« マドリッドのユースホステルと番長 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(19) | トップページ | ダッチオーブンで石焼き芋です。 »

2005.02.21

福岡市中央区天神の「多奈加」 博多の春はシロウオから、ヨット仲間の新年会で

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


ヨット、アクエリアスの新年会

tanaka_sirouo_syukusyou ヨット、アクエリアスのメンバーの新年会が先日ありました。去年の8月のハウステンボスカップレース以来、ヨットは出航していませんでしたが、久しぶりにメンバー5人が全員集まりました。

 忘年会や新年会は毎年開いていますが、今年の会場は福岡市内の渡辺通りにある「多奈加」でした。昔懐かしいキャバレーミナミの近くにある食べ処、飲み処です。

 会場は、「多奈加」で舌鼓

 みんなが揃ったところで、酔わない内に去年の反省と来年への抱負を話し合いました。その間に、「多奈加」のご主人と奥さんが色々な料理を出してくれました。

 付きだしの小皿が終わると、福岡の春の風物詩であるシロウオがでてきました。写真ではわかりにくいのですが、小鉢の白地の所に、茶色のものがゴチャゴチャと見えているのが、活きたシロウオで水の中で泳いでいます。

 博多の春はシロウオから

tanaka_sasimi_syukusyou シロウオは、福岡市の西部を流れる室見川でとれます。産卵のために室見川を竹などで編んだヤナをしかけてとります。300年もの歴史があるそうです。昔は、室見川だけでなく、福岡市の中央部を流れている那珂川でも、大変とれたそうです。

 シロウオという言葉の他にも、シラウオと言う呼び方もありますが、昭和30年頃に九州大学の内田恵太郎と言う方が、「博多の白魚は、シラウオにあらずシロウオなり」と言い出ました。博多の古老によると、元来「シロイオ」と呼んでいたそうですが、九大の内田先生から「シロウオ」と言わなければいかんと言われたので仕方なく「シロウオ」としぶしぶ公式の場では言っていますとの話があります。

 私達も、このシロウオを、二杯酢につけて躍り食いで食べました。一人当たり10匹程度でした。シロウオの躍り食いは、決して美味しいものではなく、季節感や珍しさを味わうものです。二杯酢の酸っぱさの味ばかりで、シロウオ自体にはほとんど味らしきものはありません

 刺身やシチューも美味しいよ

tanaka_sitew_syukusyou シロウオの次は、刺身の皿です。すみません、デジカメの写真があまりよくありませんが、皿の中は、石垣鯛の昆布〆、ヒラメ、〆鯖です。石垣鯛の昆布〆は、珍味でした。

 最後の方に出されたのが、熱々のシチューでした。これも、ドミグラスソースの中にとろとろの玉ネギがとけ込んでおり、大変美味しくいただきました。玉ネギが苦手の私でも、これくらい形がなくなれば大丈夫です。

色々なシチュー料理や食材等 
豚ホホ肉のブラウンシチュー、スペアリブのシチュー、ビーフシチュー・ア・ラ・モード 等

○「多奈加」

住所  福岡市中央区渡辺通5丁目14-21
電話 092-771-3715

スポンサードリンク

|

« マドリッドのユースホステルと番長 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(19) | トップページ | ダッチオーブンで石焼き芋です。 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

06 ヨット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/3024456

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市中央区天神の「多奈加」 博多の春はシロウオから、ヨット仲間の新年会で:

« マドリッドのユースホステルと番長 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(19) | トップページ | ダッチオーブンで石焼き芋です。 »