« ブログ運営の強力なツール、アクセス解析 | トップページ | ブログ運営に欠かせないアクセス解析、その2 »

2005.03.31

福津市のキッチン彩 今が見頃のあんずの里

スポンサードリンク


あんずの花と香りが満ちている「あんずの里」は、今が見頃です。

anzunosato0002_syukusyou 昨日は、思いがけないウィークデイの休みが取れましたので、お昼を食べに出かけました。国道495号を津屋崎方面に向けてドライブしていましたら、いきなり桜が咲いているのかなと錯覚するほどに、白い花が咲き乱れた場所がありました。「あんずの里」です。

anzunosato0010_syukusyou 紹介のホームページによると、4000本の杏の木があるそうです。なんでここにあんずの里があるかと言うと、鎌倉時代末期の元寇の役のとき、近くの津屋崎の浜にアンズの種が流れ着き、芽吹いたという言い伝えがあり、このことから命名された公園であるというそうですが、あんまり関係がないような話に思えます。

anzunosato0012_syukusyou あんず園の上の方にある、あんずの里運動公園には、奇妙な形をしたフィールドアスレチックなどの遊具があります。子供連れのファミリーも多いようです。丘を少し上がると玄界灘を一望できる展望台があります。ここには、車で上がることもでき、駐車場もあります。この展望台からは、玄界灘や津屋崎ののどかな田園風景を満喫できます。

 写真でご覧のように、今があんずの花を楽しむには絶好のようです。どこかのおばさんが、花に鼻を寄せて、匂いをかいでいましたが、甘い香りを楽しむのもよいでしょう。なお、公園入口にある「ふれあいの館」には地元の花や野菜などの直売所があり、新鮮な野菜などが買えるので、ここをのぞいてみてもよいでしょう。

    続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

あんずの里にあるレストラン「キッチン彩」

kitchenaya0001_syukusyou あんずの里の一角にあるのが、「キッチン彩」です。ここのお店は、数年前は、あんずの里近くの田圃の中にポツンとあったレストランでした。最近、あんずの里に移転したものです。その当時のお店の方が、雰囲気があって良かったのですが、なにせ超目立たない場所であったことから、移転されたものと思います。もちろん、あんずの里の方が、車も多く通りますし、近くには「ふれあいの館」もあることから人も多く集まってきますので、商売にはこちらの方がいいのでしょう。

kitchenaya0012_syukusyou 店の入り口近くには、メニューが掲示してあります。このメニュー見て、注文するものを決めて、店内に入りました。店内は、入ってすぐ右側にフローリングの部屋があり、ここにはテーブルが2つほどありますが、フローリングに直に座ります。家族連れには好都合なコーナーです。

 メインフロアーには、テーブルがいくつかあります。窓際のテーブルでは、玄界灘が遠くに見えますし、津屋崎の勝浦地区の田園風景も楽しめます。あんずの花が最盛期でしたが、以外にすんなりとテーブルに座れました。

kitchenaya0007_syukusyou 日替わりランチは、当日は白身魚のムニエルランチ、トマト味のパスタランチいずれも1000円くらいでした。ちょっと高めのデラックスなステーキランチは、1600円くらいでした。私達は、白身魚のムニエルがメインのランチを注文しました。

 注文してすぐに、私はカメラを手にして、あんずの花の撮影に行きました。撮影に夢中になっていると、携帯電話が鳴って、スープとサラダが出てきたので、テーブルに帰ってくるようにとの連絡でした。

kitchenaya0016_syukusyou まず、ポタージュ風のカップスープをいただきましたが、塩味が少し強いものでした。サラダも可もなく不可もない出来でした。次に、メインの白身魚のムニエルと温野菜にトマト味のソースがけ、それとグラタン風の小皿が載ったメインプレートとライスが来ました。それぞれは、やはり可もなく不可もなしと言った感じでした。1000円の定食と思えば、妥当な味かもしれませんが、田圃の中にあった頃はもっと、コストパフォーマンスがあり、美味しいランチであったことから少し残念に思いました。また、以前は手作りパンも楽しめたのが、今回はライスしか選べなかったことも残念さに輪をかけてしまいました。

 最後にコーヒーとデザートが来ました。デザートは、パンプディング風のケーキみたいなものでしたが、これは結構いけました。まあ、1000円のランチで、カップスープ、サラダ、白身のムニエル、温野菜トマトソースがけ、グラタン小皿、ライス、デザート、コーヒーですからお得と言えばお得です。あんずの里を訪れたときは、立ち寄ってみるのも良いでしょう。

魚のムニエル料理をどうぞ 
鯖のカレームニエル、舌ヒラメのムニエル、サーモンのムニエル和風ソース等

○キッチン彩

所在地  福岡県宗像郡津屋崎町大字勝浦1706-1 あんずの里
電  話 0940-52-3805
駐車場  有り
 

|

« ブログ運営の強力なツール、アクセス解析 | トップページ | ブログ運営に欠かせないアクセス解析、その2 »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

ゆっこさん、はじめまして。
 コメントありがとうございました。ゆっこさんのブログ、「福岡市内進出計画着工」http://yuccosan.exblog.jp/を拝見いたしました。
 パンがお好きなようですね。私もパンには目がなく、そのうち手作りパンにも挑戦してみようと思っています。
 そのためには、コールマン社の屋外用オーブンの購入も考えています。
 ゆっこさんのブログもブックマークしましたので、今後ちょくちょくのぞかせてもらいますので、よろしくお願いします。

 By Jun

投稿: Jun | 2005.04.17 22:47

はじめまして!英ちゃんうどんで検索をしたら、Junさんのブログが出てきて、近くの方だったので思わずコメントさせて頂きます。
しっかしほぼ地元なのに全く知らない店が多いですね・・。今後参考にさせて頂きます!

投稿: ゆっこさん | 2005.04.17 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/3510433

この記事へのトラックバック一覧です: 福津市のキッチン彩 今が見頃のあんずの里:

« ブログ運営の強力なツール、アクセス解析 | トップページ | ブログ運営に欠かせないアクセス解析、その2 »