« 宗像市のロイヤルホスト、私の定番(3)ハンバーグ | トップページ | 自作スモーカーでベーコン作り »

2006.05.04

エギング、ルアーで初めてのアオリイカ

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 未だ、メバルのルアー釣、メバリングも爆釣とはならずじまいのまま、アオリイカが釣れだす季節となりました。

 アオリイカのルアー釣、これはアオリングとは言わず、エギングと言います。なぜならば、ルアーの一種であるエギを使用して釣るからです。

 ルアーは、欧米のスタイルですが、このエギは古来の日本人が使用してきた和製ルアーで「餌木」とも漢字で書くようです。何と、このエギは九州が発祥の地とも言われています。

 昨年の夏ごろから、エギングを始めましたが、これがなかなかの難物で一匹も釣れていませんでした。宗像近くの漁港の防波堤に10回くらい通いましたが、当たりすら取れませんでした。

 釣れなかった原因は、経験不足ももちろんですが、釣り方もよく理解していませんでした。エギングの本をよく読んでみると、とにかくボトムを取る事。つまり、エギを海底まで着底させて、それからシャクることが肝心なようです。シャクるとは、エギを竿で踊らせるように動かすことです。

 また、あまりにルアーで獲物が釣れないものですから、ルアー釣に詳しい方に教えを請うと、ルアー釣では、ラン&ガンが大事だとのこと。このラン&ガンという用語は、ルアー釣にはよく出てくるもので、軍事用語から来たものではないかとも思いますが、つまり一ヶ所にとどまらず釣れなければ次々に釣り場所を変えていくことです。

 餌釣り師は、(ルアー界では生き餌を使用する釣り人のこと。)一ヶ所に粘って釣るスタイルが多いのですが、ルアーの場合はある程度キャストすると見切りをつけて、釣り場所を変えるほうが、釣れる確率が高まると教わりました。

 これらの知識を得て、宗像のとある漁港の防波堤にエギングに出かけました。防波堤で注意することは、スミ跡の発見です。イカが釣れた時、イカから出たスミの跡はそこでイカが釣れた証拠なのです。

 防波堤のある場所に、3ヶ所ほどのかたまってスミ跡がありましたので、そこで釣ることにしました。

 防波堤から、真正面にエギをキャストして、ボトム(海底)に着いたのを確認して竿をしゃくりながら、手前に引いていきます。海底には、海草があり時々引っかかって抵抗が感じられます。

 数度目のキャストの時、また海草に引っかかったなと思いながら、引きましたら少し様子が違います。海草から針が外れたら、スポンと軽くなるのですが、重たいままなのです。これは!と思いましたら、イカのジェット噴射が始まりました。

 強いイカの引きに、このままではラインが切れると思い、ドラグを緩めました。イカはあまり強引に引くと身切れを起こし、バレるので注意深くリールを巻き取ります。

Aoriikasyukusyoumoji  とうとうイカが水面に出てきました。茶色の胴体が見えます。そのまま、防波堤の際まで寄せました。胴体に大きなヒレが見えますのでアオリイカのようです。このままでは揚げられないので、近くの釣り人に「タモを持っていませんか?」と聞きましたが、あいにく持ち合わせが無いとのこと。この人たちは、サヨリ釣りなので持っているはずがないのでした。

 どうしようかと思いましたが、仕方がないのでラインを直接手に持ち、引き上げようとしましたら、プツン!! ライン切れです。あえなく、イカは見えなくなってしまいました。

 初めてヒットしたアオリイカを逃がしてしまいました。痛恨の極みとはまさにこのこと。しかしどうしようもありません。横のおじさんたちも、タモが無い時は、イカを20mくらい向こうのテトラの辺りまで引きずっていくか、タモを持っている人が通りかかるのを待つか、ずっと向こうの釣り人がタモを持っているかもしれないので大きな声で呼びかけるかした方が良かったかもしれないねと言ってくれました。

 悔やんでも仕方がないので、早速近くの釣り道具屋にタモを買いに出かけました。タモを手に入れて、すぐにアオリイカを逃がしたポイントに戻って、釣りはじめましたが何も釣れませんでした。

 今回の教訓。アオリイカ釣りには必ずタモを持って行きましょう。

アオリイカ釣具、あおりねっとShop
アオリイカ釣りファン必見のオンラインショップ 初心者からベテランまでエギング、ヤエン釣りの釣具が豊富ですよ。もちろん、タモもあります。(^-^;

防波堤用タモ 
玉ノ柄 ホウガ6m 長いタモ。  黒鯛工房 BLACKY 小継防波堤玉の柄 BSL 330。他

スポンサードリンク

|

« 宗像市のロイヤルホスト、私の定番(3)ハンバーグ | トップページ | 自作スモーカーでベーコン作り »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
イカを取り逃がしたのは残念ですが、余計ファイトが出てきました。小さなイカをゲットするよりは、次への期待感が出てきて返って良かったのではないかと考えるようにしています。
応援ありがとうございます。

投稿: Jun | 2006.05.06 21:37

Ryuです、今晩は!いやー、緊張して読みましたが、最後にばれてしまい全く残念です。釣れたと思ったのですが…。次はタモも買われたので是非ゲットしてください。釣りは釣れても「また行こう」釣れなくても「また行こう」と不思議な物です。お疲れ様でした。しかし残念でした!!!

投稿: Ryu | 2006.05.05 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/9887209

この記事へのトラックバック一覧です: エギング、ルアーで初めてのアオリイカ:

« 宗像市のロイヤルホスト、私の定番(3)ハンバーグ | トップページ | 自作スモーカーでベーコン作り »