« ソフトワームでメバル釣り | トップページ | 福津市の「石臼そば あずま」 宗像に新しい蕎麦屋さんがオープン!  »

2006.02.02

ペン回しの華麗な妙技と回転寿司の食べ方

スポンサードリンク


dsc_1761_syukusyoumojidsc_1762_syukusyoumoji  時々、晩ご飯を外食する時に、寿司屋へ行くとすると回転寿司になります。普通の寿司屋に比べて、格別に安いわけでもないのでしょうが、イメージ的に安いと言うか、お好みのネタを存分に食べようとすると回転寿司に自然と足が向きます。

 回転寿司とは、東大阪市の元禄寿司が仙台でフランチャイズで開店させたのが第1号店と言われています。その後、爆発的に全国に広まり、英国ロンドンでも人気の業種となっています。

dsc_1755_syukusyoumojidsc_1748_syukusyoumoji  回転寿司の良い点は、好みのネタを自由に選べること、皿の色による表示で安心価格で食べられる点でしょう。もちろん、美味しいことも大切なことであり、居心地の良さなどを加えて総体的に満足できるかどうかです。もっとも、これらは回転寿司に限らず、どの飲食店でも求められることであり、私が常々言っているコストパフォーマンスがあるかどうかの話になります。 

dsc_1756_syukusyoumojidsc_1759_syukusyoumoji  宗像近辺にも、回転寿司がいくつかありますが、私が良く出かけるのが東郷橋近くの「海転寿司ひびき」です。このお店は、鐘崎と波津の間ににある「国民宿舎ひびき」が出している店です。

 回転寿司を食べるときに、私は作戦、戦略を考えながら皿を取っていきます。回転寿司といえども、皿の数が多くなると出費がかさみます。そのため、空腹を早く抑えるために、安くて一皿でボリュームのある鉄火巻きやサラダ巻きを最初に取ります。

dsc_1751_syukusyoumojidsc_1743_syukusyoumoji  そして、最初は比較的安めのイカやブリなどのネタからだんだん攻めて行き、中盤以降は比較的高めのネタ、そして終盤にはドドッと盛り上げていきウニやトロなどの最高値の皿でフィナーレを迎えると言うものです。皿の色は値段ごとに決められていますので、この作戦にはまことに都合がいいものです。

 いじましいと言えばいじましい作戦ですが、ある日、真剣にこの作戦に取り組んでいた時、横に家族連れが来ました。そして、小学生くらいの男の子が、私の横に座りました。ところが、この男の子が、いきなりウニだのトロだの私のフィナーレ用の皿を最初からいきなり取り、後は高めの皿ばかり取る始末。

dsc_1754_syukusyoumojidsc_1750_syukusyoumoji  周りの迷惑を考えないと言うか、ビジョンが無いと言うか、はたまた金が全てとの考え方と言うか、まことに許せない所業であります。こういうのが、大きくなったらホリエモンみたいになるのでしょう。私も、拘留前のホリエモンみたいになって、回転寿司でいきなりウニや時価と書いてある皿から食べられる身分になりたいものです。

dsc_1746_syukusyoumoji  ちょっと支離滅裂になりましたが、「海転寿司ひびき」の寿司は、この辺では一番お勧めではないでしょうか。しかし、実を言うと、本体の「国民宿舎ひびき」同様、最近、質が低下しているのではないかと思います。開店した頃と比べると、ネタの質やネタの種類が落ちています。より一層の奮起を切に望むところです。

 なお、ここのネタは、目の前のコンベヤに乗って回っている寿司よりも、壁に書いてある特別ネタの方が美味しいものが多いようですので参考にしてください。

 ところで、自宅で回転寿司をやってみたいと言う方に、最適のものがありました。

真面目に、自宅で回転寿司をやってみたい方はこれなんかどうでしょうか。

自宅で回転寿司?!NHKニュース おはよう日本 ニュース・まちかど情報室で紹介されました

 商品紹介文の中に、「あまりのことに家中大騒ぎ!」 だと・・・・

回転寿司のことが分かる書籍、本等
「旅してでも食べたい地もの旬もの回転寿司」、「回転寿司「激安」のウラ」、「回転寿司(極)ガイド」など

○海転寿司ひびき                         

所在地 福岡県宗像市東郷1168-6(東郷橋 まるきょう横)
電話   0940-34-1512

スポンサーリンク

|

« ソフトワームでメバル釣り | トップページ | 福津市の「石臼そば あずま」 宗像に新しい蕎麦屋さんがオープン!  »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

 フランカーさん、今晩は。Junです。
 サラリーマン川柳からのドンピシャリなものご紹介いただきありがとうございます。
 私も、回転寿司ばっかりです。カウンターでお好みであれこれ選んで食べたこともありません。それも、一皿に2貫載っていますので、カミさんと一つづつ食べたりしています。
 そんなときに、横で小学生が暴れ食いをされるとたまりません。紹介いただいた川柳は、本当に私の気持ちを代弁してくれていますね。
 ところで、フランカーさんの先日の蝶の写真、良かったですよ。だんだんとカメラの腕が上がっていますね。

投稿: Jun | 2006.02.07 22:09

サラリーマン川柳にこんなのがありました。
二歳だろ トロ ウニ 選ぶな 卵食え
JUNさんのお考えも大変ごもっとも。この川柳思い出してつい笑ってしまいました。

我が家はここ数年100円均一の寿司屋さんしか言ってません。ここはここで、一貫のプチゴージャスな皿を取るのに勇気が要ります(笑)
一度でいいからカウンターで握ってもらえるところに行ってみたいものです。

投稿: フランカー | 2006.02.07 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/8453941

この記事へのトラックバック一覧です: ペン回しの華麗な妙技と回転寿司の食べ方:

» 回転すしはやっぱり100円 [tsuru camera]
JUNさんのプログを参考に早速、宗像市の回転すしひびきに行って参りました。 う~ん。私の価値観で考えるコストパフォーマンスは望めませんでした・・・ いつも、100円の回転すし屋でお皿の色を気にすることなく食べている習慣があるため、ついついお皿の色が気にな...... [続きを読む]

受信: 2006.03.14 20:33

« ソフトワームでメバル釣り | トップページ | 福津市の「石臼そば あずま」 宗像に新しい蕎麦屋さんがオープン!  »