« あの湖月のカレー、復活? | トップページ | 自転車でポタリング中にラジコン・ヘリに遭遇 »

2005.09.22

ひびき灘自転車道をポタリング

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


dsc_1445_syukusyoumoji 3連休の1日、愛車の自転車「Giant」号を引っぱり出して、ポタリングに行くことにしました。ポタリングとは、自転車でぶらりと行く散歩のことです。サイクリングやツーリングとは異なり、目的もなく自分の気のおもむくまま、あちゃこちゃふらふらと自転車を走らせることです。
 そうは言っても、あまりにふらふらして、ドブに落ちても困りますので、私の家からも近いひびき灘自転車道を走ることにしました。 

dsc_1448_syukusyoumoji 「ひびき灘自転車道」とたいそうな名前が付いておりますが、これも最近知ったことなのですが、JR東郷駅東口付近から宗像消防署の横を通り宗像大社へ抜ける道があり、この道の歩道であると思っていた部分が「ひびき灘自転車道」なのです。
 もう少し、正確に言うと消防署横を抜けて、新興住宅地「和歌美台」を通り過ぎると坂道を下ることになるのですが、その下り坂道の途中付近から、歩道が広くなっています。この辺から始まるようです。

 「ひびき灘自転車道」の看板等は、一切ないのでこの辺から始まっているのだなと思いこむしかありません。私の家から、そう遠くはありませんので、自転車道の入り口まで自転車で行くことができます。
 しかし、東郷駅東口からこの入り口までには、小さな峠となっていてけっこうきついものがあります。自転車道は全般的には、神湊の江口付近まで平坦な道ばかりで、ある意味最大の難所がこのスタート地点付近と言えます。

dsc_1469_syukusyoumoji 今日の私の自転車道のポタリングコースは、大井から釣川に出て、釣川の右岸を下流に向かっていき、宗像大社の横やアクシス玄海を眺めながら釣川の河口の江口の皐月(さつき)橋までです。
 自転車道の幅はけっこう広くて自転車が走るには充分ですし、舗装もしっかりしています。ギアをほとんど切り替えることもなく、軽快にペダルを踏んで進んでいきます。
 しばらくすると、左手に小さな森が見えてきます。宗像大社の木々です。

dsc_1471_syukusyoumoji そのうち立派なコンクリート造りの建物も現れてきます。宗像大社の「神宝館」です。先月、ヨットでクルージングに行った「沖ノ島」出土の国宝や重要文化財がたくさん収蔵されています。
 釣川に沿って、どんどん走っていくと、またまた左手には宗像大社の自動車の交通安全お払いをするための拝殿や図書館や地域物産を売っているアクシス玄海が見えてきます。アクシス玄海の図書館には、時たま、本を借りに来ています。

dsc_1477_sykusyou 宗像ユリックスの図書館にはない雑誌などもあり意外と穴場の図書館です。
 アクシス玄海が見えるところから、今日の最終目的地の江口の皐月橋はすぐです。ここまで走ってきましたが、途中、全く人も自転車も出会いませんでした。私専用道路みたいなもので、大変贅沢な気分にもなってきます。
 いよいよゴールの皐月橋に着きました。ゴールと言っても、私の今日のポタリングのゴールであって、ひびき灘自転車道は、ここからも続いていて、西の方にコースをとり風光明媚なさつき松原、鐘崎、波津、芦屋を経由して遠賀川を下っていく長大な自転車道が続いています。

dsc_1475_syukusyoumoji この皐月橋から、今来た道を逆行して帰路につきました。往きの千里は帰りの十里ということわざがありますが、まさにそのとおりでえらい楽に帰れると思っていたら、風が追い風に変わっていました。
 自転車のポタリングは、風や陽光、そして空気の匂いまで体一杯に感じながら走ることができます。日頃のストレスや運動不足の解消には最適な運動と気晴らしになります。 また、行こう!!

   By   Jun

スポンサードリンク

|

« あの湖月のカレー、復活? | トップページ | 自転車でポタリング中にラジコン・ヘリに遭遇 »

17 .面白トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/6037454

この記事へのトラックバック一覧です: ひびき灘自転車道をポタリング:

« あの湖月のカレー、復活? | トップページ | 自転車でポタリング中にラジコン・ヘリに遭遇 »