« キプロス・ファマグスタ ホテルは爆弾の犠牲に’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(31) | トップページ | キプロス・ファマグスタ ホテルで銃声が? ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(32) »

2006.03.14

宗像市の「マリー・ウェスタン・ショップ」 宗像にアメリカ西部の風 

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


dsc_2386_syukusyoumoji  遠賀町のラーメン店「南京ラーメン黒門」を食べた帰りに、波津から神湊にぬける山沿いの道路をドライブしていたら、ログハウスの喫茶店らしきものが目に留まりましたので寄って見ました。

 私は、ログハウスが大好きです。書店では、雑誌「夢の丸太小屋に暮らす」をよく立ち読みしています。また、遠賀町にあるビッグフットのログハウス展示場にも何回か足を運んで見学しました。宗像市や福津市にある「ハイポー」もログハウスのレストランで、ここも好きなログハウスの一つです。

dsc_2371_syukusyoumoji  立ち寄ったログハウスは、喫茶店と言うよりウェスタンショップでした。店名は、「マリー・ウェスタン・ショップ」と言います。ウェスタンのグッズやジュエリー、ウェアを販売しており、コーヒーやカレーなども楽しめます。

 店の裏には、犬小屋が4個もあり、その内3っつの犬小屋には犬がいました。その犬小屋の前に駐車したものですから、3匹の犬からさんざん吠えられました。もうこの辺から、西部劇の雰囲気です。なんのこっちゃ。

dsc_2373_syukusyoumoji  店内に入ると、ウェスタン関係のポスターや写真、カウボーイの小道具などが飾られており圧倒されます。西部劇は馬ですから、乗馬クラブの関係者の写真もあります。また、私は、少しガン・マニアの傾向があるのですが、嬉しいことに西部開拓の名ライフル、「ウィンチェスター」が、額装されて飾ってあります。

 このレバーアクションの銃は、60年代のTV西部劇、チャック・コナーズの「ライフルマン」やスティーブ・マックイーンの「拳銃無宿」のランダル・ライフルとしても使用されていますね。また、ところどころにはコルト・ピースメーカーなどのリボルバー拳銃が、モデルガンですがぶら下げてあります。

dsc_2378_syukusyoumoji  そのほか、インディアン・ターコイズなどのジュエリー・アクセサリーも販売されていますので、女性にも楽しく見て回れます。

 それと、ここのジュークボックスでは、50’sや60’sのドーナッツ版のアメリカン・ポピュラーが聞けます。これも、アメリカ大好きの人には魅力だと思います。

dsc_2375_syukusyoumoji  さて、私たちは、黒門のラーメンを食べたばかりなので、喫茶にしました。ケーキセットがあったので、コーヒーとチーズケーキにしました。このケーキセットは、普通の喫茶店のケーキセットでした。

 メニューを見ていますと、西部劇の定番、マリー特製ビーンズ・スープや数種類のカレーがあり、これは試してみる価値がありそうです。

dsc_2369_syukusyoumoji  喫茶を終えて、店の外に出てみると、面白いことに気づきました。私のレガシィの横にお店のステッカーが貼ってある赤い日産のステーションワゴンがあったのですが、このワゴンのルーフレールから近くの立ち木に一本のロープで結んであるのです。まるで、西部劇で馬が逃げないようにと立ち木に結んであるような感じでした。

○ マリー・ウェスタン・ショップ

dsc_2389_syukusyoumoji 所在地   福岡県宗像市池田658
Tel&Fax   0940-34-6077
営業時間 11:00~19:00(LO18:30)
休日    火曜日(祝日の場合は営業)

  By  Jun

スポンサードリンク

|

« キプロス・ファマグスタ ホテルは爆弾の犠牲に’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(31) | トップページ | キプロス・ファマグスタ ホテルで銃声が? ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(32) »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

 Ryuさん、今晩は。Junです。
 Ryuさんも、銃好きですか。男なら多少、銃や刀剣に興味を持っています。私も、秋葉原で模造刀を購入したりしています。
 もちろん、モデルガンも少し所有しています。コルトのガバメント、ルガー、ベトナム戦で活躍したM16ライフルを時々触っています。
 マグナムのエアーガンとは、ダーティハリーのキャラハン刑事が持っていたあれでしょうか。それにしても、最近のドラマや映画ではガンはどうしたのでしょうか。
 サンダース軍曹のトンプソン、ジェームス・ボンドのワルサーPPK、ナポレオンソロのワルサーP38など主人公が持つ銃は、ある意味シンボル的なものでした。
 今のドラマや映画には、このようなことがなくなりました。寂しいものです。

投稿: Jun | 2006.03.16 22:51

 ジュンコさん、今晩は。Junです。
 そうですね、このような趣味性のある店は宗像には少ないですね。maaさんも、言われてるようにウェスタンスタイルの大好きな萩原流行さんが似合うような雰囲気です。
 それと湯川山の中腹にあり自然な感じです。ドライブがてらちょっと寄ってみるのも楽しいお店です。

投稿: Jun | 2006.03.16 22:32

 maaさん、今晩は。Junです。
 オーベルジュまつむら、ご両親とお姉さんと一緒に楽しんでいただけたようで嬉しく思っています。
 私の主観で書いているブログの記事ですので、記事を読んでいただいている方に同じような感じをもっていただけるかどうかいつも心配しています。
 加辺屋のくずかけそばは、土居町の本店だけだと思います。それと、季節商品で暖かくなるとメニューから外れると思いますので、念のため確認してお出かけください。
 

投稿: Jun | 2006.03.16 22:24

Junさん今晩は!面白そうなお店ですね。ウエスタン好きな人にはたまらないのでは?私も銃は好きです。子供の頃木を削って作ったり、母の裁ちばさみをガンマンの様に回したり、親父のペンケースをベルトにつけてカーボーイの真似をしたり、色んな想い出があります。大人になってからマグナムのエアーガン買って、大事にしまってます。拳銃無宿は大ファンでした。銃身を短くしたウインチェスターを木で作って家の庭で遊んでいた事を思い出します。懐かしい思い出よみがえりました。有難うございました。

投稿: Ryu | 2006.03.16 00:00

JUNさんもマリーウエスタンショップをみつけたんですね。

 ログハウスが好きでよくマリーウエスタンショップに一息つきにでかけます。マスターの雰囲気も好きで、落ち着ける感じです。
 宗像にはあまり見かけない感じのショップです。
 また窓から見える湯川山がなんともいえず心落ち着かせます。
 気張らず、自然体で営業されているのが好感もてます。

投稿: ジュンコ | 2006.03.15 22:07

こんにちは。先日「オーベルジュまつむら」さんへ行ってきました。
とても落ちついた素敵なお店で、お料理も美味しかったです。
JUNさんが行かれた時と同じ、白ゴマのブラマンジェがデザートで出ました。
私の一番のお気に入りでした。
両親と姉を連れて行ったのですが、皆、大満足でした。
その時「マリー・ウエスタン・ショップ」さんも見かけました。
姉と「萩原流行がいそう・・・」なんて話してたんです。
それからその前の日には、「てんぷら天のじ」にも行きました。
次回は加辺屋のくずかけそばを狙ってます。(^^)

投稿: maa | 2006.03.15 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/9029581

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市の「マリー・ウェスタン・ショップ」 宗像にアメリカ西部の風 :

« キプロス・ファマグスタ ホテルは爆弾の犠牲に’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(31) | トップページ | キプロス・ファマグスタ ホテルで銃声が? ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(32) »