« 博多駅で多くの人から見送られました。 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(4) | トップページ | ソ連のナホトカ港に向けてハバロフスク号に乗船 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(5) »

2004.11.05

宗像市のどんどん亭のお好み焼きがお好み

スポンサードリンク


dondontei すみません。グルメ紹介が、いつも宗像地域のお店ばかりです。なにしろ、スーパーマーケット・サンリブへのお買い物がてら寄っていく店が主なのです。その内、福岡市や東京のグルメ紹介もやりたいと思っていますのでお許し下さい。
 文化の日は、お好み焼きのどんどん亭に行きました。ここは、チェーン店で福岡県を中心に28店舗あります。福岡の方だったらお近くのどんどん亭もあると思いますので、参考になるかと思います。

 お好み焼きに少しだけはまっています。それは、どんどん亭のお好み焼きを食べて以来です。お好み焼きと言えば、高校生の頃、下校途中に友達と食べていました。その時のイメージは、うすっぺらいメリケン粉焼きにウースターソースを塗ったものでとても美味しいとは思えませんでした。よっぽど回転焼き(太鼓焼き?)の方が安くて美味しいものでした。

 それが、どんどん亭のお好み焼きを食べてから、こんなに美味しいものであったのかと開眼しました。実は、福岡市内に「ふきや」と言うお好み焼きが評判になり、食べてみましたが私にはそれほどのものではありませんでした。

 どんどん亭でお好み焼きに目覚めてから、福岡市内の「千房」や「鶴橋風月」なども食べに行きましたが、どんどん亭ほど美味しいとは思いませんでした。勿論、これらは関西・大阪の本場のお店であり、美味しいはずなのですが、私の好みではありません。あ、それと広島風も野菜嫌いな私にはいまいちなのです。

     続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

dondonteiokonomiyaki01 右の写真は、どんどん亭の私のフェイバリット・メニュー「肉ミックス玉」で豚肉、ベーコン、鶏の3種の具入りです。値段は税込み714円です。

 私にとってどんどん亭の美味しい秘密は、あくまで私にとってですが、具材のかき混ぜから、焼き、ソース、青のり、マヨネーズ、鰹節のトッピングまで、全て自分で行うことが出きるからです。このことは、鉄板に置いた具材の厚さから、焼き加減、トッピングの量まで思う存分、やりたい放題にやれることです。

 前述の、お好み焼きの名店もこれをやらせてくれるのならいいのですが、ほとんどはお店の担当者が焼いてくれます。自分で焼くのが面倒な方は、これでいいのですが、私は自分で焼き、トッピングも載せたか放題載せたいのです。どんどん亭の具材が、特別優れているとは思いません。本当にお好みでできるから、美味しくなるのです。

 自分で焼くのに自信がない方も心配ありません。宗像店では、詳細な写真入りの焼き方マニュアルが完備しています。なお、もんじゃ焼き、広島風、モダン焼きなどもマニュアルを見ながら焼くことができます。

dondontei02 右の写真は、完成品です。下が見えないほど思う存分に鰹節がかかっています。その下には、あきれるほどのソース、しびれるほどの青のり、これでもかこれでもかのマヨネーズがあります。これがお好み焼きなのだと私は思うのです。
 ちなみに、北九州市には「ふそう」というお好み焼き屋があります。ここは、自分で焼けるし、マヨネーズのトッピングも自由にかけられますが、致命的なことは、カツオがカツオの削り節ではなく、カツオ粉なのです。これはいけません。それと、個人的なことですが、青ノリを思う存分かけようとして思い切り振りかけたら、あろうことかふりかけ容器のふたが外れ、お好み焼きの上に青ノリのピラミッドができてしまったことです。それ以来、「ふそう」には、足が遠のいています。

○どんどん亭宗像店
  福岡県宗像市大字光岡字立浦104-3 国道3号線上り線左側、ナフコの手前
  0940 36-8679
 
  どんどん亭チェーン ホームページ   http://www.matsuishi.com/

スポンサーリンク

|

« 博多駅で多くの人から見送られました。 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(4) | トップページ | ソ連のナホトカ港に向けてハバロフスク号に乗船 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(5) »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1875036

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市のどんどん亭のお好み焼きがお好み:

« 博多駅で多くの人から見送られました。 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(4) | トップページ | ソ連のナホトカ港に向けてハバロフスク号に乗船 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(5) »