« 結婚式で、なんでこうなるの? | トップページ | マドリッド ユースとフラメンコ見物の騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(21) »

2005.03.14

私、落語家・古今亭寿輔師匠のファンです。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


テレビで有名な落語家よりも寄席を大事にする落語家が好き

 今日のニュースで、しきりに落語家の林家こぶ平さんが、9代目林家正蔵の大看板を襲名することになり、「九代林家正蔵襲名記念 林家こぶ平下町感謝の日」が昨日、行われ10万人以上の人出であったとニュースで報じていました。

 落語家と言えば、こぶ平や小朝、あるいは「笑点」メンバーの歌丸、円楽、喜久蔵師匠などテレビに出ている噺家が有名ですが、寄席に通うとこれらの有名な師匠方よりも、数倍面白い、個性的な人がたくさんいます。

古今亭寿輔師匠は超個性的

jusuke それらの中で、私が特に好きな落語家が、古今亭寿輔師匠です。写真の師匠は、普通の落語家の着物ですが、ど派手な衣装、ピンクや黄緑色の着物で高座に上がります。

 そして、暗い芸風で客いじりをはじめます。こう書くと何だか面白くなさそうですが、これが抱腹絶倒の面白さです。

 例えば

 「こうしてアタシたちが食べていけるのも、皆様のおかげ。とはいえ、この程度の入りじゃあ、うどんぐらいしか食えない。お客様の顔がうどんに見えます。あ、うどんが2本入って来た」

「何がおかしいんですか。私だって噺家の端くれですよ。何にもしゃべっていないのになぜ笑うんですか?」

「前の奥さん。私のことを心の底から馬鹿にしております」

「私は、落語界のサリンです」

 200311_jusuke マンガのダメ親父のような風貌、ど派手の衣装、体を斜めに傾けて、ねちねちと暗く語ってくれます。この面白さは、師匠の高座を、直接寄席で聞かなければ体験できません。こういう笑いは、テレビには向きませんし、寄席の客を見ながらのやりとりで面白くなるのです。

新宿末廣亭でトン、トン、トン

 さすがに、寿輔師匠はすごいと思わせたのが、数年前の新宿末廣亭での出来事です。いつものように、末廣亭で落語を楽しんでいました。すると、天井というか屋根というか、上の方から「トン、トン、トン」と金槌で叩くような音が聞こえ出しました。私もビックリ。他の客もビックリ。そして何より迷惑だったのは、高座で演じている落語家です。

 急に聞こえたものだから、露骨にいやな顔をしましたが、気を取り直し噺を続けました。この音は、すぐに聞こえなくなりました。そして、次の演者の噺がはじまりました。すると、また急に「トン、トン、トン」です。この落語家も、いやな顔をしましたが、無視して噺を終えました。

 寄席の途中で、こんな音をさせて、小屋の関係者は何をしているのだろうと思いました。そして、寿輔師匠が高座に上がりました。枕の客いじりを、例のごとくはじめたら、また、「トン、トン、トン」。すると、寿輔師匠も「トン、トン、トン」と口で金槌の音を即座に真似ました。

 そして、「お客さんも幸せですね~。私も、長いこと高座に上がっていますが、寄席の天井からトン、トン、トンと音を聞くのはじめてですよ。落語は止して、この音を聞いてみましょうよ。死ぬまでにこんな音が聞けることは、まずこれっきりでしょうから。」と見事に事態に即応して、客を爆笑させてくれました。このあと、さすがに音はしなくなりましたが、何とセンスのいい話芸なことでしょう。私はこの一件でますます、寿輔師匠のファンになってしまいました。なかなか寿輔師匠の高座を聴くことができないのは残念なことです。

 テレビに出ない芸人でも、いやテレビに出ないからこそこのような芸風が確立されたのでしょう。それにしても、テレビでは、今、お笑い芸人がブームですが、底の浅い芸とは言えないものが氾濫しています。洗練された話芸や上質なお笑いは、今では寄席でしか楽しめないのではと思うこの頃です。

By Jun

|

« 結婚式で、なんでこうなるの? | トップページ | マドリッド ユースとフラメンコ見物の騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(21) »

15 寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

>運が良かったですね。

確かにそうですね♪

>ネットには情報があまり無いのですが、
>それも寿輔師匠の良さでしょう。

少ない情報で、余計気になるので、
良さといえると思います(^^*)

ネットで手に入れられる情報なんて、
実はほんの一部なのかな。
何でもある気がしていました。

お返事ありがとうございます☆

投稿: Ricco | 2013.11.07 10:56

Riccoさん、お早うございます。Junです。

コメントいただきありがとうございます。

寿輔師匠は、寄席に行かないと会うことができませんが、何時行っても噺が聞けるかというとそうでもありません。

運が良かったですね。

テレビのお笑いタレントなどと異なり、長年の寄席で鍛えられている芸であり、また、普通の噺家にはない強烈な個性ですね。

ネットには情報があまり無いのですが、それも寿輔師匠の良さでしょう。

投稿: Jun | 2013.10.31 07:30

初めまして、通りすがりです。
昨日、初めて浅草で寄席に行き、
初めて寿輔師匠を拝見しファンになり、ネットで検索していてこちらに辿りつきました。
ファン層も、ネットに親しむ世代より若干上なのか、なかなか情報もないですね。
また足を運んでみようと思います♪

投稿: Ricco | 2013.10.30 11:30

とおりすがりさん、今晩は。Junです。
寿輔師匠の良さと言うのは、寄席で実際に見なければ分からないでしょうね。
私は、福岡県に在住ですから、滅多に寿輔師匠の噺が聴けません。
とおりすがりさんは、寄席に行きやすい環境のようで羨ましく感じます。
今後もよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2007.12.02 19:09

初めまして。
寿輔師匠、先日初めて見たときは毒気にやられたという感じでしたが、面白いですね。昨夜は本格的な話しをしました。今晩11/30も末廣亭にご出演のはず。また楽しみにしています。

投稿: とおりすがり | 2007.11.30 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/3300005

この記事へのトラックバック一覧です: 私、落語家・古今亭寿輔師匠のファンです。:

« 結婚式で、なんでこうなるの? | トップページ | マドリッド ユースとフラメンコ見物の騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(21) »