« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.30

宗像市の「そば処 宇の」 宗像市役所そば屋さん

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


* 2009年6月中旬現在、この店は、弁当店になっています。「そば処 宇の」が、移転したのか、閉店したのかは不明です。

 dsc_1032_syukusyoumojidsc_1044_syukusyoumoji 今回は、以前掲載した蕎麦屋さん「升風庵」の記事で、宗像の蕎麦屋さんとして揚げたお店の一つ、「そば処 宇の」の紹介です。

 宗像には、蕎麦を専門とするお店が少ないと書いたことがありますが、やはり福岡は「うどん」の食文化なのでしょうか。圧倒的に、「うどん屋」さんの数は多いのです。そして、蕎麦も「うどん屋」さんで食べることができます。「英ちゃん」でも、蕎麦はメニューに載っています。多分、うどんの出汁に蕎麦の麺を入れているのだと思います。

dsc_1036_syukusyoumojidsc_1033_syukusyoumoji 東京で、蕎麦の店に行くと蕎麦しか出していません。もっとも、神田の「まつや」や浅草の「並木藪そば」と言ったたぐいの店ですので、もう少しグレードの下がった蕎麦店であればうどんを出してくれるのかもしれませんが、そんなことはあまり無いような気がします。

 それと、東京の蕎麦の店は、例えば神田の「まつや」でもそうですが、食事の店と言うよりお酒を飲む場所でもあり、酒のつまみも豊富で、蕎麦はお酒を飲んだ後の〆として食べているような風景があります。福岡のうどん屋では、まず考えられないことです。

dsc_1037_syukusyoumojidsc_1029_syukusyoumoji さて、「そば処 宇の」ですが、宗像市役所のすぐ近くにあります。年配のご夫婦でやっている小さなお店で、ぐっと庶民的な感じです。

 注文をして、蕎麦が出てくるまで蕎麦煎餅を楽しむことができます。今回、私は「ざるそばセット」、750円、味ご飯と小鉢付きを注文しました。

dsc_1039_syukusyoumoji
 店内には貼り紙がしてあり、「10割蕎麦、毎朝手打ち、出汁はいりこベース、つけ汁は甘さ控えめ」と書いてあります。10割蕎麦も魅力的ですが、つけ汁は甘さを抑えているところがポイントかもしれません。と言うのも、東京の蕎麦に比べると、福岡の蕎麦のつけ汁は甘すぎるのです。私も、ずっと福岡育ちですから、つけ汁が甘いなどと言われてもピンとこないのですが、確かに東京と比べると甘いのは確かです。

 味覚なんて慣れた味がベストになるので、どうこう言うこともないのでしょうが、東京の味に慣れた人には耐えられないのが、このつけ汁の甘さです。「宇の」のご主人は、この東京のつけ汁の辛さを意識してあるのだろうと思います。ちなみに、東京の蕎麦のつけ汁でも、超辛口のつけ汁で有名なのが、浅草にある「並木藪蕎麦」です。わたしも、ここの蕎麦を食べましたが、これくらい濃いつけ汁だと、ちょっとしか蕎麦につけないと食べられないのでしょう。福岡の人は、つけ汁にどっぷりと浸けて食べますが、これも甘いせいなのでしょう。

 東京では、つけ汁は蕎麦に少しだけつけて食べるのが粋だとされていますが、江戸っ子の死の間際の一言に、「一度でいいから蕎麦をつけ汁にどっぷりと浸けて食べてみたかった」と言う笑い話もありましたね。

 「宇の」の蕎麦は、客の注文を聞いてからゆがくので時間がかかります。やがて出てきた蕎麦は、十割蕎麦にしては、ボソボソ感も少なく、美味しく食べることができます。また、つけ汁も、甘さ控えめですが、そのことはあまり意識することなくて食べることができます。

 宗像には少ない蕎麦専門店ですし、こだわりのあるお店としてもなかなかのお店だと思います。

○ そば処宇の

所在地  福岡県宗像市東郷2丁目1-28
電話   0940-36-1290

By  Jun

スポンサーリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

東京・吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」訪問記

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私の趣味の一つにオーディオがあります。オーディオのみならず映像が加わったオーディオ・ビジュアルいわゆるAVも楽しんでいます。

img_2154_syukusyoumojiDsc_1338 2年前にスピーカー、JBL4312BMkⅡを購入してからは、ジャズも少しづつ聴いています。ソニー・ロリンズの定番「サキソフォン・コロッサス」通称、サキコロやマイルス・デイビスなど。この他にも英国びいきの私のとても好きなメロディ、「グリーンスリーブス」を甘いサックスで奏でるポール・デスモンドのCDもお気に入りです。このグリーンスリーブスの演奏は、パラマウントベッドのテレビCMで聞いて感動し、すぐにインターネットで検索してプレーヤーを確認してCDを購入したものです。

 ジャズに興味を持ったので、色んな本を読んでみようと本屋や図書館で探してみると、ジャズのコーナーでよく目に付く著者の名前が「寺島靖国」氏でした。アマゾンで調べると、27冊ものジャズ・オーディオの本を書いているようです。

img_2146_syukusyoumojiimg_2149_syukusyoumoji この方のオーディオにかける情熱とお金は半端ではないようです。特にケーブルマニアとの別称があるようにケーブルへのこだわりはすごいものがあります。ケーブルとは、電源ケーブルやスピーカーケーブルというようにオーディオ機器を接続するコードです。普通の人は、ステレオを購入しても、コンセントに差し込む電源コードやスピーカーコード、アンプとCDプレーヤーをつなげるコードは、買った機器に付属しているコードをそのまま使用するでしょう。

img_2152_syukusyoumojiimg_2153_syukusyoumoji オーディオマニアは、これらを全部買い換えます。その方が音が良くなると思うからです。寺島氏たちが買うケーブルは、1本数十万円は軽くします。それも、1メートルとか2メートルでその値段。まさに狂気の世界。常人には理解しがたい感覚です。それをとっかえひっかえですから。

 この寺島靖国氏がオーナーのジャズ喫茶が吉祥寺にあるのです。その名は「メグ」。1970年の開店ですから、すでに35年も経っている老舗のジャズ喫茶でしょう。今回の上京の折に、暇を見つけて吉祥寺まで行きました。

 吉祥寺という街のイメージは、私の勝手な想像ですが、武蔵野にある閑静な郊外のお洒落な街と言うイメージでしたが、吉祥寺の駅から「メグ」までの道は、新宿みたいな騒々しい街でいっぺんにイメージが崩れ落ちました。

      続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。 

続きを読む "東京・吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」訪問記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

図書館を利用していますか

スポンサードリンク


 図書館。言うまでもなく本がたくさんあるところ。しかし、なかなか足を運ばないところかもしれません。私もそうでした。しかし、7,8年ほど前から図書館に通うようになりました。図書館で本を読むのではありません。そうしても良いのですが、休みの日はお買い物や色々雑事があり、ゆっくり本を読む事はありません。

tosyokan0002_syukusyoumojitosyokan0006_syukusyoumoji 図書館で本を借りるのです。宗像市では、一人一回に10冊、2週間の貸し出しをしてくれます。雑誌でもいいし、単行本でもかまいません。とにかく、10冊借りることができます。

 私は、必ず10冊借ります。そうしないと、返却の時に何冊借りていたか思い出すことができないからです。ある時は、8冊、ある時は7冊では返却の時にこれで全部あるのかと悩むことになります。2週間で10冊ですが、私は比較的雑誌が多いので、すぐに読んでしまいます。通勤の時間でほとんど読むのですが、10冊では足りないくらいです。

tosyokan0003_syukusyoumoji 図書館の本を借りるようになって、本代が大分節約できています。私は本が好きで、本を読まない日はありません。従って、図書館の本がなければ、買って読むしかないわけです。2週間に10冊ですから、単純計算でも1年に260冊借りています。1冊、500円としても13万円、月に10000円以上も本代が節約になる勘定です。

 市民税のいくらかを取り返したような気がして得した気分にもなります。実際、図書館で借りると税金がこんな使われ方ならいいなとしばしば思います。なかなか個人では買えないような高額の本も借りることができますし、思いがけない本にも巡り会います。

axis0002_syukusyoumoji 宗像市には、ユリックス、旧玄海町のアクシス玄海、そして赤間の中央公民館に図書館があります。中央公民館の図書館は、蔵書数も少なくあまり利用していません。蔵書数の多いのは、何と言ってもユリックスです。しかし、ここは利用者も多いせいか新刊本や雑誌の最新号は貸し出し中が多く、なかなか思うような新しい本を借りることができません。

 アクシス玄海は、蔵書数はユリックスほどではありませんが、利用者が少なく、逆に雑誌などは新しいのが結構借りることができます。ユリックスでは、「文芸春秋」の新しいのはまず貸し出し中ですが、アクシスでは借りることができます。また、ユリックスにはない、食の雑誌「dancyu」なども取り揃えており、この辺も魅力です。
 それと、アクシスで借りた本をユリックスで返却することも、またその逆もできます。 

axislibraly0002_syukusyoumoji 2週間毎の土日に、ユリックスやアクシスに行っていますが、ほとんど知人と会ったことがありません。と言うことは、図書館を利用している人が少ないのではと思います。人口 95、000人の街の図書館にしては、来ている人が少ないようです。私の周りにも、図書館に定期的に行っている人はいません。

 もっと利用してはいかがでしょうか。土日の買い物がてらちょっと立ち寄り、前回の本を返却し、新しく本を借りる。習慣化すれば、そんなに面倒でなくなります。おまけに、本代が節約でき、買うことのできないような本もゆっくり読めます。私は、カミさんと一緒に図書館で本を借りていますので、合計20冊の読んでいない本が2週間家の中にいつもあることになり、これはとても楽しいことです。

 あなたの街の図書館がどこにあるのか、ご存知なければ調べられて、一度のぞいてみてください。大きな街であれば、中央図書館だけでなく自宅の近くに地域の図書館があるかもしれません。お金の節約だけでなく、人生をもっと豊かにするためにも、もっと利用しましょう。

  By  Jun
スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

宗像市のグローバルアリーナ・GA倶楽部のバイキング

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


dsc_1120_syukusyoumojidsc_1151_syuksyoumojiグローバルアリーナは、宗像市にある施設ですが、宗像市民でも知らない方がたくさんいると思います。その理由は、宗像市でも鞍手町との境付近にあり、なかなか用事でもなければ足を運ばない地域にあるからです。

dsc_1146_syukusyoumojidsc_1121_syukusyoumoji

 しかし、ここには観客1万人収容できるラグビースタジアムや本格的な陸上競技場、夜間でも利用できるナイター設備のあるテニスコート、トレーニングジム、体育館があります。

 スポーツ施設だけでなく、スポーツ競技を支える宿泊研修所、レストラン、焼きたてのパンがあるベーカリー、スポーツグッズのお店、さらに図書館等もあり相当に大きな施設群であります。

dsc_1132_syukusyoumojidsc_1134_syukusyoumoji ここは、公営ではなく、民間会社のサニックスが建設したもので、ラグビー競技をメインと考えて作ったようです。私は、ラグビーを観戦する事はありませんので、専らレストランやパン屋さんを利用しています。

 飲食施設としては、和食処「さくら」、レストラン「GA倶楽部」、戸外の「バーベキューテラス」、ベーカリー「Green Grass」に隣接した喫茶コーナーがあります。今回の紹介は、「GA倶楽部」のバイキングです。

dsc_1127_syukusyoumojidsc_1125_syukusyoumoji 当初、「GA倶楽部」は、単品の料理を提供するレストランでして、伊万里牛のハンバーグなどを目玉としていましたが、最近ではバイキングスタイルオンリーとなってしまいました。バイキングも始めた頃は、あまり魅力的なものではなかったのですが、先日、久しぶりに行ったところ、なかなか努力したと見えて結構美味しくいただきました。

 以前、神湊のスカイホテルのバイキングを紹介しましたが、これなら値段と味の方では「GA倶楽部」の方が勝ちなように思えます。ただ、スカイホテルの方は、その海の眺望の良さでは「GA倶楽部」より勝ります。

dsc_1142_syukusyoumojidsc_1143_syukusyoumoji 「GA倶楽部」のバイキングで驚いたのは、本格的なローストビーフが食べ放題なことでした。お一人様一皿となっていますが、事実上何回かテーブルから行けば一皿以上大丈夫です。

 スープや肉料理、スパゲティ等の麺料理等全体的に上質な料理を多く揃えています。デザートもケーキ等の他にも自分でカップに盛り込むソフトクリームなどもあります。これで、1時間制限で1365円ですから、コストパフォーマンス(価格に対する満足度)は抜群です。

 全体的な味のことですが、やはりバイキングスタイルの料理ですから、それほどの味は望むべくもありませんが、良く健闘している方だと思います。

 レストランのインテリアも英国調を基本としており、2階から眺める緑豊かな芝生と白い建物群も美しいものです。それと言い忘れましたが、ここでは地ビールも楽しめます。

 一度は、行かれても良いと思うグローバルアリーナです。


子どもと楽しむ福岡あそび場スポット
遠賀・宗像エリアでは、葡萄の樹とグローバル・アリーナが掲載されています。子供を連れてのレジャーに役立つ本です。



佐賀・伊万里牛専門店 松尾畜産食肉卸 
伊万里市にある伊万里牛専門店。長年の経験から得られたノウハウを注ぎ込まれ、環境、飼料こだわり一頭一頭丹念に育てられた伊万里牛の肉質は、黒毛和牛のなかでも、味わいのある肉に仕上がっています。

各種ローストビーフが勢揃い 楽天 
九州高原牛の国産牛ローストビーフ250g。 青森黒牛ローストビーフ。 国産【黒毛和牛牝】自家製ローストビーフ約350g焼き方とスパイスにこだわりあり!。他

○ グローバルアリーナ 「GA倶楽部」

所在地   福岡県宗像市大字吉留字高六46の1
代表電話  0940-33-8400
営業時間  平日   11:30~15:00  オーダーストップ  17:00~20:30 オーダーストップ
        土日祝  11;30~20:30 オーダーストップ

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

キプロス入国ビザ騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(28)

スポンサードリンク


 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記の連載。今回からは、キプロス島へのビザ騒動です。

何故にあなたはキプロスに行くの
 前回の、ロンドンのケンブリッジ英会話学校でも、少し述べましたが、キプロスは今まで旅行した国、地域の中で一番印象深く、思い出に残った所です。

 何故、キプロスなのかですが、英会話学校のクラスメートに3人のキプロス人の女性がいました。グースン(Gulsum)、ハティク、そしてマリクの3人です。彼女等は、全員トルコ系キプロス人であり、特にグースンはよくティールームで会話を交わす機会もありました。グースンの故郷は、キプロスの港町、ファマグスタでした。彼女等の話を聞いているうちに、キプロスに興味を抱き、とうとう行くことに決めてしまったのです。

ユーレイルパスとスチューデントユーレイルパス
 1974年(昭和49年)2月28日に、私は、ロンドンからパリに列車で向かいました。この日から、1ヶ月間のスチューデントユーレイルパスが発効しました。ユーレイルパスとは、列車の周遊券みたいなもので、ヨーロッパの各国の鉄道が乗り放題のパスです。通常、1週間とか2週間の期間を定めて事前に日本で購入しておきます。ヨーロッパ内では購入できません。特急なども乗り放題でかなり安く鉄道旅行が楽しめます。
 発効の起算日は、最初に乗車した日からです。その日から、1週間チケットなら1週間は有効です。

 スチューデントユーレイルパスは、学生割引のパスで、かなり安く購入できます。私は、日本で1か月のパスを購入しておきました。ただ、スチューデントパスは、特急や寝台車には乗れません。乗ってもいいのですが、特急料金や寝台料金が別払いになります。でも、学生は時間がありますし、ローカル列車の旅も、それはそれは楽しいものでした。

アテネからキプロスへ飛ぶ予定
 2月28日にパスを使い始めましたので、3月27日には失効します。その3月27日の日には、私はイタリアの港町ブリンディシにいました。ドイツ、スイス、ローマなどをローカル列車で旅をしてたどり着いたイタリアの長靴の踵(かかと)付近の町です。ここから、フェリーに乗り、アテネに行きそこからキプロスに行く算段でした。

 ヨーロッパ諸国は、ノービザで行けましたが、キプロスは流石にビザがいるだろうとロンドン滞在中には思っていましたが、何しろインターネットもない時代。本などの情報もありませんでした。今から考えるとうかつだったのは、何故、ロンドンにあるキプロス大使館に行かなかったのだろうと思いますが、当時はそこまで考えることができませんでした。でも、行ったにしても結局はどうなっただろうかは以下の騒動をご覧下さい。

      続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "キプロス入国ビザ騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(28)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

寅さんの「くるまや」の再現セットと「寅次郎相合い傘」の放映

スポンサードリンク


NHKのスタジオパーク訪問
dsc_1381_syukusyoumojidsc_1378_syukusyoumoji 先日、上京した折り、渋谷にあるNHKのスタジオパークに行って来ました。NHKの放送センターと同じ所にあるスタジオパークは、広く一般に公開されており、スタジオ見学、天気予報などのアナウンサー体験、大河ドラマの衣装を着て記念撮影など家族で楽しめるイベント、これまでのNHKの歴史や放送番組のパネル展示などがあります。

 入り口のチケット売場で入場料200円を払って入りました。入り口のロビーでは、なにやら人だかりがしていました。これは、午前11時から放送の「日曜スタジオパーク」と言う番組のスタジオ内での観覧の抽選でした。10時20分から募集があり、約30名が入れますが、それ以上になれば抽選となります。この日は、30名もなっていないようでした。

dsc_1385_syukusyoumojidsc_1383_syukusyoumoji スタジオパークは、順路が設定してあり、その順路に沿って進みます。まずは、大画面のハイビジョンと5.1サラウンドを体験できるミニシアターです。画面は、大きくて高精細ですが、残念ながら遮光が十分ではなくその点が残念でした。映されている画像は、新しく放映されるドラマでした。

 次のコーナーがハイビジョンや地上デジタル放送のコーナーで、ここではハイビジョンや地上デジタルの画像を見ることができます。

寅さん、「くるまや」茶の間のセットでは
dsc_1389_syukusyoumojidsc_1388_syukusyoumoji 今回の目玉は、何といっても、今年の夏からの「男はつらいよ あゝ寅さん失恋48連発」放映にちなみ作られた「BS寅さんスタジオ」です。ここでは、「くるまや」の茶の間が再現されており、BSの寅さん映画が放映された後、山本晋也監督とNHKのアナウンサーが、寅さんの事を面白く語る番組「寅さんレビュー」がありますが、この番組が収録されているところがここなのです。

 このての再現「くるまや」は、「葛飾柴又寅さん記念館」にもありますが、私の見たところNHKの方が少し負けているような気がします。

寅さんの財布の中身は500円札だけ
dsc_1392_syukusyoumoji 結構興味を引いたのが、寅さんが持ち歩いているカバンの中身の展示です。日本全国を旅している寅さんですから、日本全図の地図、時刻表、でっかい目覚まし時計、トランジスターラジオなどが見えますが、やはり財布でしょう。財布からは500円札がのぞいていますが、寅さんは500円札しか普通財布にはないのです。最初の頃、競馬に行き、「ワゴンタイガー」(車寅)と言う馬で当てて、100万円以上持ったこともありましたが、通常500円札だけです。心優しいさくらさんは、いつもそっと寅さんの財布にお金を入れてあげています。

今度の土曜日22日は、是非見てください「寅次郎相合い傘」
 ところで、今週土曜日夜9時からのNHK BS2の寅さんは、男はつらいよ第15作「寅次郎相合い傘」が放映されます。船越英二も出ますが、何と言っても浅丘ルリ子のリリーが抜群な出来です。

 寅さんファンの人気投票で、この「寅次郎相合い傘」はよく第1位になります。私も、シリーズ中の最高傑作の作品の一つだと思っています。あの有名なメロン騒動、リリーを帝国劇場に出演させたいと訴えるいわゆる「寅のアリア」、そして船越英二の初恋の人との再会シーンなど名場面がちりばめられていますが、最高のシーンは、タイトルどおりの寅さんとリリーの柴又参道の相合い傘の道行きです。

リリー:「迎えに来てくれたの?」

寅  :「バカ野郎、散歩だよ」

リリー:「雨の中傘さして散歩してるの?」

寅  :「悪いかい?」

リリー:「濡れるじゃない?」

寅  :「濡れて悪いかよ」

リリー:「風邪ひくじゃない?」

寅  :「風邪ひいて悪いかい」

リリー:「だって、寅さんが風邪をひいて寝込んだら、私つまんないもん」

 寅さんとリリーのこの台詞の掛け合いのシーンでは、寅さんは本当に男の優しさと格好良さが出ており高倉健以上の雰囲気です。また、このシーンは、志村喬が、リンドウの花にちなむ幸福論を寅さんに切々と説くシーンと双璧をなす「男はつらいよ」でもベストのシーンであると私はと思っています。また、このシーンのバックに流れる音楽も、トレモロを使った何とも言えない詩情を漂わしており、山田監督のセンスの良さが感じられます。

 とにかく、他の作品はスキップしても、この「寅次郎相合い傘」だけは見ていただき、「男はつらいよ」とはどういう映画なのか感じ取っていただければ幸いです。

  By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.18

「升風庵」 宗像・神湊に新たに蕎麦屋がオープン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


dsc_1585_syukusyoumojidsc_1588_syukusyoumoji 宗像にはあまり蕎麦屋さんがありません。思いつくのは、西鉄ストアー横の「ながいし」、宗像市役所近くの「宇の」そしてこのブログでも紹介したことがある「山荘庵」くらいでしょうか。このグルメな蕎麦不毛の地、宗像に新しく蕎麦屋さんがオープンしましたので、早速行ってみました。

 蕎麦屋さんの名前は、「升風庵」と言います。場所は、県道495号線のコンビニのポプラがある神湊入り口の交差点から少し鐘崎よりに行くと「海彦山彦」がありますが、その付近で少し南側に入ったところです。田圃の中にありますが、少し分かりにくいかもしれません。特に、鐘崎方面から来ると気付きにくいかと思います。

dsc_1578_syukusyoumojidsc_1575_syukusyoumoji 495号線から入り込むと、舗装のない道路、おまけに行き着いた駐車場がこれまた土だらけ。今時、珍しいシチュエーションに出会います。建物は、平屋で相当に大きいものです。

 店内に入ると、横長い店構えです。入って右側に案内されていくと、奥は座敷、手前はテーブル席でかなりの収容人数であることが分かります。

dsc_1582_syukusyoumojidsc_1581_syukusyoumoji お店の方が、注文を取りに来てメニューを置いてくれますが、メニュー見た第一印象は値段が高い!!本格的な蕎麦屋さんの雰囲気も少ししますので、少し高いのかと思いますが、これが予想を裏切る値段。気を取り直して、私は蕎麦と寿司のセット1200円、カミさんは讃岐うどん風の釜玉蕎麦で、800円。

 注文をして、蕎麦が来る間には、蕎麦で作った揚げ蕎麦が出ますが、これは塩味がしてなかなか美味しいものでした。お客さんが続々と入ってきて、ほぼテーブルと座敷は埋まってしまいました。

 私の蕎麦と寿司セットが来ました。蕎麦はざるそばで、寿司はお漬け物の握りみたいなものです。1200円にしては、見映え、量ともに貧弱です。肝心の蕎麦の味ですが、まあまあ美味しいものではありますが、1200円にしてはと言う気もします。それに、蕎麦猪口に入っている汁の量がわずか1cmくらい。最後の方にはなくなってしまいました。

 寿司の方は、量、味共に不満足なものでした。この蕎麦と寿司セットに関しては、コストパフォーマンスは感じられず、リピーターの獲得はちょっと困難でしょう。

 カミさんの注文した釜玉蕎麦も、カミさんは少し不満足気。これでは高いと感じたようです。

 ざる蕎麦の蕎麦自体の味はそう悪くないのですから、全体的に量そして値段をもう少し考慮されないと価格対満足度は低いままとなり、このままではリピーターはそう増えないような気がします。宗像には少ない折角の専門的な蕎麦屋さんですから、もっと努力していただき何とか頑張ってほしいものです。

全国各地自慢の手打そば 人気順リスト
昭和27年創業小沢そばの石臼挽きしたそば、上沼恵美子さんが関西の番組で絶賛し、はなまるマーケットおめざでは世界の坂本龍一さんが紹介した山形元祖こんにゃくそば 等々

○ 「升風庵」

所在地   宗像市神湊牟田尻 県道495号線少し入る
電話    不明
営業時間 不明
休み    不明

蕎麦のあんなもの、こんなもの

スポンサードリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.10.16

東京の「Duffy's」 アイリッシュ・パブ 

dsc_1421_syukusyoumoji  イングリッシュ・パブは英国のパブ、アイリッシュ・パブはアイルランドのパブの事を言います。お隣同士の国ですからどちらも同じようなもので、アイルランドの人々にとってもアイリッシュパブは、生活に密着したコミュニケーションの場のようです。

dsc_1422_syukusyoumoji アイルランドは、福岡県より少ない人口380万の国ですが、アイルランド全土には約8000軒のアイリッシュパブがあると言われています。英国と同様、それぞれのパブは地域と密着した特徴や異なった魅力を持っております。

 私は、東京に出かけたときは、できるだけ英国やアイルランドのパブを訪れたいと思っていました。5年くらい前には、正確にはパブではないようですが、神宮前のアイルランド料理の店「ビューリーズ カフェ」を訪れました。何のアイリッシュ料理を食べたかは記憶にはないのですが、ギネスの黒ビールが大変美味しかったことは覚えています。

dsc_1430_syukusyoumoji さて、今回訪れたアイリッシュ・パブは、銀座にある「Duffy's」です。これは、インターネットのサイトで見つけたお店です。立地が抜群の場所で、銀座のど真ん中、丸い三愛のビルのすぐ近く、すずらん通りにあります。お店自体は、ビルの地下ですが、階段を降りて入った店内は、相当に広いものです。100人近くは入れそうです。

 夕方の4時頃でしたので、客は私一人だけ。ウェイターが注文を取りに来ましたので、お決まりのギネスの生、そしてまたもやフィッシュアンドチップス。他にもキルケニービールやアイルランド料理の、牛肉のギネス煮込み、シェーパード・パイなどもあったのですからそちらを選んでも良かったのですが、何となくで注文してしまい、後悔しました。

dsc_1435_syukusyoumoji 店内は広いのですが、アイリッシュパブらしい落ち着いた、カントリーな雰囲気を持つインテリアになっています。テーブル席もありますが、背の高いテーブルと椅子に座って飲んだり食べたりしても楽しいものです。

 運ばれてきたギネスは、クリーミーな泡と少しスモーキーな味がたまりません。私は、アルコールが基本的に駄目なのですが、一杯くらいのビールなら楽しめます。また、フィッシュアンドチップスは、独得な風味のあるハインツのモルトビネガー(酢)やケチャップをかけながらいただきます。淡泊な白身の魚のフライですが、タラなどが多いようで日本のフライに比べると大味な気がします。

dsc_1427_syukusyoumoji このお店は、銀座の一等地にあるにしては割安感もあり雰囲気も良く、銀ぶらの途中に喉を潤すために入ってもよろしいかと思います。

アイルランドの至宝 ギネス・ビール 
泡までウマイ黒ビール『ギネス・ドラフト』。 ギネス フォーリン エクストラ スタウトビール。 他

アイリッシュな食材、食品等 
アイリッシュ・ブレックファースト・ソーセージ(アイルランド風生ソーセージ)/みのもんたさんテレビ紹介。 
ネイチャーズウェイ アイリッシュアフタヌーンティーバッグ。他

○ Duffy's

所在地    東京都中央区銀座5-6-2 七宝ビルB1 地下鉄丸ノ内銀座駅A1出口 徒歩1分 
dsc_1436_syukusyoumoji電 話   03-3289-1601
営業時間 月~木   17:00~23:30(L.O.22:50)
        金・祝前  17:00~02:00(L.O.01:20)
        土・日・祝 16:00~22:30(L.O.21:50)
定休日    無休

スポンサーリンク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.14

大阪の「シャーロック・ホームズ」 イングリッシュ・パブ 

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


oosaka0029_syukusyoumoji 私は英国贔屓ですが、英国の料理を食べる場所はそうありません。東京の目黒に「1066」と言う英国料理レストランがあり、ここなら行ってみようかなと思っていたら残念ながら閉店してしまいました。

 フランス料理、イタリア料理などは何となくイメージがわくのですが、英国料理と言ってもなかなかイメージがわかないと思います。私も、よく英国料理のことは知っているわけではないのですが、フィッシュアンドチップスやローストビーフなどは食べたことがありますが、何と言っても、美味しいなと思うのは、地方のホテルでいただくフルイングリッシュブレックファストでしょう。これは本当に美味しいと思います。

oosaka0028_syukusyoumoji バーナード・ショーか誰かの言葉で、「英国で美味しいものを食べたければ、1日に三度朝食を取ればいい」などとふざけた言葉がありますが、ある程度真実をついたものといえましょう。ちなみに、英国かぶれの私の朝食は英国スタイルとしています。

 さて、大阪に行ったとき、探したのはイングリッシュ・パブです。英国でパブは、食事の場所、土地の人の社交場として非常に日常的なものです。私も、パブで飲めないビールを注文したり、軽食を食べたりしました。英国のパブとは少し異なることが多いのですが、日本のパブも行かないよりはと思いました。

oosaka0022_syukusyoumoji で、インターネットで探し当てたのが英国パブ「シャーロック・ホームズ」です。このお店は、私が泊まった「モントレー大阪」から歩いても10分くらいで、気楽に行ける所にありました。「大阪駅前第一ビル」と言う最も英国からほど遠い名前のビルの地下にあります。このビルが、夜は殺風景で左前になったビルの典型と言った雰囲気です。

 「シャーロック・ホームズ」に入ると、何とダーツバーでした。ダーツバーとは、ダーツゲームを楽しむ所です。壁にダーツの的を設置し、客はダーツを投げて楽しむという寸法です。英国のパブでも、ダーツに興じる人は多くありますのでイングリッシュパブとしても場違いではないのですが、何しろ店が狭いので少々鬱陶しく感じました。店が広くて、片隅でやられる分にはいいのですが、店のど真ん中でダーツを投げるのですから。

oosaka0021_syukusyoumoji お年を召した女主人然と言った方が注文を取りに来ました。お薦めは、生ギネスとのこと。とりあえず、生ギネスとフィッシュアンドチップスを注文しました。

 食事が出てくる間、店内をながめてみると、イングリッシュパブと言えばそうですが少し狭いのとインテリアのくたびれ方が、英国の格調高いくたびれ方と異なり、格調低いくたびれ方でした。

oosaka0026_syukusyou やがて出てきた生ギネスは、独得のクリーミーな泡があり、満足できるものでした。フィッシュアンドチップスも、英国でも総美味しいものとは実感できませんでしたが、大阪でそれ以上のものが出てくるはずもなく、まあまというところでしょう。

 ところで、英国ロンドンには「シャーロック・ホームズ」と言う名の有名なパブがあり、私も訪れました。ここには、シャーロックホームズの自室を再現した小部屋があり、小説で描かれたシャーロック・ホームズの生活や人となりをできるだけ忠実に再現して、ガラス越しではありますが見ることができます。確か、チャリングクロス駅に近い場所であったと思いますが、シャーロキアンの方はロンドンでは必見の場所であると思います。

ジェレミー・ブレット版 シャーロック・ホームズ DVD-BOX 1~4
ご存知グラナダテレビのジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズのDVD-BOX全集です。シャーロキアンなら必携でしょう。

シャーロック・ホームズの本 売れている順です。
シャーロック・ホームズに関する本で売れている順に検索してみました。思いがけない本もあるかもしれません。


○ 英国パブ シャーロックホームズ

所在地   大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビルB1 
電話     06-6344-4869
営業時間  11:30~23:00
定休日   無休

スポンサードリンク

;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.12

筑前大島の西波止でアジ釣り

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日、福岡・宗像沖の筑前大島に行きました。いつから大島に行ってなかったのか記憶にありません。ひょっとしたら20年以上は経ってしまっているのではないでしょうか。

 大島には、やはり魚釣りでよく行ったものでした。漁港の防波堤で、アジ釣りやメイタ釣りとなかなかよく釣れたものでした。

 そんな大島にひょんな事から釣りに行くことになりました。朝、9時35分の神湊発のフェリーに乗る予定でしたが、丁度その日は、9時から地域の道路清掃の日。出ないわけにはいきません。私の自宅から、フェリー乗り場まで、車で10分はかかります。常識的には間に合うはずがありません。しかし、私は間に合いました。

 そのからくりは、私の地域の道路掃除は、事前に9時に始めると回覧板が回ってきますが、お年寄りの方が多いせいか8時10分頃には、ガタガタと音が聞こえだし掃除を始める人がいます。もう8時20分頃には、ほぼ全員揃って道路掃除、溝掃除の真っ最中となります。当日は、私も8時20分には長靴を履きスコップを持って参加しました。
 すると、8時40分には、道路掃除は終わってしまい、責任者からも本日はご苦労様でしたの挨拶がありました。
 9時に始まる予定の道路掃除は、8時40分には終わってしまいました。今回は、奇妙な慣習に助けられた格好になりました。8時45分には、大島行きフェリーに乗るために、自宅を出発しました。あまりにあわてていたので、長靴を履いたままでした。

img_2183_syukusyoumoji 途中、釣川近くの吉田釣具で、ヌカ袋と生ミックを買いました。そして、8時20分には、神湊のフェリー乗り場に到着しました。

 昔は、弁天丸という木造の連絡船でしたが、現在は鋼鉄製の「フェリーおおしま」や「しおかぜ」が就航しており25分か15分程度で大島に渡ることができます。当日は、9時35分という時間でしたが、やはり釣り客も相当乗船していました。

img_2188_syukusyoumoji 10時頃、大島港に入港。クーラーや竿袋を担いで、西波止に向かいます。西波止に到着すると、ギッシリの釣り客がひしめいていました。前夜から釣りで頑張っていた友人の横に釣り座を設けました。今回の、狙う魚はメイタ、アジ、ヒラメ、イカと考えていましたが、当面、小アジを釣って、それを生き餌にしてヒラメも狙うことにしました。

 波止場では、アジのサビキ釣りも多くて、盛んに釣り上げています。早速私も仕掛けの用意。サビキ釣りですが、大きな浮きを用います。この仕掛けだと、サビキを波止場から比較的遠くに投入することができます。アミカゴにアミをつめて投入すると、一投目から魚信がありアジが釣れました。非常に魚影は濃いようです。

img_2189_syukusyoumoji アジの大きさは、10cm前後と南蛮漬けサイズです。小ぶりのアジが釣れましたので、もう一本の竿にヒラメ仕掛けを作り、小アジを生き餌として針にかけ、投入しました。このヒラメ仕掛けの竿は、置き竿としました。

 快調に釣れていたのですが、少し曇りがちの天気が急に暗くなり雨が降り始めました。天気予報では、曇り時々晴れとなっていたのですが、土砂降りとなりあわてて雨宿りしましたが、相当濡れてしまいました。

 雨もやんだので、釣りを再開しましたが、アジ釣りにも飽きてきたので、イカ釣りもしてみることにしました。実は、波止場に到着した時に、釣り終えて帰る子供がいたので「釣れましたか?」と聞くと「たくさんイカが釣れた」と答えました。小さなイカのようでしたが、小ぶりのエギでかなり釣り上げていたようでした。

 私の持っていたイカ釣り用のエギは、大ぶりでしたのでつれるかなと思いながらも、竿につけてキャストしてみましたが、やはり釣れませんでした。

 置き竿にしていたヒラメ仕掛けも、2,3回当たりらしきものはあったのですが、針掛かりはしませんでした。18時が最終のフェリーの出発時間でしたので、5時頃には納竿としました。

 アジは、宗像の神湊、津屋崎、鐘崎の波止場では釣れていないようですが、大島の波止場では飽きるくらい釣れます。ただし、小ぶりのアジです。夜間のサビキ釣りでは、20cm以上の良型のアジも来ているようです。また、アジを付け餌としたイカ釣りも期待できるようです。

H_aji_2
フィッシング遊のアジングコーナー
アジ釣り・アジングの専門コーナーがあるショップ・フィッシング遊です。アジ釣りに必要なロッド、仕掛け、ルアー等が豊富にそろえていますので便利です。

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

宗像市の「オーベルジュまつむら」 隠れ家的一軒家レストラン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


* 2016年5月現在、オーベルジュまつむらは、レストランではなくカフェになっています。レストランは、熊本県小国町で開業準備中のようです。

  *お知らせ 「オーベルジュまつむら」を2010年5月の連休に訪れた動画付きの最新レポート記事があります。)

 「宗像市のグルメ あの「オーベルジュまつむら」でランチ」

未だ知られていないレストラン

dsc_1548_sykusyoumojidsc_1570_syukusyoumoji 今回は、ブログサイト「日常、そして非日常と・・・」のmaiさんから教えていただいたお店にやっと行ってきました。
 教えていただいた後、早速インターネットで検索しましたが、なかなか情報がありません。雑誌「epi」のサイトに掲載されていたくらいで、おそらく宗像でもあまり知られていないお店です。

dsc_1538_syukusyoumojidsc_1544_syukusyoumoji この店は2日前までの完全予約制ですが、知らずに数週間前に、「明日、昼のランチの予約をいいですか?」と聞くと、「ほとんどふさがっています。2週間後の土曜日だけ空いています。」とのこと。即、その日に予約を入れました。 今年の5月頃、開店したのですが、半年くらい経ってもなかなか予約が取れないようです。

予約の取れにくいレストラン

dsc_1556_syukusyoumojidsc_1542_syukusyumoji その理由は、後から分かったことですが、昼、夜どちらとも2組しか予約を取らないから。店内では、4テーブル、16人くらいの席がありますが、シェフ一人、客席係のマダム一人ではこれくらいが限界とのこと。ただし、2組とは、13人でも1組とし、13人のグループと2人のグループでも2組、2人と3人のグループでも2組と計算するそうです。

見つけにくいレストランでもあります。

dsc_1561_syukusyoumojidsc_1560_syukusyoumoji お店は宗像市の池田にありますが、非常に分かりづらい所です。私も、レガシィのカーナビで宗像市の池田を見当に行きましたが、池田の地域は大変広くお店を見つけられませんでした。携帯電話でお店と連絡を取り、やっと到着しましたが、これから行かれる方は、事前にお店と連絡を取って所在地の情報をキチンと入れていた方がいいと思います。

img_2203_syukusyoumojiimg_2199_syukusyoumoji お店の場所は、農家が多い地域にあり、100年も経った農家を改造、いわゆる古民家改造をされています。駐車場がお店の横にありますので、この駐車場7~8台分でかなり広く、これがお店を探す時の目印にもなります。

 店内は、広くワンフロアーで、古民家の面影を残しつつセンス良くまとめられています。中央にグランドピアノ、部屋の隅には薪ストーブ、天井付近にはロフトもあります。インテリアに興味のある方にも楽しめると思います。

dsc_1565_syukusyoumojiimg_2198_syukusyoumoji なかなかシックな松村マダムがメニューの応対をしてくれました。ランチのメニューはコースのみで、3500円と5500円から選べます。ちなみに、夜のディナーは、3500円、5500円、7000円、10000円のコースがあります。私とカミさんは、3500円のコースをお願いしました。

     続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "宗像市の「オーベルジュまつむら」 隠れ家的一軒家レストラン"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005.10.08

横須賀の海軍カレー・ストーリー

スポンサードリンク


 戦艦「三笠」の連載記事いかがでしたか? 艦船に興味のある方以外にはあまり面白い話ではなかったと反省していますが、今回はカレーの話。それも、横須賀海軍カレーです。

日本のカレーのルーツはインドと英国

dsc_1267_syukusyoumoji そもそも日本人が普通に食べている「ライスカレー」は、実は英国風カレーなんだそうです。確かに、インドで実際に食されているものはもっとスパイシーです。まず、そのインド本場のカレーがイギリス人に合うものにされ、次にそのイギリスカレーが日本人に合うものに変わっていきました。

 私は、「本場インドの味」と書かれたカレー店で、その本場のカレーを注文したら福神漬けが付いてきた苦い思い出があります。そして、食べたカレーは私が密かに「婦人会カレー」と呼ぶジャガイモ、ニンジン、わずかな肉、そして事もあろうに大きな玉ネギの入った地域の婦人会の炊き出しで作られたようなカレーでした。看板に「本格婦人会カレー」と書けよな、と思いました。ま、そんなことはどうでもいいのですが。

横須賀海軍カレーの誕生

dsc_1256_syukusyoumoji ちょっと横道にそれましたが、戦艦「三笠」が英国製であったように、明治期の日本海軍は英国海軍を範として訓練をしていました。横須賀にも、多くの英国海軍の艦船が入港しており、それらの艦内でカレーが食べられていました。当時の日本海軍の食事は貧弱でしたので、乗組員も多くが病気になっていました。そこで、目を付けたのが栄養価の高い英国海軍のカレーでした。
 英国海軍では、パンにカレーをつけて食していましたが、日本人には合わずご飯にかけたところ好評となり、以降、艦内食として食べられ続けました。自然と横須賀の町でも評判になり日本国中に広がるきっかけとなりました。

dsc_1258_syukusyoumoji 最近になって横須賀の海軍カレーが脚光を浴びたのは、突然、横須賀市当局が地域振興のツールとしたからです。発見された海軍のカレーレシピ基づいて再現されたカレーを「横須賀海軍カレー」と名付けキャンペーンを張りました。マスメディアもこれに乗ったお陰で、横須賀海軍カレーは結構知られるようになったのです。

 横須賀に出ていくからには、「横須賀海軍カレー」を食すべきだと思っていました。それも、今回の食するタイミングは、戦艦「三笠」を訪れる直前の昼食です。期待は、いやがうえにも高まっていました。

      続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "横須賀の海軍カレー・ストーリー"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.06

横須賀の記念艦「三笠」訪問記(3)

スポンサードリンク


dsc_1286_syukusyoumoji 前回は、横須賀の戦艦「三笠」に乗艦して見学したレポートでしたが、今回は「三笠」を少し離れたところから見た記事を書いていきたいと思います。

「三笠」は地べたの上

 まず、お断りしておきたいことは、「三笠」は海の上に浮いていないことです。え!と思われるでしょうが、これが地べたに埋め込んであるのです。何故このような奇怪なことになったのかは、承知していないのですが、とにかく残念です。船というものは、海の上に浮かんでいて、少し揺れていることが体感できてこそ船の存在が感じられるのですが、「三笠」は微動だにしません。

 見学者の学生らしき二人連れが、「これじゃ、まるでタミヤのウォーターラインシリーズじゃないか」と話していましたが、全くその通り。英国のテムズ川に浮かんでいる保存艦「HMSベルファスト号」を見習ってほしいものです。でも、その英国でも、確かティー・クリッパーのカティサークは、ドックのような所に上架してしていたような記憶もあるのですが・・・。それでも、カティサークを地べたに埋め込むことはしていません。

艦首のお話

dsc_1317_syukusyoumoji さて、艦首ですが、菊のご紋章が燦然と金色に輝いています。このご紋章は、帝国海軍全ての艦船に着いていたわけではなくて、戦艦、巡洋戦艦、巡洋艦等の比較的大きな艦に付けられていたようです。
 写真では見えませんが、艦首はいわゆる「衝角」 ラム構造で出っ歯のように突き出ています。軍艦は、砲弾の貫通力と艦体の装甲の強さのいたちごっこですが、帆船時代から常に艦体の装甲の方が砲弾より勝っていました。
 そのため、大砲の弾では穴を開けて沈めることができないため、艦首を尖らせて体当たりで沈める戦法がとられました。明治期にもそのような戦法が活きていた時代だったのでしょう。

dsc_1325_syukusyoumoji 余談ですが、映画「ベン・
ハー」では、ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)はガレー船に捕らわれていましたが、そのガレー船に敵のガレー船が、衝角を用いて突っ込んでくるシーンが印象的でありました。

アンカーのお話

 次にアンカー(錨)です。アンカー自体はそうめずらしい形ではないのですが、その収納方法が面白いと思いました。いわゆるアンカーベッド方式で、投入時には斜面を滑り落ちるような感じです。

dsc_1319_syukusoumoji 錨を揚げるときには、アンカーベッドの横にあるデリック(クレーン)を用いるようですが、通常のアンカーホールの方が簡単に思えます。

「Z」旗が見えます。

 マストを見上げると、前マストには「Z旗」、この旗は、本来 アルファベットの「Z」を表し、漁船等の「投網中」を意味するものですが、日本海海戦時には、「皇国ノ興廃コノ一戦ニアリ。各員一層奮励努力セヨ。」の信号旗として掲げられました。
 後マストは、見えにくいのですが、連合艦隊司令長官座乗の将官旗であると思われます。あまり自信はありませんが・・・

30cm主砲のお話

dsc_1324_syukusyoumoji 一段と目を引くのが、30cm連装主砲ですが、本物ではありません。それらしく新しく作られたものです。この本物の主砲が、我が宗像・福津市の東郷神社に保存されているのです。ただし、砲身の先端部だけ。なんでも、終戦時に切断されて、八幡の溶鉱炉に投げ込まれそうになったのを、地中に隠して難を逃れて現在の保存にいたったようです。ここには、何と三笠のオリジナルの探照灯まで保存されていますので、興味のある方で福岡県内の方は、ぜひご覧になって下さい。県外の方は、ガッカリされるといけませんのでよく考えてください。

スポンサーリンク

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.04

横須賀の記念艦「三笠」訪問記(2)

スポンサードリンク


dsc_1280_syukusyoumojidsc_1279_syukusyoumoji  「三笠」近くの観覧券売所で、500円の券を買っていよいよ乗り込みです。左舷側後部にあるギャングウェイ(階段)を登るとチケットをちぎる人が迎えてくれます。ギャングウェイを登り切ると後甲板に出ました。
 後甲板には下に通じるラッタル(階段)があり、ここを降りると司令長官室や艦長室などがある中甲板となります。帆船時代の名残かスターン(艦尾)最後部には、東郷司令長官の居室があり、ここには明治天皇の御真影が掲げられていることから艦内でも一番神聖な部屋でもありました。

dsc_1284_syukusyoumojidsc_1275_syukusyoumoji  この居室は、家具調度も立派なもので、また、艦尾を取り巻くスターンウォーク(艦尾を取り巻く外回廊)に通じる唯一のドアがあり、このスターンウォークも長官専用なのです。
 司令長官居室に隣接して司令長官公室があります。ここは、テーブルや暖炉などもあり会議等に使用していたようです。この部屋には東郷司令長官の遺髪が展示されています。

dsc_1283_syukusyoumojidsc_1277_syukusyoumoji また、この付近には司令長官の寝室や浴室があります。英国製の艦だからかどうかわかりませんが、浴室のバスタブ等は西洋式で、東京のビジネスホテル以上に味も素っ気もありません。もう少し、何とかならなかったのかと思いますが、軍艦ですから仕方がありません。
 当時の日本では、このような巨大な軍艦を建造する技術がなかったから仕方がないのですが、太平洋戦争に参加した戦艦金剛さえも1913年建造で、「三笠」と同じビッカース社製であることはあまり知られていない事実です。

dsc_1278_syukusyoumojidsc_1310_syukusyoumoji 話を中甲板に戻しますが、あと士官室や15cm副砲、様々な展示物を見ることができます。なお、舷側にハリネズミのように配置された副砲群も、やはり帆船時代の戦闘艦の名残を感じさせてくれます。展示物の中で興味を引いたのが、「三笠」のデッキに敷き詰められていた分厚いチーク材でした。私達のヨット、アクのデッキにも一部チーク材を敷いていますが、その厚さの差は、沖縄のレストランのステーキとカミさんが西鉄ストアーから買ってきた我が家のステーキくらいの差があります。

       続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "横須賀の記念艦「三笠」訪問記(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

横須賀の記念艦「三笠」訪問記(1)

スポンサードリンク


dsc_1271_syukusyoumoji 神奈川県横須賀市にある三笠公園の戦艦「三笠」を訪れました。私は、昔から船が好きでそれで現在もヨットに乗っているのですが、暇があれば港に船を見に行っていました。中でも、軍艦はその無駄を省いた構造美、うちに秘めたパワーなど惹きつけてやまないものがあります。
 最近では、昨年のハウステンボスカップヨットレースの帰りに、佐世保湾内に停泊していたアメリカの航空母艦「ジョン・C・ステニス」をヨット仲間と見物に行きました。

dsc_1273_syukusyoumoji 遠い沖合に停泊している空母は小さくしか見えなかったのですが、それでも現実の空母を見るのは初めてでしたので、それなりに満足しました。
 さて、戦艦「三笠」ですが、最近ヨットで福岡県の宗像沖にある「沖ノ島」を訪問しました。その際、島の山頂の灯台に登ったのですが、その時話題になったのがこの沖ノ島の近くで行われた日本海海戦でした。1905年(明治38年)のこの海戦で、東郷平八郎連合艦隊司令長官の旗艦として活躍したのが戦艦「三笠」でした。

dsc_1334_syukusyoumoji この「三笠」が、横須賀市に記念艦として保存されていることはかねてから知っていたのですが、なかなか行く機会もなく、やっと今回行くことにしました。東京の浜松町駅から京浜東北線で横浜駅。そこで横須賀へ行くJRの横須賀線・総武線快速に乗り換えました。逗子を通る頃からウトウトしていましたが、急に目が覚めたらどこかの駅に着いていたのであわてて降りたところ、小さな人が少ない駅でしたので、間違った!と思い、電車に乗り込もうとしたらドアが閉まってしまいました。

dsc_1327_syukusyoumoji 困ったなーと思いながら辺りを見回すと「横須賀」の文字。勝手に想像していた横須賀の駅は人通りの多い大きな駅と思っていたので拍子抜けしました。
 駅からバスに乗り、横須賀市中心部へ。途中、ベスト電器でデジカメのメモリカードを購入し、名物の横須賀海軍カレーを昼食としてとりました。海軍カレーの店から、テクテクと歩いて「三笠」のある三笠公園まで10分ほど歩いて着きました。

dsc_1328_syukusyoumoji ここで、戦艦「三笠」、艦歴・概要のおさらいをしておきましょう。
○艦歴
 1902年    英国のビッカース社で竣工し、日本に回航
 1904年    黄海海戦に参加
 1905年5月  日本海海戦参加
 同年   8月  佐世保港での爆沈事故、引き揚げ
 1921年    除籍
 1945年    米軍に接収
 1961年    復元記念式典

○概要
 排水量 15,140t
 全  長    132m
 巾        23m
 吃水        8m 
 缶         25缶
 速力       18kt
 主砲30cm   4門
 副砲15cm  14門
 補助砲8cm   20門
 その他     12門
 機関銃      4門
 水中発射管   4基

 なお、余談ですが、私の母方の祖母は福津市の在住で100歳近くまで長生きしましたが、その祖母がある日、こんな話をしてくれました。
 「幼い頃のある日、海の方から、ドーン、ドーンと言う音が聞こえた。村の人々も何の音か分からなかったが、後日、東郷元帥の日本海海戦の砲声であることが分かった。」 明治生まれの祖母は、日本海海戦の砲声を福津市の農村で聞いていた記憶があったのでした。祖母は、この「三笠」の砲声も聞いていたのかもしれないと思うと感慨もひとしおでした。

         By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »