« テレビが壊れました。 | トップページ | 私のDIY・日曜大工の原点である机です。 »

2005.02.11

吉野屋の牛丼風の作り方

スポンサードリンク


 今日11時から、吉野屋の牛丼が本日限定で1年ぶりに復活しました。私は、熱烈なファンではありませんが、時々牛丼は食べていました。味もまあまあですが、値段の安さは庶民の味方です。

 昨年の2月11日、吉野屋の牛丼の提供が取り止めになったとき、その味を惜しんだ人達が、インターネットでも吉野屋の牛丼を家庭で再現できる方法を発表していたようです。

 そのような風潮から、約1年前の週刊朝日でも吉野屋牛丼疑似レシピなる記事が掲載されました。いつか作ってみても面白いかなと思い、ザウルスにメモしておいたものが次のレシピです。

 週刊朝日の吉野屋牛丼疑似レシピ

*分量は一人分、一回に作るのは二人分まで

○材料
輸入牛肉バラ肉こま切れ 60グラム
タマネギ中玉 1/6玉
(つゆの素)
水 カップ2
濃い口醤油 大さじ 1/2
砂糖 小さじ 1/3
ほんだし(味の素)顆粒 小さじ大盛り1
昆布茶 顆粒 小さじ 1/2
牛脂 1cm角
ショウガの搾り汁 3滴
(隠し味)
無塩バター 3mm角
酢 2、3滴

○手順
1 牛肉を広げてラップで包み、棒などでたたいて薄く伸ばす。
2 1/6玉の玉ネギを3等分にスライス、手でほぐす。
3 鍋につゆの素を入れて、かきまぜる。火にかけ、沸騰したら弱火にして、アクを取りながら4分煮る。
4 玉ネギを入れ、弱火で4分煮た後、牛脂を取り出す。
5 牛肉を入れ、箸でほぐす。弱火でアクをよく取りながら2分間、弱火でさらに1分煮る。ご飯を盛る。
6 火を止め、バターを入れて軽く混ぜる。
7 穴あきお玉で具をすくってボウルに移す。酢をたらし、混ぜてご飯にのせる。お好みで煮汁をかける。

 以上が、吉野屋の牛丼疑似レシピです。先ほど言いましたように、私は作っていませんのでどんな味になるのかはわかりません。

 なお、こんなことは、面倒だと言う方でも、ご家庭で吉野屋の牛丼を美味しく食べることができますよ。

吉野屋の牛丼セットのリスト 
門外不出の吉野屋の秘伝のタレの味をご家庭でお楽しみください

スポンサードリンク

 

|

« テレビが壊れました。 | トップページ | 私のDIY・日曜大工の原点である机です。 »

11 料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2887787

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野屋の牛丼風の作り方:

» スペシャル牛丼 [★★ NEVER LAND ★★]
全国約1000店の「吉野家」で11日、牛丼の販売が復活し 米国産牛肉の輸入禁止で販売を休止してからちょうど1年 在庫肉を使った1日限りのサービスで、約150万杯... [続きを読む]

受信: 2005.02.13 08:29

« テレビが壊れました。 | トップページ | 私のDIY・日曜大工の原点である机です。 »