« 自宅のクリスマス・イルミネーションづくりに参考となる本です。 | トップページ | 台風の被害にあったテレビアンテナの方向調整 »

2004.11.10

福津市の「宝来軒」 昔ながらの懐かしいラーメン

スポンサードリンク


houraikenramen 私が、小学生・中学生の時代、よく自転車に乗って魚釣りに行っていました。宗像・津屋崎の恋の浦、京泊などの磯でアブラメ(アイナメ)、アラカブ(カサゴ)などを獲物にして、帰路の途中、寄っていたのが「宝来軒」でした。

 当時の「宝来軒」は、小さな店で、カウンターだけだったと思いますが、いつも美味しいラーメンを出してくれました。
ご覧のとおりの、豚骨ラーメンは昔から変わっていないような気がします。心持ち塩が効いたスープ、太めの麺。今の流行のラーメンとは異なりますが、かえってそれが新鮮に映ります。

 おじさんとおばさんたちが、たぶんファミリーなのでしょうが、皆で一生懸命作ってくれます。そして、値段が1パイ350円です。街で流行のラーメン屋さんだと700円も800円もしていますが、半分以下です。それだけでなく「宝来軒」のラーメンの素朴な味の方が、○蘭や一○堂よりも好きです。

 メニューは、ラーメンとおにぎり(白飯、かしわ飯)しかなく、ビールすらありません。まさに、ラーメンだけで勝負しているのです。土日は土地の人々で混み合いますが、一度食べてみられてはいかがでしょうか。

houraiken
 場所は、津屋崎の海岸通近くです。天神という交差点の近くですが少しわかりにくいと思います。駐車場は店の前(3台)と店の裏にありますが、土日の昼食時には駐車できないこともあるかもしれません。

福岡・博多のラーメンもこんなにあります 人気順リスト 
一風堂ラーメンセット[赤丸1食・白丸1食・替玉1玉のセット]
 本場博多・長浜将軍 長浜とんこつラーメン、とんこつ発祥の地 久留米大砲ラーメン

博多ラーメンの代表格 名島亭の豚骨ラーメン 
私もお気に入りのラーメン屋さんです。豚骨ラーメンの本場長浜と久留米で12年ものラーメン修行の後創業の行列が出来る有名店。

○宝来軒
宗像郡津屋崎町天神691-1
TEL0940-52-0818
営業時間:11時30分~19時
定休日:毎週火曜

スポンサードリンク

|

« 自宅のクリスマス・イルミネーションづくりに参考となる本です。 | トップページ | 台風の被害にあったテレビアンテナの方向調整 »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

 マリーさん、今日は。Junです。
 宝来軒は、ムラがある時がありますね。しかし、そのムラが、いつも出るようではちょっといけませんね。
 福津市福間の「まるい」私も行ってはいませんが、ちょっと気にしています。「てん子」さんのブログ、「まめまめしく行こう」でも、取り上げられていました。
 ひょっとしたらその記事をご覧になったのか知れませんね。私も、要チェックですので行ってみようと思っています。
 なお、チャーハンは、東郷駅前の「さつまラーメン」の評判が、ネットで良いとありました。私も食べてみましたら、このチャーハンも結構いけます。 
 しかし、店主の方の入院で休業中でしたが、ひょっとしたら再開してあるかもしれません。

投稿: Jun | 2006.01.09 14:13

 津屋崎の宝来軒のラーメンですが、昔は良く食べに行き宗像一おいしいなーと思って、人にも進めていました。でも最近は特においしいという実感がなく、普通のラーメンだなと思いながら、宗像にはおいしいラーメンがないのでなんとなく食べにいっていました。最近インターネットで福津市の西鉄ストアー(旧寿屋)横の味のまるいのラーメンとチャーハンがおいしいという記事を見つけて、さっそく食べにいきました。コッテリしてなくてサッパリ味でおいしかったです。
今後はここに鞍替えしようとおもっています。

投稿: マリー | 2006.01.08 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/1903428

この記事へのトラックバック一覧です: 福津市の「宝来軒」 昔ながらの懐かしいラーメン:

» ブログリンク開設 [ラーメンブログリンク]
このブログは、ラーメンのブログリンク専用のブログです。 ラーメンブログリンクに加入したい方は、このブログをご自分のMyblogListに登録するか、あるいは管... [続きを読む]

受信: 2004.11.11 22:55

« 自宅のクリスマス・イルミネーションづくりに参考となる本です。 | トップページ | 台風の被害にあったテレビアンテナの方向調整 »