« 直方の巨大ショッピングセンターで昼食 | トップページ | これで山登り? »

2005.04.23

検索エンジンとアクセス件数アップの話

スポンサードリンク


検索エンジンからアクセスしてくる人達

 検索エンジンとは、「Google」や「Yahoo」と言ったもので、何か情報を得たいときに、キーワードを入力して検索ボタンをクリックすると、ズラズラと関係ありそうなサイトが表示されます。

 以前、私の記事で、アクセス解析の「リンク元ランキング」のお話をしました。これは、私のブログにアクセスしてくれている方々が、どのような経路で来ているかの分析です。

 このリンク元ランキングによると、私の日々のアクセス件数の10%から20%は、「ブックマーク」から来ています。つまり、インターネットエクスプローラー等のブラウザの「お気に入り」に私のブログ、「Jun's my Taste」を登録していて、そのリンクをクリックしてくれて見に来てくれている方々が全体の10%~20%ということです。

 逆に言えば、常連さんは1割から2割で、残りの8割から9割は、何らかの情報を求めるため、検索エンジンにキーワードを入力してやってくる一見さんということです。

アクセス件数を増やすには一見さんが大事

 私のブログは、アクセスアップを目的とはしていませんが、仮にアクセス件数のアップを図ろうとすれば、常連さんを増やすか、一見さんを多くするかの2つの方法があります。

 常連さんを増やすには、ブログの内容を面白くしたり、充実させる事が大事です。この方法が、ベストなのですが数的には限界があります。

 手っ取り早いのは、一見さんを増やす方法です。これをどうやるかを説明することは、現在のインターネット事情が見えて面白い話になります。

検索エンジンの上位に掲載するにはSEO

結論を言いましょう。一見さんを引き寄せる最強の方法は、検索エンジンの検索結果で表示されたサイトのタイトル群の一番上に自分のサイトがくるようにすることです。

 検索エンジンであるキーワードで検索した表示には、多い場合には数十万件や数万件の検索結果が出てきます。この表示結果の、少なくとも1ページから2ページに、自分のサイトが表示されないとクリックしてくれません。
 
 アメリカの調査結果では、検索エンジンの利用者の70%は、2ページまでで、件数にすれば上から20件ほどしか見ていないそうです。

 そこで、いかにして検索エンジンの2ページ以内に自分のサイトを表示させるかの技術があり、それを「SEO」と言います。「Search Engine Optimization」の略ですが、「検索エンジン最適化」と和訳されています。このSEOの話は、一冊の本になるくらいのことです。興味のある方は、書店でいくらでもこれに関する本がありますが、「検索にガンガンヒットするホームページの作り方」という本が分かりやすいと思います。

   続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

検索エンジンの上位掲載の条件

 それでは、見方を変えて、検索エンジンはどのようにしてサイトの表示順番を付けているのでしょうか。一番人気があるGoogleを例に取りましょう。なお、Googleが人気一番の理由は、検索キーワードで情報を求める人に対して、最適なサイトを1ページから2ページに掲載してくれるからです。

 Googleで、上位にくるサイトとは、非常におおざっぱに言うと次のように言われています。
 出典:「ウェブログ超入門」 松永英明氏著

「・多くのサイトからリンクされているサイトは良いサイト
・良いサイトからリンクされているサイトは良いサイト
・頻繁に更新されているサイトは、上位に表示
・リンクが整理されていて、わかりやすいサイトはデータベースに登録されやすい
・ただし、上位にされたいがための裏技を使いすぎているとランクを下げる

 要約すると、「リンクされている数」、「リンク元のサイトの質」、「更新頻度」、「見やすさ」、「ズルをしない」ということです。」

 このことは、ブログのサイトによく当てはまり、Googleでも、結構ブログは上位に食い込んでいます。

 また、非常にポピュラーなキーワードでは、なかなか上位に食い込めませんが、人があまり書かないようなキーワードの記事を書けば、上位に掲載されます。

私のブログの例

 私のブログの記事で一例をお目にかけます。ただし、この例は、この記事を書いた2005年4月23日は有効ですが、時間が経つに従って当てはまらないことがありますので、ご留意下さい。

 例えば、Googleの検索で、「英国」で検索すると、7,990,000件もヒットします。上位には、個人のサイトと言うより国の機関や団体、公的なサイトが占めています。当然、私のブログなどは影も形もありません。

 しかし、「英国」と「一人旅行記」の間にスペースを入れた「英国 一人旅行記」で検索すると、12,000件ヒットし、何と私のブログの 「’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(20)」の記事が、12、000件の記事の中で最上位を占めています。

 同じように 「宗像」では、370,000件で180番目くらい、「宗像 グルメ」では、110,000件中の4番目に私のブログが掲載されています。

 結構すごいことになっていると思いませんか?何万件の内でベスト10に入っているのですから。

 これも、毎日更新していることや分かりやすくしていることもあるのでしょうが、実は別にあるテクニックを使っています。

 記事が長くなりましたので、このテクニックについては、次回にしましょう。

By Jun

|

« 直方の巨大ショッピングセンターで昼食 | トップページ | これで山登り? »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/3818779

この記事へのトラックバック一覧です: 検索エンジンとアクセス件数アップの話:

« 直方の巨大ショッピングセンターで昼食 | トップページ | これで山登り? »