« 住宅地のクリスマス・イルミネーションの情報です。 | トップページ | 北九州小倉の「大平山」支店が閉店していました。 »

2004.12.18

カーオーディオの音質向上に効果があるデッドニングをしました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


carnavistereo_syukusyou 私は、オーディオを趣味としていますが、当然、カーオーディオにも興味があり、車内の音楽の音質の向上に色んな事をしています。

 音質向上のためには、まずレガシィの標準装備のヘッドユニットを音響メーカー製のものに交換しました。私は、前の車のクレスタの時に交換した富士通テン社製のα7700zを使用しています。本当は、アルパイン社製(Alpine)のヘッドユニットを導入したかったのですが、ヘッドユニットのパネル前面に外部端子(Aux in)が付いているのがアルパイン社製に見あたらず、仕方なくこのメーカーのヘッドユニットにしました。外部端子があると、簡単に高音質でポータブルのMDプレーヤー等に接続できるからです。

 次に、前ドアのスピーカーを音響メーカー社製のものに交換しました。ヘッドユニットを導入しても、そのパワーに見合った音を車メーカー標準装備のスピーカーは出してくれません。ヘッドユニットも相当ひどいものが標準装備ですが、一見しては分かりません。しかし、標準装備のスピーカーのひどさは、すぐに見て分かります。貧弱そのもので、なるほど車のコストの節減ははこういうところでするのかと実感できます。

 幸い、現在はトレードインと称するスピーカー群があります。これは、例えばレガシィなら前ドアの標準装備のスピーカーと同じ取り付け穴が開いており、標準装備スピーカーを外した後に何の加工もせずにそのまま取り付けられるものです。どの音響メーカーも国産各車輌対応のトレードインスピーカーを豊富に提供していますので、我がレガシィにもスピーカーコーンが黄色いパイオニア社製(Pioneer)のトレードインスピーカを取り付けました。

 ちなみに、トレードインスピーカーは、車種ごとにありますので、自分の車にはどのようなスピーカーがあるのか、ネットで調べた方が良いと思います。

 なお、後部ドアにもスピーカが標準装備で付いていますが、カーオーディオの主力スピーカーは前部スピーカーでありますので、後部スピーカーの交換は必要ないと思います。

 標準装備のカーステレオとスピーカーを音響メーカー社製のものに交換すると、音質は劇的に向上しますが、カーオーディオ製品が本来持っている音質を引き出すには、デッドニングというものをした方が良いのです。

 次の続くで、このデッドニングの説明をしたいと思います。

     続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

 デッドニングとは、共振の制止や吸音・遮音のために前部ドア内部に、穴を塞いだり、共振留めのメタルを貼り付ける作業です。

 この作業を簡単にするには、デッドニングキットを利用するのが良いと思います。エーモン社製のキットがオートバックス等にありましたので、私もこれを利用しました。デッドニングに必要な材料が揃っていて非常に便利です。ただし、ちょっと高い・・・・・。

 なお、オートバックス等のショップでは、あまり陳列していませんが、実はデッドニングキットは、かなりの種類があります。

 このちょっとふざけた社名のエーモン社のサイトでは、「エーモン社製品ご案内」の「サウンドアップ/オーディオ」内の「デッドニング類」を選ぶとキットの概要が分かります。また、デッドニング作業の概要は同サイトのトップにある「サウンドアップテクニック」をクリックすると詳しく紹介されていますので、是非参考にしてください。

deadning01_syukusyou デッドニング作業の第1歩は、ドアの内張を取り外すことです。カーステレオの取り外しとは異なり、隠しネジや取り外しの順番に注意を払う必要はありませんので、適当に外しても大丈夫だとは思いますが、それなりに丁寧に作業してください。特殊な工具は必要ありませんが、オートバックス等で販売している内張外しのプラスチック工具を利用した方が良いと思います。ドアノブやウィンドウの上下スイッチ部分の取り外しもそう困難ではないでしょう。

デッドニング作業に必須の内張り外し、ドアクリップ外し等工具一覧 楽天

deadning02_syukusyou 内装を取り外したドアには、大小さまざまな穴が開いていますので、まずこれらの穴を、鉛合金でできた重い制振シートで塞いでいきます。全ての穴を塞ぐことによって、ドアの中に大きな密閉された空洞ができ、この密閉空洞によって低音の響きが増すのではないかと思われます。

 全ての穴を塞いでしまうと、次にドアの金属表面を制振シートで覆います。このことによりドアパネルの余計な振動を制止しようとしています。また、防音や吸音の効果もあります。普通のオーディオスピーカのキャビネットも同様ですが、スピーカーユニットはできるだけ強固で振動しないパネルに取り付けるのが音質向上に不可欠であります。普通のドアパネルでは、取り付け部分は軟弱で振動しまくりでまことに都合が悪いのです。

deadning03_syukusyou スピーカーの取り付け部分には、その台座には、やはり市販の台座ブラケットを使用した方が、強度や制振効果のために良いでしょう。

 写真は、ドア一面に制振シートを貼り付けた状態です。私は、ドア金属パネルの表面だけ制振シートを貼り付けましたが、本当は手を入れて内面にも取り付けた方がいいとのことですが、さすがにそこまではできません。

 カーオーディオのマニアは、カーオーオーディオの専門ショップに車を1週間以上も預けて、カーオーディオを取り付けますが、最高機種を選定すると同時にこのデッドニングを徹底的にやります。そのため、音質は最高のものが得られますが、費用も100万円は軽くかかるのではないでしょうか。私が、10年以上も前に専門ショップで、初心者なら40万から50万円でしょうなどと言われましたから。

 ところで、私のデッドニングの効果ですが、低音は重厚かつ濁りが少なく響き、中高音をふくめて格段に総合的な音質は向上しています。ただ、音像が前方に定位しているとは言いがたいものがありますが、カーステレオ、スピーカー、デッドニング材料を含めて10万円前後でこれくらいの音が出れば十分に満足できるものです。

 なお、デッドニング作業もやはり、根気とある程度の情報が必要です。必ず良好な結果になるとは限りませんので、あくまで自己責任でしていただくようお願いします。

カーオーディオの音が良くなるデッドニング機材・セット  
店長おすすめデッドニング。 上位ランキング中 !! AODEA No.2190デッドニングキット。他

カーオーディオのプロショップ 森の中のオーディオ屋さんのデッドニングコーナー  
デッドニング初級者用、中級者用のプロによる詳しい説明コーナーがあるので必見!

ヘッドユニットもiPod対応が主流
iPhone 3GやiPod touchなど最新iPod(R)に対応アルパイン iDA-X305「1DIN iPod(R)。  CD、USB/iPodを日本語表示で快適操作パイオニア カロッツェリアDEH-P650

最新の各社トレードインスピーカーの一覧 楽天
トヨタ/日産/ホンダ/三菱/スバル/スズキ車用・17cmセパレート2ウェイスピーカー
TS-C1710A【トレードインスピーカー】carrozzeria(カロッツェリア)17cmセパレート2WAYスピーカー.。 ALPINE アルパイン トヨタ用トレードインスピーカー SXS-69S。 他

スポンサードリンク

|

« 住宅地のクリスマス・イルミネーションの情報です。 | トップページ | 北九州小倉の「大平山」支店が閉店していました。 »

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

14 車・レガシィ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2305815

この記事へのトラックバック一覧です: カーオーディオの音質向上に効果があるデッドニングをしました。:

« 住宅地のクリスマス・イルミネーションの情報です。 | トップページ | 北九州小倉の「大平山」支店が閉店していました。 »