« 私のDIY・日曜大工の原点である机です。 | トップページ | 中国の田舎、五丈原で谷村新司のTV番組 »

2005.02.13

宗像市の五丈原の坦々麺です。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


gojougen0001_syukusyou

 2007年12月に、このお店は、教育大前付近に移転しています。
また、居酒屋となり、お通し代が了解なしに取られますのでご注意ください。

 

 昨年の10月27日の記事で、陳建一氏の坦々麺の紹介をしました。その中で、宗像では「五丈原」の坦々麺が美味しいと短い文を書きました。するとこの「五丈原」というキーワードで検索して私のサイトを訪れていただいている方が、多いということがアクセス件数の解析からも分かってきました。

 折角アクセスしていただいて、「宗像では、五丈源の坦々麺が美味しい」の文だけでは、申し訳ないと思いつつ、なかなか行く機会がなかったのですが、今週の土曜日に、赤間のサンリブにお買い物のついでに行ってきました。

 「中国菜館 五丈原」は、JR鹿児島本線の赤間駅の南口近くにあります。マンションの1階にあり、隣が英会話のジオスです。評判がいいのか、結構いつ行ってもお客さんが多くて、席が空いていないこともあります。

gojougen0003_syukusyou 五丈源の名物は、まずジャージャー麺

 ここの名物は、ジャージャー麺です。宗像ではなじみが薄いのですが、ジャージャー麺とは、中国北部で生まれた麺に油で炒めた具入りの味噌をかけた料理のことだそうです。汁無しの麺に、挽肉の入ったアン状のものがかけてあります。私も、五丈源でこのジャージャー麺を食べましたが、なにしろなじみが薄いので、感動は少なくこんなものかといった感じでした。美味しいジャージャー麺も、まずいジャージャー麺も経験がないので比較できませんでした。
博多の豚骨ラーメンを初めて食べた人が、美味しいかどうか判断できないものと同じかもしれません。

坦々麺も看板メニューです。

 今回は、坦々麺を食べに来たのですが、ちょうど土曜日のランチが飲茶で、豚まんやエビ餃子と一緒に麺が選べるスタイルで坦々麺もあったので、注文することにしました。坦々麺は、通常のフルサイズではなく、小ぶりのサイズでした。デザートは、タピオカのココナッツミルクにしました。

gojougen0008_syukusyou ここの坦々麺は、陳建一氏の店に比べると少し野性味があります。辛みも脂の量も強めです。しかし、スープも十分旨味があり、美味しくいただけます。私は、ジャージャー麺よりもこちらの方を好みます。

 飲茶のエビ餃子や豚まん等は、平均的な味でした。飲茶よりも、フルサイズの坦々麺を注文した方が良かったかなと思いました。

 この店の惜しむべき点は、接客でしょう。繁盛していてお客さんも多いので、無理からぬ事でしょうが、アルバイトの店員が全く教育されていません。今回の接客の方は、年輩の方でまあまあでしたが、過去訪れたときには、接客の基本が全くない店員がいました。この辺が、課題と言えば課題でしょう。ちなみに、良いことは、「週刊釣りニュース」を置いていることです。

 麺類しか食べていませんが、コース料理を含めて、かなりのレパートリーのある店ですので、いわゆる食べ込めば、それなりの期待に応えてくれる店だと思います。

全国の坦々麺 人気順リスト 
2大モンスター担々麺 豪華福袋 たっぷり5人前。」 「ピリ辛!担々麺セット♪4人前」 他

坦々麺の起源、中国四川料理がよく分かる本、売れている順リスト 
「四川料理「天悠」の自家製調味料」。  「新・四川料理 保存版」 他

○中国菜館 五丈原

坦々麺      ★★★★
ジャージャー麺  ★★★

所   在  福岡県宗像市大字栄町12-6
        JR赤間駅南口ロータリーの最初に左に曲がる道をはいって すぐ。
電   話  0940-32-2204
営業時間  11:00~14:00 17:00~22:00 日曜は21:30まで
定休日   第2、第4水曜日
駐車場   店の前に2台、50m位離れたところに3台

スポンサードリンク

|

« 私のDIY・日曜大工の原点である机です。 | トップページ | 中国の田舎、五丈原で谷村新司のTV番組 »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

林檎さん、今晩は。Junです。
五丈原の坦々麺、林檎さんが食べられたのは、黒胡麻坦々面だと思います。以前は、普通の赤い坦々麺だけだったのですが、最近、この黒い坦々面が登場しました。
五丈原は、味はいいのですが、接客がいまいちの時があります。坦々麺と注文を受けたら、二種類あるがどちらにしますか?くらい聞いても良さそうなものです。アルバイトの店員が多く、教育もされていずしょっちゅう入れ替わっています。
味が良い店だけに本当に惜しまれる点です。

投稿: Jun | 2007.02.13 22:48

Junさん、こんばんは。今日、ポルケッタにふられて(予約で満員)、初めて五丈原に行ってきました。坦々麺 、スープはJunさんの時みたいに赤くは有りませんでした。でてきた時はびっくり、真っ黒(黒胡麻のスープ)麺がモチモチでスープも見た目と違いあっさりして美味しかったです。それから、汁ビーフン、見た目はちゃんぽんでしたが、麺がきしめんみたいなビーフンでモチモチ、喉ごしもよく海鮮類がいっぱい入って美味しかった。スープは昔の松露を思い出しました。お値段も安く気にいりました、他のメニューも期待が持てました。又リピートしたいお店ですね。

投稿: 林檎 | 2007.02.11 22:54

なつさん、お早うございます。Junです。
なつさんのブログをブックマークさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2006.11.27 06:11

あれっ、さっき書き込みしたはずが何も書いていない…
どうやら送信ボタンを押し忘れたみたいなんで、もう一度書きます^o^;

わざわざ調べていただいてありがとうございます!
お寿司屋は今度調べてみることにします。
宗像は本当住みやすくて、またちょくちょく行くのでこのブログを参考にさせてもらいますね。

ブックマークは登録させてもらいました!
良かったら自分のブログもここのブックマークに登録してもらえると嬉しいです。

投稿: なつ | 2006.11.27 02:04

なつさん、お早うございます。Junです。
私のブログをブックマークしていただくことについては、何の問題もありませんので、よろしくお願いいたします。
さて、教育大前から赤間方面に向かって右側のすし屋さんとは、多分「すし若」さんだと思います。
「すし若」さんだとすれば、現在も営業してあります。ただ、「すし若」さんに確認したところ、ランチはしていなかったとのことですので、なつさんの行かれていたすし屋さんと異なる可能性もあります。
「すし若」さんの情報は、Googleの初期画面から「マップ」を選択し、「宗像市」で「地図を検索」し、「お店やサービスを検索」で「寿司」を検索すると「すし若」の所在地と電話番号が表示されますので参考にしてください。

投稿: Jun | 2006.11.26 10:00

まだまだのブログですが、こういうブログを目指してがんばりたいと思います!
それで、良かったらこのブログをブックマークに登録したいのですが、よろしいでしょうか?

それと以前宗像に住んでいたとき、教育大から赤間方面に進んで右側にあるお寿司屋のランチが安くて美味しかったのを覚えています。
まだあるのでしょうか?

投稿: なつ | 2006.11.25 22:43

なつさん、今晩は。Junです。
「なつのさら」、早速拝見いたしました。精力的に色んなお店に行かれて詳細なレポートで寒心いたしました。
 お隣の宮若市などは、宗像から本当に近いのですが、なかなか情報も少なく行く機会がありません。なつさんが記事に書いてある「西遊記」くらいは行きましたが。
 私の方こそ、なつさんのブログを参考に筑豊地区にも出かけてみたいと思っていますので、よろしくお願いします。

投稿: Jun | 2006.11.24 23:33

ブログ巡りをしていて、このブログにたどり着きました!
現在飯塚市に住んでいて、「なつのさら」という筑豊の美味しいお店を紹介しているブログをしています。
自分は以前宗像に2年住んでいたため、このブログのグルメ情報はすごく面白いです!
自分も今では2ヶ月に1度くらいは遊びに行って、いつも「カレーの路」「五丈原」「英ちゃんうどん」「海彦」に行ってます。
他にも宗像で美味しいお店があればなぁと思っていたので、今後もこのブログ参考にさせてもらいますね!

投稿: なつ | 2006.11.23 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/2913543

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市の五丈原の坦々麺です。:

» 本日のランチ(五丈原) [Find Your "Alter-Ego"]
なつさんのブログやjunさんのブログで紹介されていた赤間駅前の「五丈原」に行ってきました。本来水曜日が定休日なのですが年末ということで特別に営業していたのでラッキーでした。... [続きを読む]

受信: 2006.12.27 19:06

« 私のDIY・日曜大工の原点である机です。 | トップページ | 中国の田舎、五丈原で谷村新司のTV番組 »