« ヨットで博多湾クルージング | トップページ | ロンドン 大英博物館 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(23) »

2005.05.07

宗像市のChezささ原 未だ誰も知らないレストラン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


sasahara0023_syukusyousasahara0025_syukusyou このレストランは、未だ良く知られていないと思います。私も、このレストランが宗像にあることを見つけたのは、宗像ユリックスの宗像文化サークルの西洋料理講座の講師として「Chezささ原」の笹原徹氏が掲載されていたからでした。
 「ささ原」のキーワードでインターネットの検索をしても、ほとんどヒットしませんでした。かろうじてヒットしたのが「むなかたあらかると」の小さな記事だけでした。

sasahara0007_syukusyousasahara0019_syukusyou 場所は、以前記事にしました赤間駅南口の「五丈原」のすぐ近くのマンションの1階でした。桜医院というのが近くにあり、このマンションもさくらマンションの中にあります。
 ランチが1200円程度と非常にリーズナブルな値段と言うこともあり、さっそく出かけてみました。
 店に到着すると、店の前の駐車場は、すでに車で満杯。レストランすぐ横の100円パークに車を入れました。

sasahara0011_syukusyousasahara0008_syukusyou 入り口にあるコースの値段が貼り付けてあるボードを見ても、特製ディナーでも5500円とフランス料理としては控えめな値段です。ま、宗像ではあまり高くすると近くの「五丈原」に行ったりしますので、そこはよく考えてあるのでしょう。

 1280円のランチを注文しました。本日のメイン料理は「豚肉の???」でした。教えていただいたのですが、忘れてしまいました。豚肉のカツレツみたいなものです。

sasahara0016_syukusyou まず、オードブルです。なにやらサラダの上に肉の薄切りが載っており、そのまた上にキライな玉ネギのスライスです。この玉ネギの処理は、カミさんにお願いしました。
 玉ネギ以外は、なかなか、サッパリとして軽い感じの美味しいオードブルでした。

 次に出てきたのが、これまた玉ネギのキッシュ。しかし、これは非常に上手に練り混んでありますので、美味しく食べました。カミさんからは、なんで玉ネギのスライスが食べられなくて、この玉ネギのキッシュが食べられるのかの査問がありましたが、笑ってごまかしました。要するに、格好を主張したギャルは嫌いで、控えめでどこか陰の薄い未亡人タイプが好みだと言うことなのですが、これを言うと物議を醸しますので、余計なことは言いませんでした。

 メインの一皿は、豚肉のカツレツみたいなものです。これもまた、熱々の豚肉とデミグラス状のソースが良くマッチして、コクもありなかなかのものです。家庭ではとても出せない味と言えましょう。レモンを一搾りかけると、味が引き立ちます。

 最後に、コーヒーとイチゴ、リンゴそしてケーキのデザートが出てきました。ケーキは、自家製でしょうが少し軽めのケーキです。もう少しボリュームが欲しい気もしもしますが、これはこれで不足はありませんでした。

 1280円のランチとしては、非常にリーズナブルで美味しいものでした。あまりインターネットなどに載っていないのに、昼のテーブルは満席だったのもうなずけます。ここでしたら、リピーターになっても良いかもと思いました。

フランス・ロレーヌ地方の家庭料理 キッシュ 
神戸・近藤亭「きっしゅや」の手作りキッシュ。 フランス食堂oeufウフ特製のキッシュ4種。他

○ Chezささ原

所在地 福岡県宗像市赤間 赤間駅南口を出てロータリー左側2本目の道入ってすぐのマンション1F
電 話  0940-33-4230
定休日 木曜

 スポンサードリンク

|

« ヨットで博多湾クルージング | トップページ | ロンドン 大英博物館 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(23) »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

shujiさん、今晩は。Junです。
イスタンブール滞在記は、ブログのアクセス分析を見ても、なかなか人気のある記事ではありません。
しかし、旅の記録を目的に書いておりますので、人気の無さは気にしておりません。
イスタンブールの記事に興味を持っていただいてありがとうございます。
玄海の道の駅でも、行った時にはいつもドレッシングを購入しています。
絶対に、ピエトロのドレッシングやその他の市販のドレッシングには負けていません。いや、それ以上に私のお気に入りです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2008.11.25 22:51

こんばんわ、shujiです。
Jun様、ありがとうございます。

blog拝見させて頂いています
記事の中でも特にイスタンブール滞在記に強い興味を持ちました、自分も一度は行ってみたいものです。
今後とも頑張って下さい。

投稿: shuji | 2008.11.25 16:23

shujiさん、今晩は。Junです。
ホームページ開設おめでとうございます。このホームページをご覧になって、もっと多くのお客さんが見えられると良いですね。
相互リンクは別にかまいません。私の方でもリンクを張っておきます。

投稿: Jun | 2008.11.19 18:57

大変遅れましたが、画像を使わせて頂きありがとうございいました、shujiです。
おかげさまでささ原のHPをオープンさせることができました。

もし宜しければ、相互リンクを貼りたいと思うのですが良いでしょうか?

今更な返答で大変失礼とは思いますが、どうかよろしくお願いします。

投稿: shuji | 2008.11.18 17:04

shujiさん、今晩は。Junです。
こんな画像でよろしければ、使用されてもかまいません。
良質な料理を手軽な値段で提供されている「ささ原」さを、もっと市民の皆さんに利用していただけるのなら、このブログの趣旨にも合いますので。

投稿: Jun | 2008.08.24 21:18

はじめまして、現在ささ原のHPを管理しておりますShujiと申します。
Jun様にお願いがあるのですが、この記事にある画像を是非使わせて頂けないでしょうか?

既に一部使用していますが、使用できない場合は変更します。
ご返答お願いします。

投稿: shuji | 2008.08.23 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/4028724

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市のChezささ原 未だ誰も知らないレストラン:

« ヨットで博多湾クルージング | トップページ | ロンドン 大英博物館 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(23) »