« 今日は年賀状を書きます。 | トップページ | 英国ロンドン 1973年10月25日 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(15) »

2004.12.29

宗像市の「まねき猫」 本当に農家がやってる「ふぁーむれすとらん

スポンサードリンク


manekineko_poster_syukusyou 今日は、お買い物で旧玄海町にある地域物販施設「玄海アクシス」に行きました。正月前のせいか結構混んでいました。そのアクシスの中で、右の写真のポスターを見つけました。ファームレストランでうどん、親子丼も何か変だなとは思いましたが、ちょうど昼時でもあり、アクシスからすぐ近くでしたので行ってみました。

鎮国寺の近くの農家の敷地にありました。鶏のコケコッコーという鳴き声もしきりに聞こえてきました。店の前の広い駐車場に駐車しました。

manekineko_tennai_syukusyou 店内は明るく広々としていました。ファームレストランというイメージよりも何と言っていいか農家がファームレストランをイメージするとこんな風になるのだなといった感じです。

 メニュー見ると、うどんがメインのようで親子丼や豚汁定食、どういう料理かわかりませんが地鶏ハンバーグなどがありました。これからするとファームうどん屋の方が誤解されないで良いのにと思いました。うどん定食を注文した後、何気なくメニュー裏返すとそこには、ピザや玄米ドリア(これもすごいですが・・・)が書いてありました。店内にはこれらレストラン的メニューが何も掲示されていないので、そのことを女主人みたいな方に言いました。

manekineko_udonteisyoku_syukusyou

 すると、「開店してまだ1ヶ月で、その間農作業に忙しくて手が回っていません。すみません。」とのお言葉。これこそ本当のファームレストランのあるべき姿と強く思いました。

 注文したうどん定食です。テーブルの上にミカンが盛ってありますが、これは食べ放題のミカンでした。また、このミカンがこのうどん定食の何倍も美味いものでした。

 manekineko_udon_syukusyou うどん、まねき猫うどんというそうですが、ご覧のとおり色が少し黒いものです。先ほどの女主人風の方が、これは自家製小麦を自家製粉しているので、きれいな白色にならないのですとのお言葉。「まるで島原の六兵衛のようですね。」と答えましたら通じませんでした。ちなみにご飯は赤米のご飯で、麦ご飯も選べます。まねき猫うどんの味は、自然食が好きな方は良いかもしれませんが、私には素朴すぎました。ここの食べ物は、自然食にこだわっているようですが、私はどちらかというと味の素をたっぷり入れたラーメンが好きなタイプなのです。

manekineko_gaikan_syukusyou ファームレストランの風情をしみじみと感じたのは、別なお客さんが店を出た直後、この女主人風の方が「あ、300円もらいそこねた!!」と言って、あわてて外に飛び出て、畑の道を歩いていたおじさんを追いかけているのを窓越しに見た時でした。

 それと、ここでは玄海アクシスに出品していることとパンも特定日には焼いているようです。

全国お国自慢の生うどん 
福岡の麺通団うjどん、三重の伊勢うどん、山梨の吉田うどん等々

○ふぁーむれすとらん まねき猫 

総合評価 ★★(ただし、自然食品好みの方とミカンが好きな方にはおすすめです。)
場所    福岡県宗像市吉田822-1 (旧玄海町宗像大社近く、鎮国寺前の小さな川の向こう)
電話    0940-38-7007
営業時間 11:00~18:00
休み    月曜日  

スポンサーリンク

|

« 今日は年賀状を書きます。 | トップページ | 英国ロンドン 1973年10月25日 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(15) »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

床には炭が敷き詰められいるそうです。天井の装置からもマイナスイオンが放射されていて、上下からのマイナスイオン空間でした。
自家製の小麦粉に里芋をねりこんだ麺は、つるっとやわらかく、味付けも自然でなごみました。
また、ここで使われている電子水は体内のいらないものを排出してくれる働きがあるそうです。
瞳をきらきらさせて話してくれたおかみさん、かわいかったです。

投稿: む~ | 2005.03.26 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2407271

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市の「まねき猫」 本当に農家がやってる「ふぁーむれすとらん:

« 今日は年賀状を書きます。 | トップページ | 英国ロンドン 1973年10月25日 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(15) »