« 無線のお話 パート2 | トップページ | 伝説?の宗像の軽トラ »

2005.06.04

宗像市の神湊スカイホテルのバイキング、その後悔しない食べ方

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


玄海灘一望の展望レストラン

skyhotel0012_syukusyou  このホテルは、玄海灘に面した全室オーシャンビューのリゾートホテルです。リゾートホテルといっても、高級なイメージは少なく、どちらかと言えば大衆向きな感じです。

私達の釣り場はすぐ前です。

skyhotel0005_syukusyou 2枚目の写真は、展望レストラン「リバージュ」から見た玄界灘ですが、奥の方の半島の付け根にある海岸が、私達がボートを出している勝浦漁港の海岸です。そして、この神湊スカイホテルの前の海は、砂浜で夏はここでキス釣りに興じています。

「リバージュ」のランチ・バイキング

 さて、「リバージュ」ですが、昼のランチタイムにはバイキングをやっています。1400円くらいでビュッフェ方式で自分の好きな料理を自由に取って、食べることができます。

skyhotel0001_syukusyou ビュッフェ方式ですから、和洋中の各種料理が、大きな台の上に並べられています。値段が値段ですから、そう豪華な料理があるわけではないのですが、まあまあの味です。

伝バイキングの食べ方

 ここである人から聞いたビュッフェ方式の料理の食べ方を紹介します。ビュッフェもコース料理と同じ順番で、オードブル、スープ、メイン、デザートと食べ進むのが基本だそうです。

skyhotel0004_syukusyouしかし、こんな悠長な場合ではないこともあります。バイキングの食べ方は、人間性が表れるという話も良く聞きますが、そこら辺に留意しつつ、後悔しない食べ方です。

 まず、いきなり料理を皿に取るのではなく、ゆっくりと全体を見ながら、一巡するのだそうです。これで、全体像を把握したら、まず金目の料理ですぐ無くなりそうな料理からとりかかります。例えば、上等な肉のステーキやロースとビーフ、にぎり寿司、刺身類です。間違っても、パスタ類やフライライス類は、取ってはいけません。お握りなんかは、言語道断です。

skyhotel0003_syukusyou それと、1種類の料理の量は、できるだけ少なめにしましょう。これが多すぎると、無理して食べることになり、他の美味しい料理も食べられなくなります。テーブルの上に残して、他の皿に取替える方法もありますが、これこそ人間性を疑われることにもなりかねません。

 そもそも、金目の料理から狙っていくという人間性が疑われるようなことをしているのですから、これ以上人間性を損なうことは止めましょう。

 その点、「リバージュ」のバイキングは心配ありません。金目の料理が無いからです。しかし、1400円の価格から考えると、そこは十分満足できる料理ではあると思います。特に、ファミリーにはうってつけです。子供が、どんなにバクバク食べても約1400円で頭打ちですから。

 でも、カップルのデートにはちょっと不向きかもしれませんが、考えようによっては、ここのバイキングでブーたれない女性であれば、質素で的確な状況判断ができるすばらしい女性であるのかもしれません。ある意味、人間性を見るのに適したバイキングとも言えましょう。

トンビの餌付けと夕陽鑑賞

 なお、このレストランは、トンビの餌付けをしており、時間によっては、トンビの乱舞が楽しめます。加えて、夕陽がきれいに見えるので、その時間に行くのも良いと思いますが、バイキングがあるかどうか不明ですので、電話で確認してください。

○神湊スカイホテル 11階展望レストラン「リバージュ」

所在地 福岡県宗像市神湊651-2
電 話 Tel 0940-62-3800.
バイキングの時間 不明

 By  Jun

|

« 無線のお話 パート2 | トップページ | 伝説?の宗像の軽トラ »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/4408561

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市の神湊スカイホテルのバイキング、その後悔しない食べ方:

« 無線のお話 パート2 | トップページ | 伝説?の宗像の軽トラ »