« 過去記事「ふぁーむれすとらん まねき猫」と「寅さん」について | トップページ | 福岡市中央区のPAUL 天神の福岡三越に新しいパン屋さんが開店 »

2005.02.04

英国ロンドン、スチューデントホテルの無線宿泊騒動  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(18)

1973年10月29日(月) ロンドン

○スチューデントホテルでの無銭宿泊騒動顛末記
 
 ロンドンの中心部、ソーホー地区の中華街に行こうと思い、フラットを出ました。その途中の路上で、一人の日本人から声をかけられました。振り返ってみると、ホーランドパークのユースホステルで知り合った人でした。この人は、私と同じくらいの20歳前後で、名前はお互いに知らないままでした。ロンドンの前は、ニューヨークに居て、皿洗いをしたり、時にはグレイハウンドのバスで旅行をしたりだったそうです。

 この人の知り合いが、スチューデントホテルに居るそうで、暇なら一緒に行かないかとの誘いがありました。暇なら腐るほどあったので、一緒に行くことにしました。

 スチューデントホテルとは、学生専用の宿泊所で、当時のヨーロッパにはあちらこちらにあったものです。お目当てのホステルの場所は、記憶が薄れていますが、ハイストリート・ケンジントン駅の近くだったと思います。大きな建物で、広い中庭がありました。複雑な廊下を歩いて、連れていってくれた人の知人の部屋は、なかなか広い部屋で、50くらいのベッドがありました。ユースと異なり、2段ベッドではありませんでした。昼間でしたので、ほとんど人は居なくて、私達の他には数人いました。

 する事もないので、私と路上で出会った人とその知人の3人で、ベッドに腰掛けて世間話をしていました。すると、突然、平穏を破るかのように数人の男が入ってきました。どうも、ホテルの管理人達のようでした。何やら、カードを見ながら、ベッドを調べはじめました。

 言い忘れましたが、当時のこのような宿泊所には、無銭宿泊者が相当居たのです。私も、スチューデントホテルではタダ泊まりできますよ、とユースに泊まっていた時から誘われていました。

 あきれたことに、8割以上のベッドが、無銭宿泊者のようでした。男達は、ベッドの周りにある荷物を片っ端から没収していました。この管理人の男達も、英国人ではなく、出稼ぎのようで汚い英語をしゃべっていました。

 この部屋の知人の人の荷物も没収されかけました。すると、この人は、もちろんタダ泊まりでしたが、猛然と自分はこの部屋の有料で泊まっている人の友達で、たまたま荷物を持って会いに来ただけだと抗議しました。私が横で見ていても、そんな言い訳は、無理があるなーと思いましたが、案の定、その人の荷物も没収され、文句があるならその有料宿泊の友達と一緒に取りに来いと言われました。

 あまりの出来事に、思わず私が肩をすくめると、ちょうど視線があった管理人グループの人の良さそうな男が、同情したかのように肩をすくめました。

 それ以上に驚いたのは、このようなことにその知人の方は慣れていたようで、金さえ払えば荷物は返してくれるからとあまり気にしていませんでした。私の知らない世界がそこにはありました。

 気晴らしに、3人で夕食を取ることにして、アールス・コート駅近くの「Hot Pot」と言う小さな安食堂でカレーを食べました。その後、別れましたが、あの荷物を没収された人は、その夜どこで寝るのでしょうか。金を払って荷物を返してもらい、スチューデントホテルで寝るのでしょうか。何となく、そんなことが気がかりになりながら、フラットに帰りました。

 私達、貧乏旅行者が泊まるユースやスチューデントホテルでは、このような無銭宿泊は日常茶飯事でした。私も、スペイン・マドリッドのユースホステルで、無銭宿泊を強制的にさせられた経験があります。このユースは、本当にケッサクな所でしたが、その面白い話はいずれまた。

 By Jun

|

« 過去記事「ふぁーむれすとらん まねき猫」と「寅さん」について | トップページ | 福岡市中央区のPAUL 天神の福岡三越に新しいパン屋さんが開店 »

08 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記 」カテゴリの記事

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2807058

この記事へのトラックバック一覧です: 英国ロンドン、スチューデントホテルの無線宿泊騒動  ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(18):

« 過去記事「ふぁーむれすとらん まねき猫」と「寅さん」について | トップページ | 福岡市中央区のPAUL 天神の福岡三越に新しいパン屋さんが開店 »