« ロンドン 大英博物館 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(23) | トップページ | ココログのブログに新しい記事を投稿する方法 »

2005.05.10

福岡市東区の「名島亭」 ラーメンの名店

スポンサードリンク


najimatei0004_syukusyou
 連休の間に、福岡市東区にあるラーメン屋さん、「名島亭」に行ってきました。福岡市の中心部からはずれて位置しており、なかなか行く機会の少ないラーメン屋さんです。

 ただ、以前から名島亭の名は、グルメ雑誌やラーメン屋特集でもたびたびお目にかかる店で、聞くところによると、テレビ番組の「どっちの料理ショー」でも取り上げられたこともあるそうで、なにやらむずむずしてくるような店でもあります。

 福岡市から行くと、国道3号線を北九州方向に向かって行き、名島橋を渡ってしばらくして左側に入り込んだところにあります。なかなか探しにくいのですが、近くに国土交通省の福岡国道事務所があります。

 人気店なのに、駐車場がなく、多いときにはずらりと店の前に路上駐車の車が並びます。

najimatei0001_syukusyou 店内に入ると、そこは典型的なラーメン屋親父がいるいい味出している雰囲気です。私は、近頃の小ぎれいなラーメンチェーン店を好みません。どこかのメインキッチンでつくったスープに、アルバイトの兄ちゃんがゆでた麺のラーメンで800円近くも取るようなラーメン屋に魅力を感じません。

 その点、この名島亭は、親父さんが丁寧にラーメンをつくってくれます。写真のラーメン横に、紙片が写っていますが、これはスポーツ新聞です。前の客のこぼしたスープのシミが付いたスポーツ新聞。これが、美味いラーメン屋のシンボルと言っては、言い過ぎでしょうか。

 スープは、トンコツ、豚の頭で取ったトンコツスープを、何でも「呼び戻し」といった技法でつくるそうです。このへんは、受け売りです。しかし、スープの味は、コクがあってもしつこくなく、本当に美味しいトンコツスープです。

 ただ、私には、麺がこのスープと合ってない気がしました。しかし、これは当日の私の体調のせいかもしれません。前に来た時は、大変美味しかったし、一時的な主観のせいだと思います。総体的には、本当に美味しいラーメンには間違いありません。

九州ラーメン総選挙2008堂々第1位の名島亭のラーメン
名島亭のスープは丸二日かけて作られます。まず、鹿児島で育てられた豚 の骨を寸胴鍋で1時間程煮ます。そして、それをなんと全部捨ててしまいます。これは豚骨特有のにおいを取るため。それから新しい水で5時間ほど煮込み次の 日まで寝かせ、今度は五右衛門釜で8時間ほど煮込みます。

○ 名島亭
所在地   福岡県福岡市東区名島2-41-7 
電話     092-662-3566
営業時間  11:00~20:30
休日     日曜日
駐車場   なし

スポンサードリンク

|

« ロンドン 大英博物館 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(23) | トップページ | ココログのブログに新しい記事を投稿する方法 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

TB,ありがとうございました。
JUNさんも私と似たような感想を思われたようですね。
今後ともよろしくお付き合い願います。

投稿: への | 2005.05.27 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/4072477

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市東区の「名島亭」 ラーメンの名店:

« ロンドン 大英博物館 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(23) | トップページ | ココログのブログに新しい記事を投稿する方法 »