« 志免町のmishima ランチにおすすめ、志免の和仏料理 | トップページ | 大阪の美味しい店の一覧、リスト »

2005.06.30

ロンドン ケンブリッジ英会話学校の入学試験 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(25)

 1974年11月5日(月) ロンドン。

ケンブリッジ英会話学校に入学することにしました。

 先週の金曜日に、ロンドン中心部の英会話学校、ケンブリッジ英会話学校とインターナショナル英会話学校に出かけて、入学手続き等を聞きがてら、様子を見に行きました。

 月謝や学校の雰囲気から、ほぼレスタースクエアにあるケンブリッジのほうに決めました。

 この日は、珍しく地下鉄を利用して行きました。フラット(アパート)近くのハイストリートケンジントン駅(Highstreet Kensington St.)からレスタースクエア駅(Leicester Square St.)までですが、ハイストリートケンジントン駅からは直通は無く、サークルラインかディストリクトラインでサウスケンジントン駅(South Kensington St.)まで行き、そこでピカデリーラインに乗り換えてレスタースクエア駅まで行きました。料金は、15ペンスだったと記録しています。

地下鉄レスタースクエア駅の木製エスカレーター

 レスタースクエアの駅のエスカレータは、当時、相当な落差で30m以上はあったと思います。これが、階段状のステップ部分や手すりの下のサイドボードは全部木製でした。エスカレータは3本もあり、中央部はよく停止していましたが、左端と右端のエスカレータがそれぞれ上下方向に動いていました。

 1987年、ロンドンのキングスクロス駅の木製エスカレータが火災事故を起こし、多数の死傷者が出てしまいました。そのため、現在では木製のエスカレータは、廃止されたと聞いています。でも、あの木製エスカレータを私は好きでした。

            続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

ケンブリッジの入学試験?

 ケンブリッジ英会話学校の受付は1階にありました。二人の20歳台の女性が二人で勤務していました。少し太り気味の人とやせた人でしたが、このやせぎすの人は、授業の先生も兼ねており、スペイン語やフランス後も堪能で大変な才女であると後で聞きました。二人とも親切で、非常に対応が良かったので、インターナショナル英会話学校よりもこの学校を選んでしまいました。

 たどたどしい英語で、「入学したい」と話すと、テスト用紙を渡され、30分くらい解答を書きこみました。最初のほうは、比較的簡単でしたが、何しろ全部英語で書いてあるテストで面食らいました。○×式(True or False)や選択問題、長文読解、スペル問題などあり、後ろのほうに行くに連れて難しくなり、結局最後のほうはできませんでした。

 しかし、受付のカウンターで、監督も何も無く、二人の女性は何か仕事をしていて私の方を見るでもなく、テストされていると言った雰囲気では全然ありませんでした。

Intermediateクラスに決定

 適当にテスト用紙を女性の方に持って行くと、すぐに採点が始まりました。最初のページは満点で、女性がニコッと笑って私にウィンクしてくれました。次のページもまあまあ、3ページになると間違いが目立つようになりまし た。結局、「あなたは、Intermediate Class ですね。」と言われました。 クラスは、Beginner、Pre-intermediate、Intermediateと下から分類されており、中くらいでしょうか。上級クラスは、Lower Cambridgeクラスしか知りませんので、正確にはどのレベルなのかは不明です。

 Beginnerクラスは、それこそABCから勉強するところだそうで、平均的な日本人は、Pre-intermediateかIntermediateクラスになるのだそうです。しかし、日本人はペーパーテストではいいところに行くのですが、実際の授業ではてんで駄目で、これも受験英語の弊害がもろに出ていました。

 クラスのレベルは、Intermediateと決定しましたが、私の希望した12:00~15:00のクラスは空きが無く、来週から来てくださいとなりそうだったが、Pre-intermediateでもいいからと言うと、1週間だけPre-intermediateのクラス、次の週からは、Intermediateのクラスにしましょうと言ってくれた。

 そして、領収書に「1st Rick   Pre-Int.   2nd  Helen  Int.」と書いてくれて、これを先生に見せなさいと言われました。Rick と Helen は先生の名前でした。教室は、Rick先生は3階、Helen先生は2階でした。

 事務所の女性が、今日から授業を受けるかと聞いてくれましたが、明日から受けると答えました。2ヵ月分の授業料として35ポンドを支払いました。少し高目で痛いなと正直思いましたが、後から考えるとこの授業料は高いどころか私にとっては、かけがえのない貴重な経験をさせてくれたことを考えるとお金には換算できないものでした。

By  Jun

|

« 志免町のmishima ランチにおすすめ、志免の和仏料理 | トップページ | 大阪の美味しい店の一覧、リスト »

08 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記 」カテゴリの記事

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/4713528

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン ケンブリッジ英会話学校の入学試験 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(25):

« 志免町のmishima ランチにおすすめ、志免の和仏料理 | トップページ | 大阪の美味しい店の一覧、リスト »