«  「立川談志 日本の笑芸百選」 NHKBS2 | トップページ | キプロス・ニコシア 空港でも一騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(29) »

2005.12.07

宗像市のどんどん亭 お好み焼きの焼き方

スポンサードリンク


 dsc_1623_syukusyoumoji 「どんどん亭」は、宗像の3号線バイパス添いにあるグルメなお好み焼きのチェーン店です。ここのお好み焼きは、私のお気に入りでよく食べに行っています。何故お気に入りかと言うと、お好み焼きをまさに自分の好みで焼けることです。

 お好み焼きというくらいですから、自分勝手に気ままに焼くのが本当だろうと思いますが、他の店では店員の人が焼いてくれて、出来上がりをテーブルに持って来るというスタイルが結構多いのです。人によっては、店員の方が焼いてくれた方が、煩わしくないし、焼き方も素人が焼くよりもいいだろうと考える方もいらっしゃると思います。

dsc_1624_syukusyoumoji それはそれで構わないし、店員が焼くスタイルの店を否定するつもりもありません。それぞれ、自分のスタイルに合うお店に行けばよいし、多様性があるほうが良いと思います。

 さて、「どんどん亭」のお好み焼きですが、通常、私は「肉ミックス玉」、700円くらい?を注文します。これには、地鶏、ベーコン、豚肉の3種類が入ります。

dsc_1625_syukusyoumoji 次に、私のお好み焼きの焼き方をご紹介します。なお、お好み焼きの焼き方は、まさに自分好みですので私の焼き方をまねする必要はありませんので、念のため。また、私の焼き方は、「どんどん亭」店内のテーブルにあるマニュアルを大いに参考にしています。

 注文すると、やがてお好み焼きの具と生地が入ったボウルが来ます。まず、上に載っているベーコン、豚肉、生姜を別の皿に移します。地鶏の身は鉄板で焼きはじめます。これは、なかなか火が通りにくいだろうと思うからです。

dsc_1629_sukusyoumoji その間に、生地と生卵が残ったボウルを手に取り、かき混ぜ始めます。空気を生地に練り込むようにかき混ぜます。あまり、グチャグチャと手早く混ぜるより、ゆっくりかき混ぜた方がいいようです。

 鉄板が十分に熱くなったら、生地を鉄板の上に落とします。私は、直径20cmくらい、生地の厚さは2cmくらいの厚めにします。他の人を見てみると、結構、直径が大きくて生地が薄い人が多いようですが、お好み焼きのホッコリとした感じを出すためにも、かなりの厚めの方が私は好きです。

dsc_1633_syukusyoumoji 生地を鉄板に落とし込んだら、火がとおった地鶏の身と小皿に取っておいている豚肉、ベーコン、生姜を生地の上に載せます。その理由は、豚肉、ベーコンそして地鶏が、鉄板とふれあうことにより焼けるにつれて旨味の入った脂が生地にしみ込んで美味しくさせるためです。

     続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

しばらくしたら、お好み焼きにコテを差し込んで、180度回転させます。これは、焼きムラを防ぐためです。また、途中で生地をコテで押さえたり、ペタペタと叩くのは厳禁です。ホッコリ感が損なわれてしまいます。

dsc_1634_syukusyoumoji 焼き始めて7分位経ったら、コテで持ち上げて焼き加減を見てきつね色に焼けていたらひっくり返し時です。コテを二つ使って思い切りよくひっくり返します。ひっくり返した直後、上手くできたとペタペタとやりがちですが、我慢してください。

 しばらくして、豚肉やベーコンの焼き方を時々見ながら、あんばい良く焼けていたら、またひっくり返します。今度は、豚肉等の載っている面が上になります。

dsc_1636_syukusyoumoji 大体生地に火が通ったので、お好み焼きソースを塗る前に、コテを使って8等分に切っておきます。こうすると、ソースがよくしみ込むことと、後で切るより豚肉等が切りやすいからです。

 上面の全面に、お好み焼きソース刷毛で塗ります。「どんどん亭」には甘口と辛口の2種類ソースがありますが、甘口は広島風のお好み焼きのソースのようで、通常は辛口ソースでしょう。もちろん、これもお好みで選んでください。

dsc_1637_syukusyoumoji 次に、青ノリをかけ、マヨネーズをかけます。そして最後に花カツオを振りかけます。青ノリ、マヨネーズ、花カツオの量はそれこそ、お好みですが、「どんどん亭」ではかけ放題です。これが、「どんどん亭」の最大のメリットだと私は思います。他の店では、私は欲求不満になりそうな時があります。

 後は、忘れずにコンロの火を消して、食べることになります。厚めの生地にしたお陰で、ホッコリとしたお好み焼きが楽しめます。私は、お好み焼きの本場大阪で、名店と言われるお好み焼き屋でも食べましたが、「どんどん亭」のお好み焼きは、これらのお店にも負けていないのではないかと思っています。「どんどん亭」は、安くて美味しい、まさにコストパフォーマンスは最高のお店の一つです。

お好み焼きの定番は大阪風 
阪・鶴橋ガード下の屋台風「手作りお好み焼き、大阪で根強い人気を誇る「千房」のお好み焼きをご自宅で!千房お好み焼き・たこ焼きギフトセット等

お好み焼きは広島風もあるよ 
広島流お好み焼き みっちゃん 
お好み焼3枚+ソース1本(300ml)セット、徳川・広島風お好み焼き(広島焼き)・定番タイプ

dsc_1628_syukusyoumojidsc_1640_syukusyoumoji ○どんどん亭宗像店

所在地  福岡県宗像市大字光岡字立浦104-3 国道3号線上り線左側、ナフコの手前
電話    0940 36-8679
 
  どんどん亭チェーン ホームページ   http://www.matsuishi.com/

 スポンサードリンク

|

«  「立川談志 日本の笑芸百選」 NHKBS2 | トップページ | キプロス・ニコシア 空港でも一騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(29) »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

11 料理」カテゴリの記事

コメント

ボボさん、今晩は。Junです。
3号線沿いの「ふそう」とは、原町の交差点付近にありますね。
元来は、北九州市に本店があるお店です。ここのお好み焼きもなかなかいいものですが、花カツオではなくカツオ粉末なのが唯一の難点です。
ただ、自分で焼けるし、ソース、マヨネーズ、青ノリもかけ放題なのはグッドです。
 私の焼き方は、どんどん亭のテーブルに備えつけの焼き方マニュアルとほとんど同じですので参考にしてください。
 それでは、美味しいお好み焼きをお腹一杯楽しんでください。

投稿: Jun | 2005.12.08 20:09

Junさん、こんばんは(*^_^*)記事を読んでいるとお好み焼きが食べたくなりました♪私は3号線沿い宗像のふそうにときどき食べに行きます。だから、次は是非どんどん亭に行ってみたいです。私自身,焼き方が下手でいつも作ってもらいます。(ρ_;) お好み焼き奉行みたいな相方です!作るときはかなり真剣★次はJunさんの焼き方で作ってもらおうと思います♪(*^-'*)>

投稿: ボボ | 2005.12.07 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/7464033

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市のどんどん亭 お好み焼きの焼き方:

«  「立川談志 日本の笑芸百選」 NHKBS2 | トップページ | キプロス・ニコシア 空港でも一騒動 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(29) »