« 消防のサイレンが鳴った、その時あなたは? | トップページ | 宗像市の街道そば「たからい」 旧家の座敷でおそば »

2006.04.02

キプロス・ファマグスタ サラミスの遺跡 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(33)

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


1974年3月31日 キプロス・ファマグスタ サラミス(Salamis)遺跡

サラミス遺跡までおんぼろバスで

 朝、8時頃、フロリダホテルの一室で起床。海の見えるレストランで朝食。午後からは、カンターラへの観光ツアーを予約していたので、午前中に近くのサラミス遺跡の見学でもしようと思いました。

Salamis_ruins_01_syukusyoumoji  サラミス行きのローカルバスの停車場に行きました。30分おきくらいにバスは来るとのこと。やってきました、おんぼろバスが。乗り込むと、乗客は私を入れて二人だけ。ドアは開けっ放しのまま発車。5分もすると、昨夜、散策したオールドシティの城壁が見えてきました。城壁には、トルコの国旗が翻っていました。(注 前回の記事で城壁にトルコの旗の写真がありましたが、このバスの車内から撮影したものです。)

 乗客と運転手は知り合いらしく、運転中でもかまわず世間話ばかり。のんびりしたもんです。

Salamis_ruins_junsyukusyoumoji  バスの車掌にサラミスの遺跡で降ろしてくれるように頼んでいましたので、サラミスの近くの道にバスは停まり、車掌が「サラミス!」と教えてくれました。サラミスは、ファマグスタの北方10Kmくらいに位置しており、20分くらいの時間でいけました。

サラミス遺跡はどこにあるのでしょう

 降りて、ドアを開け放したままのバスは去ったものの、何にもないところでした。誰一人いない平地でした。バスの停車場を示すものもありませんでした。はるかかなたに小さな教会らしき建物が見えていましたが、ギリシア遺跡のサラミスはどこにあるのでしょう。

 ふと、道の近くに看板があるのに気づき、見ると英語でサラミス遺跡の方向が書いてありました。その方向に海の方へ続く小さな道がありましたので、そこを歩いていくとやがて、小さなゲートがあり、サラミス遺跡の入場券を売っていました。

Salamis_ruins_girs_syukusyoumoji  何故、サラミス遺跡に行ったかと言うと、キプロスの観光パンフレットによく出てきていたからだけでした。当時は、遺跡の歴史的意味などもわからずじまいでした。帰国後、調べてみると、かつてはアテネに次ぐ第2の都市でした。トロヤ戦争の後に発展し、その後、ペルシヤやエジプトが争奪戦を演じた後、ローマ人が入ってきて現在に残る遺跡の建物を造ったものです。

リマソルからの女子中学生が通りやんせ

 遺跡の中を歩いてみましたが、ギリシア風というかローマ風というかそのような建物の柱が残っていました。やがて疲れて、体育館跡で休んでいると、キリスト教の尼さんに引率された青い色の制服を着た少女の一団がやってきました。遠足か社会科見学みたいなものでしょうか。

 少女達は、遺跡の見学などはそっちのけで「通りゃんせ」のような遊びを始めました。キャー、キャーと賑やかなもので、思わず見ていましたら、東洋人が珍しいらしくしきりに私の方に視線を送ります。最も驚いたことには、彼女らは英語で話をしていたことでした。ギリシア人系には間違いないと思いましたが、何故英語なのでしょう。これも英国の植民地化の影響なのでしょうか。

Salamis_ruins_theater_syukusyoumoji_1  彼女らに手を振ってみると、キャーと歓声が上がりました。どこから来たのかたずねてみるとキプロス南部の都市、リマソル(Limasol)からの一行でした。金持ちの娘たちらしく上品な感じの女の子たちでした。

 体育館跡を離れて、こんどは古代の劇場跡に行きました。すり鉢上の観客席の底の方にステージがある劇場でした。観客席の最上部に上がりました。ここからは、眺めがよく先ほど通った料金ゲートやファマグスタのサラミス・ベイ・ホテルもよく見えました。このホテルも、数ヶ月先のトルコ軍侵攻により破壊されたホテルの一つでした。

劇場跡でギリシアのダンス

 この観客席の最上部には、すでに先客が数人いました。その中に、若い女性が二人いましたが、この二人が突然ダンスを始めました。陽光で明るい中、陽気なギリシア風ダンスが始まりました。

Salamis_ruins_gate_syukusyoumoji  実に楽しげなダンスで、周りで見ている人たちもニコニコとしていました。彼女らは、そんな視線にもかまわず踊り続けます。私も思わず見とれていましたが、カメラに気づきシャッターを切りました。

 やがてダンスは終わりました。観客の中から拍手が起こりました。彼女らは照れくさそうに笑いました。ギリシア風の遺跡の中でのギリシアのダンス。実によく似合う光景で、それも観光客相手のプロのダンスではなく、ギリシアの普通の人たちのダンスは、感動を誘いました。

Salamis_ruins_dancing_syukusyoumoji 次回は、サラミス遺跡からギリシア正教の聖バルナバス教会へ行きます。

 By Jun


|

« 消防のサイレンが鳴った、その時あなたは? | トップページ | 宗像市の街道そば「たからい」 旧家の座敷でおそば »

08 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/9186322

この記事へのトラックバック一覧です: キプロス・ファマグスタ サラミスの遺跡 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(33):

« 消防のサイレンが鳴った、その時あなたは? | トップページ | 宗像市の街道そば「たからい」 旧家の座敷でおそば »