« 東京の川甚 寅さんの故郷、葛飾柴又でグルメ | トップページ | 英国ロンドン、ロンドンのアパート  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(16) »

2005.01.08

福岡市東区のトンカツの店、「あんず」の黒豚ロースカツは絶品

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


anzu01 かねてより、私のグルメ紹介が宗像地域に限られているとのご指摘がありました。それもそうで、土日のスーパーの買い物途中か、土日の夕食を外食ですますことになった時に、行く店ばかりですので自然とそうなるのです。かろうじてたどり着いたのが、先日紹介しました福岡市東区和白の焼肉の「広州苑」です。でも、言い訳にもなるのですが、意外と宗像のグルメを紹介するサイトが少ないので、これはこれで存在意義があるのではないかと思っています。

 昨年の暮れ、福岡に車で出かける機会があり、夕食はかねてから行きたいと思っていたトンカツの店「和心とんかつ あんず」に行くことにしました。ここは、福岡初の飲食店五つ星評価で登場した「福岡口福案内」にも掲載されていたものです。この福岡口福案内は、福岡のグルメ情報をインターネットで掲載している口福倶楽部の代表ヤマトモ氏が267軒のお店を自ら足を運び五つ星で評価した本です。ちなみに、昨年12月頃最新版「福岡口福案内2005年版」が、刊行されています。

anzu02 「福岡口福案内」でトンカツの店は、5店掲載されていますが、「あんず」は最高点の星3半を獲得しています。

 「あんず」は、福岡バイパス沿いの飲食店モール「おいしい広場>」にある3店の内の一つです。夕方7時頃、駐車場に入りましたが、既に満杯状態でなかなか車を駐車することができませんでした。このモールは非常に繁盛しているようです。やっと車をとめてお店にはいることができました。

 店は、トンカツ屋と言うよりレストラン風でなかなか洒落ています。「福岡口福案内」では、ロースカツでは福岡最高だと思うと紹介し、特に黒豚のロースカツを絶賛していましたので、「黒豚ロースカツ膳」(1680円)を注文しました。

 注文をするとすぐ出してくれるのが、切り干し大根の小皿とキャベツの千切りの皿ですが、切り干し大根はなかなかの味でした。キャベツの千切りにかけるドレッシングは、白い水差し状の陶器に入ったものをかけました。これは、それほどでもありませんでした。

 肝心のトンカツが出てきました。福岡には珍しく分厚いトンカツです。トンカツの美味しさの一つにその身の厚さにあるのかもしれません。私は、東京・上野のトンカツ御三家と言われる「本家ぽん太」、「双葉」、「蓬莱屋」のトンカツも全て食べてみましたが、これらの経験からもやはりトンカツの肉の厚さが一つのポイントではないかと思っています。

小津安二郎東京グルメ案内 
日本映画の名監督小津安二郎氏も「蓬莱屋」を訪れています。

 そして特筆すべきは、その肉の柔らかさでした。脂身と渾然一体となった肉はとても柔らかくジューシーなものでした。まだ、食したことはありませんがトンカツの柔らかさで評判の東京渋谷区神宮前の「まい泉」の柔らかさに比べるとどうなのでしょう。確かに「あんず」のトンカツも箸で切れそうではあるのですが。

 トンカツと一緒に出てくる豚汁もだし汁がよくきいていて、とても美味しいものでした。また、店内にはハガマが置いてあり、それで炊いたと思われるご飯も上出来でした。これで2000円以下ですので行く価値のあるお店の一つだと思いました。

 それと、接客も良い方で、フロアーに男性の店員が一人立って客全体の動向を見ており、サービス面でも気を使っているなと感じました。

 *すみません。デジカメを持っていたのに肝心のトンカツの写真を撮ってないのですが、美味しそうなトンカツが出てきた瞬間、すぐにパクツキはじめてしまい、最後まで気付きませんでした。


和心とんかつ あんず (その他博多区・東区)
HOT PEPPERの和心とんかつ・あんずの紹介ページです。
最新の情報と地図、デザートサービスのクーポンがありますよ。





和心とんかつ・あんずの黒カレー
記事に掲載しているとんかつ屋さん「和心とんかつ あんず」。
とんかつがウリの同店で、隠れた人気メニューの一つが、この黒カレー。

黒毛牛のテールスープと、じゃがいも・にんじん・玉ねぎなどの国産野菜をじっくりと煮込んだルーに、黒ゴマペーストがたっぷり入っています。


和心とんかつ・あんずの野菜カレー
「和心とんかつ あんず」の野菜カレーです。
具は大ぶりなじゃがいもとニンジン、よく煮込まれてとろとろに なった玉ネギ。甘酸っぱいルーはご飯が進みます。
辛さは控えめでお子さまにもしんぱいないでしょうが、単なる甘口カレーではありません。
具沢山の野菜と牛肉か らでたうま味とコクがスパイスを包みこみ、とてもまろやかでやさしい味わい。丁寧につくられたルーの質の高さを感じます。

○和心とんかつ「あんず」

 黒豚ロースカツ膳 ★★★★★

所   在  福岡市東区原田4丁目32-4
営業時間   AM11:00~PM22:00 ラストオーダー22:00 年中無休
電   話  092-626-3515

スポンサードリンク

|

« 東京の川甚 寅さんの故郷、葛飾柴又でグルメ | トップページ | 英国ロンドン、ロンドンのアパート  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(16) »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2509400

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市東区のトンカツの店、「あんず」の黒豚ロースカツは絶品:

» 和心とんかつ あんず [日記]
和心とんかつ あんずに行ってきました!  携帯で撮りました。 ロースかつ膳 (小) 1250円 味噌汁の具はあさりとわかめからあさりを、 ご飯は五穀米と白ご飯から五穀米を。 切干大根、胡麻の入った器、甘口と辛口のソースにキャベツのサラダ、 ゆずドレッシングと青じそのクリーミードレッシング、きゅうりと大根の漬物。 そして、ロースかつ。 岩塩を用意しているとは肉に対する自信の表れだろうか、 岩塩で食べるとんかつは目の�... [続きを読む]

受信: 2005.10.28 22:21

« 東京の川甚 寅さんの故郷、葛飾柴又でグルメ | トップページ | 英国ロンドン、ロンドンのアパート  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(16) »