« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

ソフトワームでメバル釣り

スポンサードリンク


 秋頃から、アオリイカ狙いのルアー釣り(エギング)にトライしていましたが、結局一匹も釣れないまま、シーズンの最盛期を過ぎた今、今度はメバル釣り(メバリング)に挑戦中です。

mebaru_syukusyoumoji  メバルと言う魚は、一般家庭の食卓ではなじみが薄いと思いますが、大きな眼が張り出しており、このことからメバルと呼ぶようになったそうです。元来、カサゴ(福岡ではアラカブ)の仲間で、日本の近海ではどこでも釣れ、別名「春告げ魚」とも言われているように春近くなると釣れだす魚です。

 10年以上も前に、宗像沖の地の島の西側の海で、ボートからルアー(メタルジグ)で釣ってみたところ、一投毎にメバルが釣れるという入れ食いの経験があります。その後は、ルアー釣りもご無沙汰になり、昨年のエギングでルアーフィッシングに興味を持つようになりました。

dsc_2205_syukusyoumoji  地の島の釣りでは、メタルジグという4cmくらいの小魚の形をした金属製ルアーを使用しましたが、近年ではソフトワームと言う餌の形に似せた樹脂製の柔らかいものとそれを固定するジグヘッドが人気です。ジグヘッドには、釣り針も付いています。

 どのようなソフトワームとジグヘッド選定するかですが、私は行きつけの吉田釣具店(東郷橋付近)でお店のスタッフにたずねたところ、ジグヘッドはFINAのメバル専用ジグヘッド「まっすぐ」、ソフトワームは同じくFINAの「じゃこまろ」を勧められましたのでこれらを購入しました。こんなふざけた名前のルアーで本当に釣れるのかなと少し思いました。

dsc_2212_syukusyoumoji  先週末、これらを携えて、宗像市鐘崎漁港の上八(こうじょう)の波止場に行きました。天候は、晴れで風も強くなく、海も凪いでいましたのでメバル釣りには良さそうです。

 早速、タックルをセットして、波止場の岸壁からキャストしました。なかなか生体反応がありません。岸壁沿いや船の間に、ルアーを落とし込みながら探っていきます。

dsc_2190_syukusyoumoji  この岸壁の東側には、常夜灯のある突堤があります。ここがポイントとして良さそうなので、突堤からもキャストしました。また、岸壁沿いにルアーを落とし込み、てくてく歩きながら引っ張って行く釣り方(これをテクトロと言います。テクテクトローリングの略)をしてみると、早速、魚信があり、釣り上げてみると15cmくらいのアナハゼでした。

 その後も釣れないままでしたが、岸壁でマキ餌をして生き餌で釣っているおじさんに「メバルはどうですか?」と声をかけてみると、「メバルはおらんばい」とのお言葉。さんざんマキ餌をしても、メバルが湧いてこないとのこと。

 マキ餌をしても、メバルがいないのでは、だまし餌のルアーでは釣れるはずもないと勝手に思い込み、釣りをやめることにしました。本当は、少し粘って潮の変化やメバルの回遊を待てば釣れるかもしれませんでしたが。

 エギングといい、メバリングと言いルアーフィッシングでは、最初の一匹への道はなかなか険しく遠いものです。

メバル用ソフトワーム 
めばるワーム2 シャッドテールワーム。 アジ、メバル、根魚に最適な一口ワームが登場!Cloudy's めばるわーむ II 他

メバル釣りにも使えるメタルジグ 
タカミヤ(TAKAMIYA)  メタルジグ メタ吉くん 30G。 EZ-メバルワイド 4g アカカブラ。他

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.29

福岡市中央区の「四川飯店」の坦々麺 天神福岡大丸のデパ地下

スポンサードリンク


 お蔭様で、アクセス件数が10万件を突破しました。このブログを開設して1年ちょっとでこのように多くの方々に見ていただいたことを、本当に感謝しています。これからも、みなさんのお役に立ち、喜んでいただけるようなブログにしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 さて、四川飯店とは、故陳建民氏が、日本に四川料理を広めるために1958年に東京で開いた中華料理店です。この陳建民氏は、NHKの「今日の料理」に講師として出ていましたが、私も少し片言の日本語で料理を作っていたのを記憶しています。

dvc00025_syukusyoumoji  お店は最初は、東京・新橋にありましたが、赤坂に移りました。そこで、赤坂四川飯店という名前になっています。

 陳建民氏が亡くなった後は、息子の陳建一氏が後を引き継いでいます。この陳建一氏もフジテレビの「料理の鉄人」と言う番組でアイアンシェフ「中華の鉄人」として活躍されました。

 四川料理は、北京、江南そして広東とならぶ中国の四大料理の1つであります。山椒と辛子を基本とする辛い味付けが特徴となります。その代表的な料理である坦々麺も、本場四川省のものは、スープがありません。

dvc00027_syukusyoumoji  と言うのも、「坦々」とは荷を担ぐの意味があり、元来天秤棒で道具一式を担いで売り歩いた麺であり、そのため重量がかさばるスープは使用せず、タレと麺を絡めて食べるものでありました。

 最初、陳建一氏もこのスタイルの坦々麺を出していましたが、日本人には不評でしたので、スープを入れてもっとまろやかにしたアレンジで店に出したところ、これが大当たり。以来、日本で坦々麺と言えばこのスープ入りが普通となりました。

 福岡の四川飯店ですが、福岡大丸の地下の一角に行列ができるところがあります。そこが、四川飯店福岡店です。お惣菜などを売っている端の方に、イートインできるカウンターがあります。10席ほどの椅子席ですが、よく行列ができています。

dvc00029_syukusyoumoji  メニューは、汁ありと汁なしの坦々麺が用意されています。どちらでもお好みで選んでいただいていいのですが、まずは汁なしを注文された方が無難であると思います。

 坦々麺の味は、さすがに行列ができるのも納得するほど美味しいものです。変なくせも無く、比較的サッパリとした味付けで万人受けすると思います。

 私は、坦々麺を食べたいと思うとき真っ先にこのお店が浮かびます。福岡には、坦々面が美味しい店として「中国大明火鍋城」等のお店がありますが、私には少しくせが強くて合わない面もあります。四川飯店の方が私には食べやすい坦々麺であります。

 なお、マリノアにも姉妹店があります。こちらの方が車では行きやすいと思います。

陳建一の四川飯店と関係する坦々麺 
四川飯店で修行した原宿「龍の子」の坦々麺、陳建民に師事した 「荘明義」の四川マーラー坦々麺

 

○ 四川飯店博多店
所在地   福岡市中央区天神1-4-1 博多大丸エルガーラ地下2階
電話番号 092-762-7412
営業時間 10:00~20:00 LO19:30

○ 陳建一坦々麺ハウス 
所在地  福岡市西区小戸2-2704-2 マリノアシティ福岡・ピアウォーク
電話番号 092-892-8627
営業時間 11:00~23:00 LO22:30

By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.27

驚異のデジタル地球儀「Google Earth」を知っていますか

スポンサードリンク


 先日、無料動画ソフトサイト「GyaO」の記事をアップしましたが、今回は驚嘆の地図ソフト「Google Earth」の素晴らしさを紹介しましょう。

google_earth_syukusyoumoji  検索エンジンで最も利用されていると言われている「Google」は、検索機能だけでなくさまざまなサービスを提供しています。今では、この「Google」の楽しみ方を紹介する本も現れてきているほどです。

 この驚くべき「Google」のサービスの一端としてあるのが「Google Earth」なのです。一言で言えば「デジタル地球儀」です。世界各地の地名や著名な施設名、経度・緯度を入力するとその場所の航空写真を見ることができます。しかも、無料のサービスです。

manhattan_syukusyoumoji  ニューヨークのマンハッタン、北京の紫禁城、エジプトのピラミッド、グランドキャニオンなどが、任意の高度から、そして真下を見たり、斜め下を見たりと様々なアングルで見ることができます。

 マウスのダイヤルをスライドさせると、それに合わせて高度が変化しますので、一台一台の自動車、はては通行人まで視認できる解像度の高さは、パソコンのインターネットもここまできたかと実感させてくれます。

fukuokadome_syukusyoumoji  「Google Earth」は、インターネットでサイトにアクセスするだけでは利用できません。「Google Earth」のサイトにアクセスして、そこからソフトをダウンロードしてパソコンにインストールしてください。

 基本的にはアメリカのサービスなので、ダウンロードも英語しか表示されませんが、そこは何とか頑張ってダウンロードに努めてください。なお、私の友人のパソコンでは、Windowsのシステムフォルダ名に漢字を使用していたため、エラーが出てダウンロードがうまくいかない例がありました。たいていは大丈夫だろうと思いますが・・・

 ちなみに「Google Earth」は、地球を旅するソフトですが、月面を旅する「「Google Moon」があります。こちらは、ダウンロードしなくてサイトにアクセスするだけですので簡単です。

 「Google Earth」ほどの面白さではないのですが、NASAの協力で作られたものです。月面を最大までズームインするとあるジョークが現れます。アメリカならではのユーモアなのでお楽しみに。

 「Google Moon」 アクセス先    http://maps.google.co.jp/

  By Jun

スポンサードリンク

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.25

福津市の「味のまるい」 子供の頃のラーメン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私にとって、美味いラーメンとは何なのか。少し考えてみました。それは、スープや麺が美味しく感じること。当たり前のことですが、これがなかなか難しい。

 しかし、よく考えてみると私の美味しいラーメンとは、子供の頃食べた美味しいラーメンの味が基本ではないかと考えています。私が子供の頃、今のように外食はできませんでした。  

 外食しようにも、宗像のそれも商店街から離れた地域ではお店すらありませんでした。そして、車も無いのですから、ごくたまにしかお店で食べることができませんでした。

 しかし、そのごくたまに食べるうどんやラーメンの美味しかったこと! 決して有名店でも評判がいい店でなくとも外食のうどんやラーメンは本当に美味しかった。それは、ごくたまにしか食べないことから外食は日常外の新鮮な味であったのです。

dsc_2158_syukusyoumoji  ある意味、今は不幸なのかもしれません。何を食べても、昔のような感激を味わうことが少なくなりました。外食は、日常になってしまったのです。

 ラーメンでも人気投票トップランキングのお店でよく食べてみますが、あまり美味しいとは感じません。1杯800円も客から取って、こんな味なのかと幻滅したりします。

 そこで「味のまるい」です。このお店は、色んなブログで紹介されて評判のいい店です。私の自宅から、車で10分くらいですから、なぜ今まで行かなかったのか不思議なくらいです。

dsc_2160_syukusyoumoji  福津市(旧福間町)の太郎丸交差点の西鉄ストアーの敷地内にあります。お店の前には駐車場もあり便利です。

 典型的な中華の食堂然としていて好感が持てます。逆に目立たないと言う面もあります。これが、今まで行かなかった理由のような気がします。

dsc_2155_syukusyoumoji  ラーメンと餃子を注文しました。このラーメンが、前フリで長々と述べた子供の頃のラーメンの味でした。豚骨で何とも言えない美味しさ。コクがあり、しかもしつこくないスープです。そして麺の感触の良さ。博多のラーメン独特のストレートな麺です。

 私は、スープと麺のバランスを重視します。つまり、スープの量が少ないのは絶対駄目です。たっぷりのスープの量があるラーメンを好みます。博多のラーメンの名店、「ふくちゃんラーメン」は、スープが丼からこぼれるため受け皿を使用しています。味のまるいのラーメンはそれほどではありませんが、十分な量のスープです。

dsc_2156_syukusyoumoji  「味のまるい」と津屋崎の名店「宝来軒」のラーメンはよく似ています。これらが、いわば宗像のラーメンの味ではないかと感じています。両店ともに、私の子供の頃のラーメンを思い出させてくれるラーメンなのです。

福岡の美味しいラーメン 人気順リスト 
本場博多・長浜将軍 長浜とんこつラーメン、
福岡・博多八ちゃんラーメン、福岡・博多中州屋台 一竜、九州筑豊ラーメン山小屋焼豚高菜生ラーメン等

○ 味のまるい

所在地    福津市宮司600 西鉄ストアー横
電話       0940-52-1892
営業時間 11:00~21:00
休み       水(不定)在地

スポンサードリンク

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006.01.23

DIYのモールディングでインテリアを少し豪華に

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私の自宅は、築30年近くにもなる軽量鉄骨製のいわゆるハウスメーカーの住宅です。松下系のパナホームで建てられました。

 現在のハウスメーカーの住宅とは異なり、あまりインテリアなどに工夫が凝らされていなくて、ごく当たり前の住宅でした。純和式でもなく、輸入住宅のように西洋式住宅でもありません。和室のほかは、フローリングの部屋がありますが何の変哲も無い部屋でありました。

dsc_2162_syukusyoumoji  10年ほど前からDIYに目覚めた私は、この何の変哲も無い部屋のインテリア改造を試みてきました。と言っても、素人がやることですから大規模な改造はできません。そこでできるだけ木目を生かした美しいニス塗りの部位を増やしてみることにしました。

 具体的には、ドアの自作と壁の自作そしてモールディング装飾を施すことです。ドアと壁の自作については、またの機会として今回は主にモールディングを紹介します。

dsc_2164_syukusyoumoji  モールディングとはあまりなじみの無い言葉だと思いますが、簡単に言うと天井と壁の境、壁の腰板やドアまわりに入れた装飾のことです。西洋建築のインテリアには非常に多用されており、外国でこれらのモールディングを鑑賞することは私の大きな楽しみの一つにもなっています。

 少し洒落た、豪華な感じのインテリア、特にクラシックスタイルのインテリアには必ずと言っていいほど採用されていますので、今後これらに注意を払ってインテリアをご覧になると楽しさを増加させてくれると思います。

dsc_2165_syukusyoumoji  さて、私の自作モールディングは、まずオーディオルームの天井を装飾することでした。オーディオルームの天井は、薄いベージュのパネルが張ってあるだけでした。これに、適当な飾り板を張って変化をつけることにしました。

        続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "DIYのモールディングでインテリアを少し豪華に"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.21

MP3ファイルの世界は面白い

スポンサードリンク


 携帯オーディオプレイヤーのiPodの話は以前しましたが、ハードを買っても中に入れて楽しむソフトが無ければ何にもなりません。

 それで、手持ちのCDをパソコンで読み込んでiPodに転送したりしていますが、私は以前からネットで手に入れたMP3音声ファイルを手持ちにしていたので、これらも転送して楽しんでいます。

 MP3音声ファイルとは、音声が記録されたファイルのことで、デジカメのJpegファイルは映像を記録しているのと同じようなことです。デジカメの画像ファイルは、パソコンで見ることができるように、MP3ファイルもパソコン等のデジタル機器で音を再現できるのです。

 楽曲などは、著作権の問題もありあまりほめられた話ではないので、積極的にはダウンロードしていませんが、MP3の世界では、とても市販では手に入れられない面白いものがあります。

 これらの面白MP3ファイルは、どうやって入手するかと言うと、ファイル交換ソフトを使用します。たとえば、WinMXやWinnyなどです。これらの交換ソフトをネットからダウンロードして、自分のパソコンにインストールします。

 インストール後は、ソフトを起動し、ソフトの検索窓から自分のほしい名前のファイル、例えば「ラジオ番組」と入力し、検索すると、ズラズラとラジオ番組のタイトルが付いたMP3のファイルが表示されます。

 以前、このブログで城達也氏の名調子のナレーション入りのFMラジオ番組「ジェットストリーム」のオープニング音声ファイルを紹介しましたが、このファイルも交換ソフトで入手したものです。

  私は、以前からある楽曲を探しています。ネットで見つからないかと思ってたところ、一度見かけたことがあり、ダウンロードしようかとしましたが、失敗しました。それ以降はネットにも見かけません。

 その楽曲の名は、歌手「さいたまんぞう」の曲名「なぜか埼玉」です。ご想像の通り、ふざけたコミックソングです。

 

   

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

パソコンテテレビ局 「GyaO」を知っていますか

 暮れに新しいノートパソコンを買って快適なインターネット生活を楽しんでいます。これも最新のハードやソフトの恩恵でありがたいものです。

 そこで、今日はパソコンテレビ局の「GyaO」を取り上げます。ブロードバンド回線の普及と映像の圧縮技術の進歩により画像が格段に扱いやすくなってきました。

 今までも、動く画像はインターネットでも見ることができましたが、内容や画質の点で満足がいくものはそうありませんでした。また、優良な動画コンテンツは有料のものが多く、二の足を踏む状態でした。

 「GyaO」は、無料で優秀なコンテンツを配信するインターネットテレビ局です。無料化できたのは、企業の広告が入るからです。でも、地上波のテレビ局もCMが入るのですから当たり前と言えば当たり前の話です。

 無料で配信されているジャンルは、映画、ドラマ、音楽、スポーツ等とかなり広い範囲で、映画も最初から最後まで見ることができます。そして、定期的に差し替えられていますので、飽きることはないと思います。

 私もこのごろ見始めたばかりですが、シーバスのルアー釣の解説番組や久米宏の車紹介番組などはお勧めです。

○「GyaO」を見るための環境。

1 ADSLなどのブロードバンド回線が必須です。

2、ブラウザ(インターネットを見るソフト)は、インターネットエクスプローラーが推奨されています。FireFoxはやめておいた方が良いようです。

○動作チェックと会員登録をする。

1 「GyaO」のトップページの「パソコン環境について」をクリックする。

2 「Step1」から「Step3」まで進み、「簡単30秒!視聴設定をする」をクリックし、視聴設定を済ませる。

○「GyaO」の見方

1 「PLAY」ボタンを押すと、画面が開き視聴できます。映画などは、まずCMが数本流されますので、あきらめずに待ちましょう。画面は、結構大きい画面が開きます。一昔前のデジカメの確認画像のような小さなものではありません。

2 音は、パソコンのスピーカーだけでなく、ヘッドフォンを使うと迫力が増します。

3 本当にたくさんのコンテンツがありますので、探し回ってください。しかも無料ですので心置きなく楽しめます。

○私の感想

 「GyaO」は、テレビ放送やレンタルDVDなどに大きな影響を与える芽のような気がします。テレビ放送では、放送時間を待たねばなりませんし、見損なったり録画を失敗すれば次はいつ見れるのか分かりません。また、DVDレンタルは、借りに行ったり戻しに行ったりしなければなりません。

 その点、「GyaO」は、いつでも見ることができますし、レンタル店への往復もありません。オンデマンドで、このようなテレビ番組を見られる「GyaO」は、次世代のライフスタイルにもなるような気がします。

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.17

福津市の「むっしゅあずま」のカレー

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


dsc_1811_syukusyoumojidsc_1827_syukusyoumoji 少し、カレーの話が続きますがご容赦を。今回は、福岡県福津市にある「むっしゅあずま」です。

 「昼は洋食屋、夜は居酒屋」との看板が掲げられていますが、確か数年前は「田舎の洋食屋」との看板が出ていました。地域放送局のグルメ番組にも取り上げられていた店です。

dsc_1818_syukusyoumojidsc_1814_syukusyoumoji  その地域グルメ番組で取り上げられていたのが、カレーでした。何年か前にもカレーを食べに来たことがありましたが、久しぶりに訪れてみました。

 数年前とは異なるインテリアになっていました。夜は居酒屋のイメージが強くなっており、以前の田舎の洋食屋のイメージの方が私は好きです。結局、洋食屋とも居酒屋ともつかない雰囲気では、なんとなく居心地の悪い気がします。特に、客席に垂らされている網のようなものは、居酒屋的雰囲気を醸し出しております。

dsc_1820_syukusyoumojidsc_1819_syukusyoumoji  夫婦でやっていらして、奥さんの方がメニュー持参で注文をとってくれました。カレーの単品とセットがあり、私はセットの方を注文しました。

 セットは、カレーにスープ、サラダ、コーヒーが付きます。最初のスープが来ました。ポタージュ系のスープでごく普通のスープです。

dsc_1826_syukusyoumojidsc_1824_syukusyoumoji  次にお待ちかねのカレーが来ました。ここのカレーは、辛さが選べるようですが、私はあまり辛いのは強くないので、普通の辛さにしてもらいました。

 カレーとライスが別々になっています。アラジンの魔法のランプのような銀色をした容器に入ったカレーは久しぶりに見ました。今は無き天神のサムソンのカレーを思い出しました。このようなスタイルのカレーは高級感がしますね。

 ライスがこれまた、トマトやレーズン、マッシュルームなどが入っています。サムソンのライスもレーズン入りのバターライスだったと記憶しています。

 このライスにカレーをかけて食しました。私好みのサラサラしたカレーです。ただ、少し味の方も淡白な感じで、あっさりとしたカレーが好きな方には良いかと思いますが、コクを求める方には少し物足らないかもしれません。

 カレーの後には、コーヒーが出ますが、小さめなカップではなく普通のコーヒーです。この辺は、ありがたいと思います。

 全体的に言うと、レストラン風のカレーを食べてみたい時には良いかもしれませんが、インテリアとのマッチングがもう少し合ったほうがいいかなと感じました。

 なお、「むっしゅあずま」のカレーについては、まくまクマさんのブログ「まくまクマの福岡グルメ開拓」にも記事を書いておられますので、ご覧ください。

福岡・博多の美味しいカレーをどうぞ 
博多の人気店CAFE KUROの黒カレー(辛口)、博多華味鳥チキンカレーセット、博多伽哩「博多益正DX」その他

カレー 楽天ランキング・トップ30

○ むっしゅあずま

所在地   福岡県福津市西福間1丁目28-10  (悠鳳の近く)
電話    0940-43-4231
営業時間 11:00~15:00 夜の時間は不明
定休日   不明

  By   Jun


| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.01.15

懐かしのお店達、宗像市近辺編

 今回は、宗像市内の閉店してしまったグルメ店を振り返ってみます。福岡市ほどの変化はないのですが、それでも残念ながら、閉店されたお店があります。

・ここや
 白水峠、峠の元祖的ラーメン屋、豚骨ラーメンも絶品でしたが、札幌ラーメンも大変美味でした。

・ピードモント
 3号線バイパス、洋食の美味しいレストランでした。

・高松
 須恵、中央公民館付近、釜飯がある魚料理の店でした。

・パリ屋
 津屋崎ドーム?の付近、雰囲気のいいレストランでした。

・鹿鳴春
 原町交差点付近、会社倒産で閉店、現在はうどんウエストとなっています。

・レストラン サンミオ
 花見東、ここも一軒家の雰囲気のいいレストランでした。

・源えもん
 花見南、お寿司屋さんが始めた回転寿司、ネタは新鮮でした。

 宗像近辺のお店では、いったん閉店されるとその場所に別な飲食店が入ることもなく、そのままの状態になるか、全然別な業態のお店になることが多いようです。

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

懐かしのお店達、福岡市編

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまで、多くのグルメなお店を紹介してきましたが、今回は、懐かしの、つまり残念ながら閉店してしまったお店を振り返ってみましょう。これらは、私がよく通ったお店ばかりです。

 私は、グルメ関係やいろんなお店を「ザウルス」と言う電子手帳のデータベースに記録しています。データ件数が2700件ほどになっていますが、閉店してしまった店もデータを消去せず、「閉店」という文字を付加して保存していますので、このデータを基にして振り返って見ます。なお、閉店した時期の順序ではありませんので、ご了承ください。

・新天町のロイヤル
 ラザニアが美味しかった、新天町のオアシスでした。

・山路
 西新のリヤカー通り、トマトライスのドリアが美味でした。

・気狂いピエロ
 野間三丁目、創作料理の美味さを開眼。ミートパイが秀逸、ブティックとしてまだあるかも

・トニーローマ
 天神DADAビル、アメリカから進出、名物リブバーベキュー、東京三番町にもあります。

・ロビーサアン
 天神1丁目三和ビル、広い喫茶店でした、跡が現在の益正です。

・イルムス
 リバレイン、香り高いバゲット、現在は平尾のセ・トレボンとして繁盛しています。

・福臨門酒家
 キャナル、香港の超一流店が進出、すばやい撤退でした。

・吉宗
 博多駅三井ビル、長崎の老舗、茶碗蒸しとむし寿司のセット、東京に進出。

・ニック
 福ビル2階、お洒落なお洒落な洋食器、あまりの高さにビビッてしまう喫茶でした。

・タップキッズ
 中洲・川端 タップダンスのショー、タップの名人中川兄弟中野ブラザースの監修でした。

・キャバーンクラブ
 天神、ビートルズナンバーのライブハウス、東京六本木に姉妹店あり

・湖月
 中洲の角のカレー屋さん、市内に復活しています?

・サムソン
 天神ビル、英国風カレー、レーズン入りのライスでしたね。

・鹿鳴春
 市内各所。大衆的な中華でした。

・一品香
 市内各所。餃子の一品香。とんとみかけなくなりました。

 いかがでしょうか。これらのお店の中には、私の知らないところで営業しているところもあるかもしれません。本当に、復活してほしいお店ばかりです。

  By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.01.11

宮若市の「西遊記」と「レスター」 カレーとジャズの店

スポンサードリンク


dsc_2117_syukusyoumojidsc_2119_syukusyoumoji* 2010年12月現在、先日のテレビ番組によると、この店は1年半以上前から閉店しています。 

ある日、西日本新聞の片隅に「西遊記」と言うお店の記事がありました。記事の内容は、福岡県鞍手郡若宮町にあるカレー屋さんの紹介でした。ただのカレー屋さんではなくて、ジャズのお店でもあると言うものでした。

 若宮町は宗像市と隣接しており、そんなに遠いところではありません。先日、カミさんと一緒に出かけてみることにしました。宗像市の原町、野坂を抜けて峠道を越えていくと、30号線に出ます。福間と若宮を結ぶバス路線のある道です。

dsc_2099_syukusyoumojidsc_2114_syukusyoumoji   この道を、若宮方面に走っていくと、山口と言う集落があります。同時に宗像から、福岡国際カントリーゴルフクラブの横を通っていく道との交差点があります。この付近に、「おかめうどん」と言ううどん屋さんがあり、付近に「西遊記」の看板が小さく出ていますので、この看板の指す方向に行きます。うどん屋さんからもそう遠くはないところに、「西遊記」はあります。

dsc_2111_syukusyoumojidsc_2101_syukusyoumoji  広い敷地の中の一軒家で、駐車場も十分にあります。お店の中に入ると、外観と異なり、ログキャビン風のインテリアです。入り口付近には、いろんな種類の雑誌も置いてあります。

 テーブルに座ると、近くにメニューの黒板がありました。グルメなカレー専門店らしくカレーしかありません。ビーフカレーライスで、小盛、普通盛、大盛りの三種類でそれぞれ、600円、700円、800円です。ホットとマイルドの辛さも選べます。そしていずれもコーヒー付です。

dsc_2113_syukusyoumojidsc_2107_syukusyoumoji  注文して、やってきたカレーは、ドロッとしたものです。野菜類はほとんど正体がありません。ホットを頼みましたので、少々辛いものですが、食べられないほどではなく、逆に辛いカレーをお好みの方には物足りなく感じるかもしれません。

 また、このカレーも人によって好き嫌いがでるかもしれません。「路」のカレーでも述べましたが、私はドロッとしたカレーよりもサラサラ系のカレーを好みますので、その点では私の中ではマイナス評価があります。しかし、これは人の好みですので、まずいとか美味しいとかの評価ではありませんのでご理解ください。

 コーヒーも付いて、味、値段やインテリア等の雰囲気を考えると、十分にコストパフォーマンスがあります。

 お店をやっていらっしゃるのは、年配のご夫婦のようです。ジャズと映画がお好きで、店内には、ポスターやパンフレット、写真がたくさん貼ってあります。宗像近辺にはこのようなお店はほとんどありませんから、そういった意味でも貴重なお店であります。

 午後6時からは、ジャズバー「レスター」となります。値段も少し、高めになりますのでカレー等の食事・喫茶で行くときは、午後6時以前が良いと思います。ジャズバーになると天井付近に松下の液晶プロジェクターがあり、壁のスクリーンにジャズ関係の映像を映し出すそうですので、これも楽しめるかもしれません。

全国の美味しい色々なカレー 人気順リスト 
アールティの6種類のカレーから2種類選べる
お試しインドカレーセット、有名店のスープカレーを食べ比べセットなど

私のお気に入り 東京のカレーの名店 新宿中村屋
昭和2年、日本で初めてインド式カリーを開発した老舗の「新宿中村屋」のカレーとハヤシライスの数々


○「西遊記」&「レスター」

所在地    福岡県鞍手郡若宮町山口
電話       0949-55-6603
営業時間 11:30~18:00 西遊記
       18:00~23:30 レスター
定休日   水、木

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.09

iPodを購入しました

 iPodとは、米国のアップル社が開発、販売しているデジタルのポータブルオーディオプレイヤーです。SONYのウォークマンが先鞭をつけた持ち歩ける音楽を楽しむための機器です。

 私は、ウォークマンを持っていませんが、携帯MDプレイヤーを所持しています。持ち歩いて使用することはなく、専らカーオーディオに接続して車内で楽しんでいます。カーステレオのデッキは、カセットテープのみ使用できるもので、MDはおろかCDさえも利用できません。MDプレイヤーは、AUX端子にオーディオケーブルで接続しています。

 しかし、このMDプレイヤーも購入して相当経ち、老朽化してきました。特に、シガレットライターから取っている電源関係がおかしな作動をするようになってきました。

dsc_2147_syukusyoumoji  先日、パソコンを新しく購入したことから、OSがWindowsXPになったことからiPod(60ギガモデル)の購入に踏み切りました。以前のパソコンはWindows98でしたからiPodを購入しても使用することはできませんでした。

 iPodの最大の特徴は、30~60ギガのハードディスクを搭載していることです。このことは、約7500曲~15000曲を録音できることを意味します。CD一枚に15曲ほど入っているとするとCD換算で500枚から1000枚も持ち歩けることになります。

 この小さなiPodに所有しているCDを全部入れて楽しめます。また、音楽だけでなく最新のiPodには、動画や静止画も取り込んで表示できます。つまり、音と画像に関して小さなパソコンを持って歩いているのと同じことなのです。

 私も、早速、正月休みに音楽をiPodに入れましたが、その結果、約760曲も入っています。これでも、3ギガほどですので20分の一しかハードディスクの容量を使用していません。

 760曲の内訳は、ネットから手に入れたMP3ファイル、手持ちCDです。MP3ファイルは、音楽だけでなく落語のファイルもあります。

 iPodへの転送時間は、MP3ファイルはほとんど瞬時、手持ちCDは10倍速近くで転送できますので、1枚あたり5分程度で取り込めます。

 問題は、スカパーのデジタルラジオから録音した膨大な音楽と落語のMDをiPodに入れ込むことです。技術的には、MDを再生してそのアナログ音声をパソコンにデジタルデータで取り込み、このデジタルデータをiPodに転送すればいいのですが、再生時間と同じ時間以上がかかります。おいおい時間を見つけて、シコシコやるしかありません。

 iPodの便利さと面白さは、想像以上のものがあります。今回の記事で、全部を伝えることはできませんので、いずれまた別な角度の記事で紹介したいと思います。

By  Jun

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.01.06

福岡市東区の「鮨の西村」 絶対お薦めの寿司屋、香椎花園駅前

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


dsc_2002_syukusyoumoji  寿司屋と言えば、ほとんど回転寿司しか行かない私ですが、普通の寿司屋でやっとお気に入りができました。それは、福岡・香椎花園近くにある寿司屋「西村」です。

 香椎花園前駅近くに、カミさんの実家があり、たまたま義母とカミさんの3人で食事をしたのがこのグルメ店でした。実家から歩いてすぐ行ける場所です。

dsc_2005_syukusyoumoji  とにかく、一発目から「美味い!!」と思いました。それ以来、ここ数年「西村」ですしを食べるのが楽しみとなりました。

 暮れも押し詰まった一日。義母、カミさん、そして私の3人でささやかな忘年会を兼ねて「西村」に行ってきました。

dsc_2012_syukusyoumjoji 私は「上にぎり」(2100円)、義母たちは「レディースセット」を注文しました。それに、茶碗蒸しと赤だしをつけてもらいました。

 「上にぎり」がやって来ました。大皿に綺麗に盛り付けてあります。ここの寿司は、ネタも良いのですが、握り方も本当に上手だと思います。私は、あまり寿司のことは知らないのですが、この握り方がちょうどいい塩梅です。宗像の寿司屋では、握り方が良くなくて団子のような寿司を出すところがあります。

dsc_2019_syukusyoumoji  このパラットするような、それでいてバラけない寿司の握り方は私の好みに非常に合います。もちろん、寿司飯と魚等のネタのバランス、味、どれをとっても文句のつけようがありません。

 お金を出せば、もちろん美味しい寿司はあるのでしょうが、この値段でこの寿司ならば、私がよく言うコスト・パフォーマンスは最高です。

dsc_2015_syukusyoumoji  そして、赤だしや茶碗蒸しが、また良い味です。私が、最初に感心したのがこの赤だしでした。これほど美味しい赤だしは久しぶりでした。まさに出汁がよく効いているとはこのことでしょう。

 比較してはルール違反でしょうが、回転寿司屋さんの赤だしとはこれほど違って良いのでしょうか。私は、この赤だしだけでも、来て良かったといつも思います。

dsc_2022_syukusyoumoji   このお店は、若いご夫婦で営業していますが、とても良い感じのお二人です。お店の中に、ご主人とジャズドラマーの村上”ポンタ”秀一氏とのツーショット写真が掲げられています。聞いてみると、何でもご主人はドラムをやっていて、そのご縁でポンタ氏が来店されたそうです。

 西鉄宮地獄線の「香椎花園前」駅近くの小さな寿司屋さんですが、近くに行かれた時は、是非寄っていただいたらと思う寿司屋さんです。

福岡・博多の寿司を色々 
博多の老舗料亭 てら岡 鯖寿司博多押し・あなご寿司博多押し、やまと寿司のちり酢など

dsc_2011_syukusyoumoji ○ すし工房 西村の鮨

所在地    福岡市東区香住ヶ丘6丁目4の6 西鉄香椎花園前駅近く
電話     092-683-3876
定休日    月曜日
営業時間 11:00~22:00
駐車場   なし (香椎花園駅前で駐車可?)

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.04

初詣は宮地獄神社

スポンサードリンク


 正月休みの間、家にゴロゴロしていても退屈なので初詣に出かけることにしました。普通、三社参りなどで福岡のこの辺の人たちが行くのは、宗像大社、宮地獄(みやじだけ?)神社そして、香椎宮か箱崎宮などでしょうか。ちょっと足を伸ばして、太宰府天満宮などもあります。

 雑煮も少し飽きてきたので、昼食を外食で取ることにしました。しかし、普通の飲食店はお休みなので、確実な所で「ロイヤルホスト」にしました。国道3号線バイパスの王丸交差点のところにあります。

 お昼時は混んでいるのかなと思っていたら、そんなにお客さんは多くなくてすぐにテーブルが取れました。

 腹ごしらえができたので、まず宗像大社に向かいました。大井の辺まで来るともう車の長蛇の列。このあたりから宗像大社までは2Km以上もあります。こんな渋滞に付き合っていられないと、宗像大社はあきらめて、宮地獄神へ行くことにしました。

dsc_2062_syukusyoumoji  用山(もちやま)から奴山(ぬやま)に抜けて津屋崎へ。そして西鉄宮地駅付近から宮地獄神社に着きました。このコースは、比較的渋滞がありませんでした。福間の駅方面からと手光(てびか)方面からの道路はすごい混雑でした。

 福間駅からの参道の一番福間側の無料駐車場に、ほとんど渋滞なしで入れることができました。ここから10分ほど歩くと神社に着くことができます。参道を歩いていくと、路の両側には食べ物を売る露店がずらりと並んでいます。

dsc_2065_syukusyoumoji  昔はこんなに並んでいなかったのにと思いながら歩きました。やがて露店ではなく、常設のお土産屋さんが立ち並ぶ通りに出ます。天気が良かったせいか、相当な人出です。このお土産屋さんは名物の「松ヶ枝餅」を普段から売っています。太宰府天満宮には有名な「梅ヶ枝餅」がありますが、あれと同じもので名前を変えただけです。

 どこか他のところで、「竹ヶ枝餅」でも売っていれば面白いのですが、そんなところはありません。

dsc_2066_syukusyoumoji  急な石段を登っていくと、すぐに社殿に着きました。この神社には日本一のものが三つあるそうです。大注連縄、大鈴そして大太鼓です。太鼓は、この太鼓より大きな太鼓が全国にあるそうですが、ここの太鼓は全て国内より調達した材料により製作されている内の全国一だそうです。じゃ日本一ではないのではないかと思いますが・・・

 鈴は450Kgもあり日本一だそうです。大注連縄は 直径2.5メートル、長さ13.5メートル、重さ5トンもあるので日本一となっています。この注連縄は、神社のシンボル的存在です。

 ここの神社は、開運商売繁昌を始め開運家内安全、開運の心願成就等、願掛けの
神様だそうでどんなことをお願いしてもよさそうです。宗像大社は交通安全。太宰府天満宮は学問の神様とキャッチフレーズがありますが、宮地獄神社は思い浮かびません。

 交通安全から入試のお願いまでかなえてくれそうですから、案外この神社一ヶ所をお参りすれば済むのかもしれません。

○ 宮地獄神社
所在地 福岡県福津市宮司
電話   0940-52-0016

  By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.01.02

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

dsc_2058_syukusyoumoji  さて、正月と言えば雑煮ですが、我が家は博多ブリ雑煮であることは、この前の鐘崎漁港での魚まつりのイベントに行ったことからもお分かりだと思います。

 昨年と同様に、今年の雑煮を紹介します。作り方や特徴などは昨年の記事をごらんいただければと思いますが、今年は魚屋さんで天然もののブリを購入しました。魚屋さんでは、養殖、半養殖、天然ものとあり、当然天然ものが一番高値です。

dsc_2057_syukusyoumoji  ブリのことは良く知らないのですが、今年の天然ものは脂が少なめでスッキリとした雑煮になりました。これはこれで大変美味しいものです。それと今年はカツオ菜が大変高いようでした。

 話は変わりますが、除夜の「行く年来る年」を見ていたらある話を思い出しました。

 それは、中学生か高校生のときの話ですが、あるお寺の息子の話でした。この辺のお寺はあまり大きくなく、お寺の鐘も鐘突き堂などもあるわけでなく、本堂の軒先に吊るしてある半鐘のようなものです。

 昔は、夕方の5時になると、サイレン代わりにこの半鐘を鳴らして地域の人たちに時刻を伝えていました。

 ある年の除夜の夜、私の級友の友達は、住職である父親から除夜の鐘を突くように言われました。鐘は、軒先に吊るされた半鐘です。級友は、言われたとおり、最初は除夜の鐘らしく一定の間隔を保って鐘を鳴らしていました。

 しかし、だんだん寒くもなってきたし早く突き終わって室内に帰ろうと思って、それからは108回までカンカンと早打ちになり出しました。最後のほうは、本人曰く、乱打に近いものとなりました。

 そうすると、村中大騒ぎになったそうです。人々は除夜の鐘の早打ちを、火事の時の半鐘の乱打と間違えたのでした。級友は、住職からも、住人からもえらい怒られたそうです。

 この級友も、今ではどこかの寺で除夜の鐘を突いているのかもしれません。

 By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »