« 私がモノを買うときの選び方 | トップページ | 自作・DIYのガーデン・ペイビングです。 »

2005.05.13

東京の香味屋 根岸の洋食レストランです。

スポンサードリンク


下の写真は香味屋です。

img_1135_syukusyou いきなり変な写真で申し訳ないのですが、レストラン香味屋の夜の写真です。数年前、上京した折りに、このレストランを訪れました。当時は、ブログもしていませんでしたので、店内や料理の写真を撮影しなかったのです。酒屋の隣がお店です。

 東京に行ったときは、できるだけ洋食屋さんに行くことにしていました。フレンチレストランも良いのですが、値段も結構高いし、何をオーダーするかも結構負担になります。その点、洋食屋さんは、値段もそこそこですし、メニューも単純明快です。そこで、今回は根岸の名店、レストラン香味屋です。

 実は、この香味屋は、丸の内の帝国劇場の地下にも支店があり、一度行ったことがありますが、本店は根岸で大正14年の創業の老舗です。

 店内にはいると、洋食屋と言うよりレストランそのものです。しかし、スッキリとしていて、無駄な装飾もなく落ち着いた雰囲気で、非常に好ましいものです。50歳以上の客層に合わせたかのようです。

 きちんとした男性の紳士が、テーブルに案内してくれます。メニューを渡されて、しばし沈思黙考。しかし、その値段の高さには正直びびります。びびってないふりをして頼むのはメンチカツです。ここの名物料理が、メンチカツなのです。単品で2000円もします。フランス料理よりは安いかもしれませんが。

 待つことしばし。やがて、メンチカツが運ばれてきました。白い皿に2個載せられています。ナイフで切ってみると、肉汁がほとばしり出ます。まるで、グルメ番組でクロースアップして映してくれるアレです。メンチカツの小片をフォークに刺して、デミグラスソースにからめて食べると、それはまさに筆舌に尽くしがたい絶品であります。

 これなら2000円も惜しくない。とはいえやっぱり高い。とはいえ博多にはない味。やっぱり高い。と、壮絶なる葛藤の中、満足して食事を終えました。

 帝劇店よりも、根岸本店の方が東京の洋食屋とした雰囲気からもおすすめです。

 なお、落語家の故林家三平師匠の自宅もやっぱり根岸にあり、根岸三平堂として三平師匠の資料が展示されていまます。子供のこぶ平、正蔵師匠も、よくこの香味屋には来ているそうです。

洋食の王様 メンチカツ 人気順リスト
ESSE掲載!黄金比率ハンバーグ&行列メンチ。楽天No.1!キャベツであっさり!肉汁じゅわ~♪ザクザクきゃべつのたっぷりメンチカツ。他

○レストラン香味屋 (根岸本店)

 東京都台東区根岸3-18-18
 電話 03-3873-2116
 営業時間 11:30~21:30
 定休日 無休
 交通手段 地下鉄入谷駅から徒歩5分

 
スポンサードリンク

|

« 私がモノを買うときの選び方 | トップページ | 自作・DIYのガーデン・ペイビングです。 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/4113809

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の香味屋 根岸の洋食レストランです。:

« 私がモノを買うときの選び方 | トップページ | 自作・DIYのガーデン・ペイビングです。 »