« 宗像市の街道そば「たからい」 旧家の座敷でおそば | トップページ | 福津市のグルメ Chezのぶくに ようこそ、ようこそ  »

2006.04.06

地上波デジタル放送はいつから?

 いよいよ地上波デジタル放送が、ここ福岡でも始まりました。福岡市の百地にあるl福岡タワーから、本放送の電波が出ているようです。出ているようですと言うのは、実は我が家では放送を未だ受信していないからです。

 この手の新し物が好きな私としては、色んな放送電波の開始ともに結構早めに導入していたものです。アナログのBS放送、CS放送、BSデジタル放送などは、ほぼ放送開始と同時に機材を購入しました。ハイビジョン放送も試験波の頃から見てきました。

 しかるに何ゆえ、今回の地上波デジタル放送の受信に出遅れているのか、いくつか理由があります。

 一つは、福岡から出ているNHKの地デジ放送の電波を我が家で支障なく受信できるか分からないことです。というのもNHK福岡が発表している開局当初の地デジの視聴可能エリアに宗像が入っていないことです。

 4月の開局当初の視聴可能エリアには、津屋崎の一部がかろうじて入っており、12月の視聴可能エリア拡大時にも宗像の私の家は、その境界線上にあるようです。もちろん、この視聴可能エリアは、一般家庭の標準的なUHFアンテナを想定していると思いますので、素子数がたくさんある強力なアンテナで受信すれば受信できる可能性はあると思います。

Img_1359_syukusyoumoji  良好な受信画像を求めている私は、すでに一般家庭ではあまり使わない大きなアンテナをすでに2本も立てていますので、これを現在受信している宗像局の方向から福岡市の百地の福岡タワーの方向に振れば良いと思いますが、ところがこの方向には裏山がぎりぎりで邪魔しているのではないかと思います。

 それと現在地デジで電波を出しているのは、NHKのみで民放各局は7月に放送開始予定です。BSデジタルと異なり、地デジではアナログの地上波、つまり現在見ている民放各局の放送と同じ放送内容、つまりサイマル放送となりますので、コンテンツとしては新鮮味がありません。

 もちろん、画質がハイビジョンとなる番組もありますので、そこは非常に魅力的ですが、BSデジタル開始した時ほどのインパクトを感じません。

 現在、UHF帯で放送している宗像局(許斐山)は、2007年には地デジ対応となるかどうか不明ですが、2006年中には宗像に向けて、福岡タワー局が増力の予定であるようです。

 なお、2006年12月に皿倉山の北九州局が地デジ対応となれば、こちらの放送波を受信する方法もあるかもしれません。

 このように福岡都市圏では地デジの受信も可能ですが、ここ宗像、特に私の家付近は裏山の関係でアンテナに投資をすれば受信可能かもしれませんが、確信が持てないのです。もっとも、家庭用の小さなアンテナで実験をしてみることもいいのかもしれませんが。

 それと地デジのチューナーも必要なのですが、これが60000円以上もします。いずれ低価格化していくことは明白ですが、チューナーの価格も導入を躊躇する原因の一つでもあります。

 なお、福岡の地デジ状況の細かい情報としては2チャンネルの「福岡の地デジ」が参考になるかと思います。

 By Jun

スポンサードリンク

|

« 宗像市の街道そば「たからい」 旧家の座敷でおそば | トップページ | 福津市のグルメ Chezのぶくに ようこそ、ようこそ  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Junさん、いろいろとありがとうございます。
私はただぼやきたかっただけなのに詳しいアドバイスまでいただいて感謝しています。
家は東区の原田です。
福岡タワーが目視できるかどうかは私にはわかりません。
見えない気もしますが・・・。
夫に聞いて確認してみます。
今までも自分でアンテナを接続(BSアナログもBSデジタルもCSもすべて)してますのでミスはしていないと思うのですが確認してみます。
週末にしか作業ができないのでまた結果をご報告します。
本当にどうもありがとうございました。

投稿: のりこっち | 2006.04.18 12:49

のりこっちさん、今晩は。Junです。
ご主人が地デジのアンテナ設置に挑戦されたそうですが、うまくいかなかったとのご相談ですね。
私も未だ、アンテナ設置をしていませんので、確かなことは答えにくいのですが、ヒントになりそうなことを書いて見ます。
 まず、レベル19までしか上がらないということですが、福岡タワーとの間に山や大きな建物がお家の近くにあって邪魔してはいないでしょうか?。福岡タワーが目視できれば大丈夫ですが、東区のどのあたりなのでしょうか。
 電波が良好に受けられる環境であれば、次は新しいアンテナなので、アンテナの不調ではなく、アンテナとチューナー部を結んでいるケーブルや接続プラグの断線や接触不良が考えられます。
 これを確かめるには、新しいアンテナでいきなり地デジではなく、FBSやTVQなどの現行のUHF局を受信されてはどうでしょうか。古いアンテナと同方向(多分中央区の小笹方向から受信されてあると思いますが)に設置して、FBSかTVQを受信できるかどうかです。TNCやRKB等のVHF局はアンテナ周波数が異なりますので受信できません。
 FBSかTVQが受信できれば、アンテナやケーブル、接続プラグ等は問題無いことになりますから、地デジチューナーにつなぎ変えて、そのまま福岡タワー方向に振って地デジのNHKを受信してはどうでしょうか。東区からであれば、小笹局から福岡タワー局へは時計回りに少し振るくらいだと思います。
 この際、アンテナ部からテレビを見ながら方向を振るのが一番やりやすいのですが、私は、小さなテレビ(14インチくらい)を屋根の上に持ち上げて直接画面を見ながらアンテナを振っています。電源は延長ケーブルで取っています。
 携帯電話で、上と下で連絡しながらやる方法でも良いのですが、案外この方法が一番確実です。もっとも、小さなテレビと延長コードが必要なので無理かもしれませんが。
 あと、意外とアンテナ線とチューナー(テレビ)のつなぎこみ方を誤っている場合があります。チューナーのマニュアルをよく読んで接続してください。衛星放送のパラボラアンテナの場合は、微力な電源をアンテナに給電しなければならないことがありますが、UHFアンテナですので、まずその必要はないと思いますが、確認しておいてください。
 すみません、思い当たることは以上です。どうしても不調な時は、その状況を詳しく教えていただければ、また考えますのでご連絡ください。

投稿: Jun | 2006.04.18 00:12

初めまして。
福岡、地デジで検索して辿り着きました。
私は詳しい事はさっぱりわからないのですが
実は昨日夫がUHFアンテナを買って来て
百道方面に向けて設置してみました。
でも、いくら調整してもレベルが最大で19までしか上がらず
放送を見る事ができませんでした。
とりあえず、あきらめたのですが・・・。
ちなみに我が家は東区です。

投稿: のりこっち | 2006.04.17 11:06

フランカーさん、今晩は。Junです。
私も、アナログBS放送の開始当時のTDKのセンターフィード、つまり真円の50cmの衛星アンテナを今でも使用しています。ヘリカルコイルを使用したこのアンテナも当時では最高の性能を誇っていましたが、現在のオフセット、つまり楕円のアンテナの小型にも性能は負けますね。
 でも、このアンテナの設置には苦労しました。ピンポイントでアンテナの水平角度、垂直角度を合わせなければなりませんでしたし、近所には方向が参考になるような衛星アンテナは皆無だしでしたが、角度が合って突然画像が現れた時は、本当に感動しました。
 地デジのUHFアンテナを設置する時はどんな感じなのでしょうかね。やはりデジタルですから、アッケなく映ってしまうのでしょう。
 外部チューナーはやはり内臓チューナーに画質は負けてしまうのでしょう。リモコンの操作やテレビの外部入力の切り替えなども煩わしいですね。
 私の家の1500もまだまだ映りますので、当面は買い替えはありません。プラズマや液晶よりもハイビジョンの画質は上だと思っていますので、そんなに買い換えようと思う気持ちもありません。
 しかし、36インチ以上の映像を求めようとすると薄型テレビになるのも仕方がないことなのでしょう。
 ところで、テレビの画質は仰るとおり、明るさではありません。黒がいかにしまり、しっとりとした画調になるかだと私は思っています。普通の家庭では、テレビの画面が明るすぎるし、ほとんど画質など調整しようとすらしていません。
 ニュースなどは必要ないでしょうが、映画などはやはり古い映画と新しい映画は、映画ファンであればそれぞれ適切な画質調整をして見たほうが、もっとと楽しめるのではないかと思います。こんなことを言うからマニアだとかオタクだとか言われそうですが。

投稿: Jun | 2006.04.12 20:58

こんにちは、Junさん。
我が家も現状BSデジタルのみで地デジは未対応です。D1500がまだまだ調子いいし、HD化されるとはいえサイマル放送。そのHD化も一部のコンテンツであり、まだまだ左右に帯のついたアップコンバートのニセHDが多いと言いますし、録画も結局ダウンコンバートせざるを得ない環境。これでは魅力を感じません。

地デジの難しいところはJunさんおっしゃるとおり、空から直接降ってくる電波を障害物なく受けられるBSと違い、本当に受かるのかどうかやってみなくちゃ分からない、という部分です。
その家の受信状況(ビルや山)、アンテナ性能、そして家屋の配線のケーブル品質まで問われます(配線でNGとなるとものすごく厄介です)
一方で、受信状況(の悪化)によってだんだん画質が悪くなりノイジーになっていくアナログと違い、デジタル放送は0か100、綺麗に映るか全く映らないかのどちらかです。BSアナログの時はアンテナを大型化したところMUSEのモノスコープ画像で擬似輪郭が消え画面のS/N向上が確認出来ましたがデジタルは映ればOK、という世界ですよね。融通が利かないというかなんというか(苦笑)。
ちなみに私の買い替え経験では、MUSE時代の50cm口径の2万円のBSアンテナよりも最新の40cmデジタル対応アンテナ(8000円)の方が受信レベルは高くなりました。それだけ悪天候時でのマージンが稼げるわけで、技術の進歩を感じます。

外部チューナーを用いると、TVでは入力切替と音量、選局は外部チューナーと二つのリモコンを駆使するのが嫌で、私は単品チューナーよりは内蔵のTV(さすがに液晶かPDPになりますかねぇ)にゆくゆくはシフトしようかなと思っています。実家でビクターのMUSEハイビジョンに単品のシャープBSデジタルチューナーをつなげていますが、TVのチューナーとシャープのチューナーでコントラストが全然違い、BSデジタルを見るときはコントラストをかなり下げてやらないと目が痛くなるくらいです。
NTSCとHD、さらに外部機器となると画質を均一化するのはとても難しいです。画質よりも明るさだけを追求しているメーカー、結構ありますからね。

投稿: フランカー | 2006.04.12 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/9415592

この記事へのトラックバック一覧です: 地上波デジタル放送はいつから?:

« 宗像市の街道そば「たからい」 旧家の座敷でおそば | トップページ | 福津市のグルメ Chezのぶくに ようこそ、ようこそ  »