹線に乗り換えて東京に向かいました。午前11時過ぎに東京着。午後2時半から交通公社でツアー「Look]の説明会に出席しました。説明会には全部で20名くらいだったが、見事に男性ばかりで女性は一人も無し。それも、ひとくせもありそうな人ばかり。考えてみると、片道ツアーに女性がくるはずはありませんでした。

 説明会では、同行添乗員はいないとのこと。皆で協力し合って旅行をしてくれとのこと。団長を決めるが、候補者はいないかとの問いがありましたが、誰も立候補せず。それで、交通公社の係員がくじを引かせましたが、団長に決まったのが、ビロードのようなスーツを着たまことに頼りなさげな洒落た人でした。

 この日は、先に就職して東京に住んでいたクラブの友人の部屋にやっかいになりました。
 明日は、いよいよ横浜港から出発です。

スポンサーリンク

|

« 新聞の折り込みチラシは面白い | トップページ | 宗像市のどんどん亭のお好み焼きがお好み »

08 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1855559

この記事へのトラックバック一覧です: 博多駅で多くの人から見送られました。 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(4):

« 新聞の折り込みチラシは面白い | トップページ | 宗像市のどんどん亭のお好み焼きがお好み »