« iPodには高性能のヘッドフォン Shure社のE2c | トップページ | 福津市の「天のじ」 宗像・東福間の天ぷら屋さん »

2006.02.10

英国スタイルの家具屋さん、「Lloyd's Antiques」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私が英国家具に興味を持ったのは、イングランドのある家を訪れたからです。場所は、ロンドンから車で2時間ほどの町、Nailsworthと言う小さな町。その町の英国人の家にホームステイしていました。

 ホームステイ先の家人が、自分の友達の家に行きましょうと言って連れて行ってくれたのがある英国人の家。この家が、古い家を買って自分でリフォームした家でした。英国人は、古い家を好みますが、この家のリフォームもその古さを生かした素敵な家でした。

 ビクトリア朝の家に、ビクトリア朝の家具。それはそれは夢のようなインテリアでした。決して豪華ではありませんが、クラシックスタイルの伝統と格式を持ったいかにも英国らしいしつらえ。

dsc_1913_syukusyoumoji  このインテリアを家主がほとんど一人で造ったと聞いてまたびっくり。家やインテリアに関する感覚、考えが日本と全く異なることを感じました。英国では、リフォームして快適さを得る事はもちろんのこと、同時に家の資産価値を高めているのでした。古い家であればあるほど、その資産価値は高まるのです。

 この家のインテリアを彩る家具がまた渋い。重厚なオーク(樫)の家具でした。決して新しいものではないのですが、逆にそれが雰囲気を良くしているのです。こんな家具をそろえた部屋を自分の家でも造れたらといいなと強く思いました。

dsc_1912_syukusyoumoji  この時の思いを実現するにはいたっていませんが、博多の家具屋さんでこのオークの家具を専門に取り扱っている家具屋さんを見つけました。それが川端町にある博多リバレインの1階にある「Lloyd's Antiques」です。

本店が東京にある家具屋さんの支店です。置いてある家具は、英国調の主に、オーク、チークそしてマホガニーなどの木目を生かした落ち着いた色調のものばかりです。主に、1800年代、1900年代初期のヴィクトリア様式、カントリーアンティークをメインに取り揃えているようです。

dsc_1906_syukusyoumoji  机、サイドボード、キャビネット、椅子など数は少ないのですが、その一貫した様式美、材質感などはとても素晴らしいものです。当然、値段もそれなりのもので、なかなか手を出せません。 

 それでも、在りし日の英国を想いだすために時々出かけて、オークの家具を見ることを楽しんでいます。

○ Lloyd's  Antiques

所在地     福岡県福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン1F ホテルオークラ前
電話     092-263-8630
営業時間 10:00~20:00

  By  Jun

スポンサードリンク

|

« iPodには高性能のヘッドフォン Shure社のE2c | トップページ | 福津市の「天のじ」 宗像・東福間の天ぷら屋さん »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/8568918

この記事へのトラックバック一覧です: 英国スタイルの家具屋さん、「Lloyd's Antiques」:

« iPodには高性能のヘッドフォン Shure社のE2c | トップページ | 福津市の「天のじ」 宗像・東福間の天ぷら屋さん »