« 紅白歌合戦を振り返って | トップページ | 正月といえば寅んさでしたね。 »

2005.01.03

三社詣りに行ってきましたが・・・

スポンサードリンク


matoharagu01_syukusyou 今日は天気も良く、家にいるのももったいないので三社詣りに行くことにしました。福岡・宗像の三社詣りといえば、交通安全の神様の宗像大社、商売の神様の宮地嶽神社とあとひとつが問題です。比較的近いのは、香椎宮や箱崎宮でしょうが、それでも少し遠いので、一番近いお宮にしました。

 それが、的原宮です。的原宮とは、私の自宅から歩いて7,8分の所にあるお宮です。私の地区、平井といいますが、そこの住民で守っている地域のお宮です。神主は、いません。祭ってあるのは大国主命だと思いますが、何の御利益がある神様なのかも知りません。

 子供の頃は、私達は良くここで遊んでいました。お宮の建物の床下に入ることができ、その床下の地面には、多くの蟻地獄という虫の砂のすり鉢状の穴ができていました。蟻地獄の穴を見たのはこれが最初で最後でした。

 もちろん、正月に詣る人も少なく、誰もいませんでした。お参りするので、お賽銭を入れようと思いましたが、どこにも賽銭箱が見あたりません。正月に賽銭箱も出していないとはと思いましたが、誰もいないのでどうしようかと思いました。

matoharagu02_syukusyou するとお宮の正面の扉の所のガラスが2枚入っていないことに気づきました。掛けがねのすぐ横のガラス2枚分の所です。ここからのぞくと賽銭箱が見えました。どうも、ここから手を突っ込んでお賽銭をあげるための穴のようです。

 早速、ここからお賽銭をあげました。お賽銭をあげるとき、いつも親戚のおじさんの話を思い出します。私が子供の頃、神社でお賽銭をあげてから、鈴を鳴らしたところ、
おじさん 「順番が逆。鈴を鳴らしてからお賽銭をあげらないかんと。」
私     「?」
おじさん 「神様が昼寝しとるかもしれんから、まず、神様を起こすために鈴を鳴らすと。神様が寝てる時にお賽銭を入れても、神様が見とらんかったら何にもならんよ。」
 この話は、妙に説得力があったので、これ以降私は鈴を鳴らしてから、お賽銭をあげるようにしていますが、本当のところの順番はどうなのでしょうか。

 的原宮で、力一杯鈴を鳴らしてからお賽銭をあげた後は、宗像大社に向かいました。いつも混んでいるので、わざわざ旧玄海町の神湊方面から行きましたが、ここもやはり車の渋滞でした。仕方がないので、宮地嶽に向かうことにしました。

 しかし、宮地嶽に向かう道も車で混んでいましたので、ここも諦めて、今年は1社詣りになってしまいました。

スポンサーリンク

|

« 紅白歌合戦を振り返って | トップページ | 正月といえば寅んさでしたね。 »

17 .面白トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2456372

この記事へのトラックバック一覧です: 三社詣りに行ってきましたが・・・:

« 紅白歌合戦を振り返って | トップページ | 正月といえば寅んさでしたね。 »