« 満員電車で必ず座れる7つの裏ワザ | トップページ | 懐かしの湖月のカレー復活! »

2005.04.30

福津市の「金の小槌」 宗像でケーキと言えばこの店

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


kinnokoduti0001_syukusyou 以前は、週に3回はケーキを食べていましたので福岡市内のケーキ屋さんで有名どころはかなり食べてきました。

 今は、ダイエットも考えて、ほとんど食べないようになりましたケーキです。。それでも、宗像のケーキ屋さんなら近いせいもあって、時々楽しんでいます。

kinnokoduti0003_syukusyou 宗像でケーキ屋と言えば、「金の小槌」でしょう。18年前に、東福間の決して最適地とは言えない場所に開店して以来、ケーキの美味しさのせいか店舗面積も2倍以上になりました。

 私が、最初の頃にケーキを買いに行って驚いたのは、購入したケーキの箱を受け取るときに、店員の方がレジカウンターから出てきて、客にケーキの箱を渡すことでした。

kinnokoduti0004_syukusyou 他のお店では、そのようなことはしていなかったので新鮮に映りました。

 18年前の宗像では、その当時専門のケーキ屋さんはほとんどありませんでした。福岡市内からケーキを買ってくるか、チェーン店のようなお店から買ってくるかでした。

kinnokoduti0005_syukusyou このケーキ屋さんには、喫茶コーナーが隣接していますので、店内でケーキとコーヒーなども楽しむことができます。

 また、ここのケーキ職人さん、いわゆるパティシエほとんど女性だそうで、これも大きな特徴だと思います。

kinnokoduti0013_syukusyou 「金の小槌」で私の大好物は、写真の「シブストー」です。
最近は、残念ながら味のバラツキがありますが、特徴のある味です。最近、「アップルパイはないですか」と聞いたら、「アップルパイはありませんがシブストーではどうですか」と言うくらい普通のクリームケーキとは異なる味です。

 「シブストー」と金の小槌では言いますが、これは「シブスト」が正解のようです。「サヴァラン」と言うレーズンの入ったブリオッシュ生地にラム酒を浸したお菓子がありますが、このお菓子を最初に売り出したのがパリの「シブスト」と言う屋号の店です。

 このお店、「シブスト」でカスタード・クリームにメレンゲを混ぜ込んだクリームが「シブスト・クリーム」として、1846年に考え出されて、現在でもタルトなどに使用されています。

 金の小槌の「シブストー」は、このシブスト・クリームとリンゴ?のコンポートみたいなものが絶妙のハーモニーで大変美味しいものです。

フランスのケーキ、シブースト 
横浜馬車道本店ガトー・ド・ボワイヤージュのとろけるシブースト、
ブールミッシュのシブースト

ケーキを美味しく作りたい時の本です。 
「スウィートケーキBOOK」。 「もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ オーガニックなレシピノート」。他

洋菓子 週間ランキング 楽天トップ30

○金の小槌

所   在  福岡県福津市東福間1-3-2 旧3号線沿い
電   話  0940-43-3511
営業時間  8:30~20:30
休み     正月1.2.3日

スポンサードリンク

|

« 満員電車で必ず座れる7つの裏ワザ | トップページ | 懐かしの湖月のカレー復活! »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
ここの店長さんは以前「●水庵」の洋菓子部門におられたので
昔は両店舗に同じようなデザインのものが売っておりました。
場所も確かに???ですが
ちゃんと通行状況等の調査などをされ
あの場所にされたそうですよ

でも美味しいですよね!最近は
高値の華になってますが・・・

投稿: びゅ~ | 2005.05.06 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/3923632

この記事へのトラックバック一覧です: 福津市の「金の小槌」 宗像でケーキと言えばこの店:

« 満員電車で必ず座れる7つの裏ワザ | トップページ | 懐かしの湖月のカレー復活! »