« MP3ファイルの世界は面白い | トップページ | 福津市の「味のまるい」 子供の頃のラーメン »

2006.01.23

DIYのモールディングでインテリアを少し豪華に

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私の自宅は、築30年近くにもなる軽量鉄骨製のいわゆるハウスメーカーの住宅です。松下系のパナホームで建てられました。

 現在のハウスメーカーの住宅とは異なり、あまりインテリアなどに工夫が凝らされていなくて、ごく当たり前の住宅でした。純和式でもなく、輸入住宅のように西洋式住宅でもありません。和室のほかは、フローリングの部屋がありますが何の変哲も無い部屋でありました。

dsc_2162_syukusyoumoji  10年ほど前からDIYに目覚めた私は、この何の変哲も無い部屋のインテリア改造を試みてきました。と言っても、素人がやることですから大規模な改造はできません。そこでできるだけ木目を生かした美しいニス塗りの部位を増やしてみることにしました。

 具体的には、ドアの自作と壁の自作そしてモールディング装飾を施すことです。ドアと壁の自作については、またの機会として今回は主にモールディングを紹介します。

dsc_2164_syukusyoumoji  モールディングとはあまりなじみの無い言葉だと思いますが、簡単に言うと天井と壁の境、壁の腰板やドアまわりに入れた装飾のことです。西洋建築のインテリアには非常に多用されており、外国でこれらのモールディングを鑑賞することは私の大きな楽しみの一つにもなっています。

 少し洒落た、豪華な感じのインテリア、特にクラシックスタイルのインテリアには必ずと言っていいほど採用されていますので、今後これらに注意を払ってインテリアをご覧になると楽しさを増加させてくれると思います。

dsc_2165_syukusyoumoji  さて、私の自作モールディングは、まずオーディオルームの天井を装飾することでした。オーディオルームの天井は、薄いベージュのパネルが張ってあるだけでした。これに、適当な飾り板を張って変化をつけることにしました。

        続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

 板はホームセンターに行くと、モールディング用の板が各種販売されています。これを買ってきて、適当に切断して釘等で打ちつけるだけです。ただし、この板は、白木ですので色をつける必要があります。

dsc_2180_syukusyoumoji  私は、オイルステイン(木目を生かした着色料)のライトオークという色を選びました。この色を木に塗った後、クリアーニスで艶を出します。クリアーニスは、最低3回以上の重ね塗りを施します。

 肝心なのは、モールディングは部屋全体に及びますので、ライトオークという色を選択したら、他の廻し縁(部屋と壁の境の部材)やドアなども同じ色で塗った方がバランスが良くなりますので、全てライトオークで統一した方が良いと思います。

dsc_2169_syukusyoumoji  従って、自分の好みがどんな色なのか、ウオルナットやマホガニー系のどっしりとした重厚な雰囲気なのかライトオークなどの比較的明るめでライトな趣向なのかあらかじめ決めておく必要があると思います。

 天井にモールディングを施した後、壁と天井の境目に廻し縁を付けました。これは、今は倒産してしまった「ベターホーム」と言うホームセンターから 調達しました。この「ベターホーム」は、関西のお店でしたが、非常に趣味性の高い部材を販売していました。ナフコ等の多くのホームセンターは、品物をそろ えているだけで、趣味性、つまりデザインの多様性には全く目を向けていません。

dsc_2172_syukusyoumoji  欧米のホームセンターの決定的な違いはここにあると思います。文化の違いと言えばそれまでですが、あまりにも情けない状況の日本のホームセンターです。

 天井と壁の境目にモールディングを張り巡らした後は、ドアのモールディングです。ドアを自作後、ライトオークに塗ったら、同じ色でドアの壁枠を付けたり、ドアの表面に飾り筋を入れました。これらも「ベターホーム」で調達しました。ナフコでは調達できません。

dsc_2176_syukusyoumoji  実は、天井と壁の境のモールディングは2回行っています。最初のモールディングよりも大きなサイズのモールディング部材を見つけたため、取り替えました。この最初のモールディングの部材が廃材となったため、これを利用して額縁を作りました。

 すると、部屋の中の絵やパンフレット等の額縁の色が、部屋の全てのモールディング部材と同一になり、インテリアとしての統一感がグッと増しました。これは大きな収穫でした。

 最後に、トイレの天井もモールディングし、換気口の回りも殺風景でしたので、適当な部材を買ってきて周囲にめぐらしました。

輸入建材 モールディンブ部材 
シンプルモールディング(巾木タイプ)。 彫刻モールディング(廻りぶちタイプ・内装材・外装材・装飾材)。他

木目を生かして美しく仕上げるオイルステイン 
カルデットは室内・屋外のあらゆる木部に使用できるオイルステインです。
リボス自然塗料  カルデット。 
ロックオイルステイン木材油性着色剤 全7色。他

スポンサードリンク

|

« MP3ファイルの世界は面白い | トップページ | 福津市の「味のまるい」 子供の頃のラーメン »

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

 Ryuさん、今晩は。Junです。
DIY記事を長らく書いていませんでしたが、過去の遺産の紹介で、最近の作品でないのが残念です。
 室内壁塗りに挑戦とのこと。やはり、情報を仕入れたり手順を考えたりが大事です。
 本屋に行くと、Doシリーズと言う分かりやすい本がありますので、(背表紙が黄色い)参考にされたらよいかもしれません。
 

投稿: Jun | 2006.01.25 19:25

Junさんおはようございます。Ryuです。久々のDIY記事大変参考になりました。なかなかの仕上がりですね。外国の古いホテルの様な雰囲気が少し出ていて実にいいー感じです。実は私も2月に入ったら室内壁塗りに挑戦しようと思っています。ゆっくり準備中です。

投稿: Ryu | 2006.01.24 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/8284846

この記事へのトラックバック一覧です: DIYのモールディングでインテリアを少し豪華に:

« MP3ファイルの世界は面白い | トップページ | 福津市の「味のまるい」 子供の頃のラーメン »