« 宗像市の「和膳屋 吉田」 宗像で貴重な和食 | トップページ | 福岡市西区の「すし海香」 漁港唐泊の壁の不思議な文字? »

2006.05.27

ダッチ・オーブン ブラック・ポットに成長する鉄鍋

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_3043_syukusyoumoji  これまで、何回かダッチ・オーブンの料理、ローストチキン、パエリア、中華粥焼き芋を紹介しました。今回は、その鉄鍋こと、ダッチ・オーブンの話しです。

 ダッチ・オーブンとは、鋳鉄製のズッシリと重い蓋付きの鍋のことです。主に、キャンプなどのアウトドアで使われていますので、そういう趣味のない人にはあまりなじみのない鍋だと思います。

Dsc_3046_syukusyoumoji  そもそも、この鍋が何故ダッチ・オーブン、「オランダ人の鉄鍋」と呼ばれるのには色々な説があるようです。一つは、オランダ人の商人が売り歩いたからという説。また、他の説では、「ダッチ・オリリー」と言う開拓者が自分の名を付けたものというのもあります。いずれにしても、この鉄鍋は、アメリカの開拓の歴史とともにあり、カウボーイも愛用した鍋なのです。

 さて、ダッチ・オーブンと言っても、様々なメーカーがあるようです。定番のメーカーの一つが、「Lodge」です。アメリカの会社ですが、比較的楽に手に入るダッチ・オーブンです。この他にも、日本の「Logos」などもあります。絶対に「Lodge」でなければならないというものでは無いと思います。

Dsc_3049_syukusyoumoji 私は、「Lodge」の12インチ・ディープを購入しました。直径が30.5cmで深さが12.7cmの鍋です。このサイズなら、鶏の丸焼き、ローストチキンが楽に焼けると言うのが大きな理由です。

 ダッチ・オーブンは、普通の鍋のように手軽には扱えません。その最初の洗礼が、慣らしです。お店で購入して、すぐに材料を放り込んで料理開始とは行きません。鍋に錆止めで塗ってあるワックスをふき取った後、鋳鉄の鍋を火に慣らし、油をなじませる、いわゆるシーズニングをする必要があります。

Dsc_3050_syukusyoumoji  シーズニングとは、極簡単に言うと屑野菜等を炒めることを数回繰り返します。このやり方も、専門の書物、もしくはネットの解説等を見ながら細かいことに気をつけて行うことになります。

 そして、これが肝心で面白いことですが、料理後のメンテナンスが重要です。鋳鉄ですが、料理後に洗ってそのままでは、イッパツで赤錆だらけになります。水分を飛ばした後に、薄くオイルを塗ることが欠かせません。これが面倒と思うようであれば、残念ながらダッチ・オーブンは持たないほうが良いでしょう。

Dsc_3053_syukusyoumoji  なお、私は、このメンテナンスには「Grisco」社のショートニングを使用しています。このショートニングは、普通手に入れるのが難しく、東急ハンズで 購入しました。水分をふき取った後、このオイルを薄く鍋に塗って錆を防ぎます。また、湿気取りのために新聞紙を丸めていくつか鍋に入れて蓋をして終わりです。

 このダッチ。オーブンを使用しての料理を何回も繰り返して、その度に適切なメンテナンスをすることにより、最初は灰色であった新品のダッチ・オーブンも段々に黒光りしてきます。これが、ダッチ・オーブンが成長していわゆるブラック・ポットになる過程です。 

Dsc_3055_syukusyoumoji ブラック・ポットになると、十分油もしみこんできており、メンテナンスも楽になってきます。鍋が使い込むにつれて、ブラック・ポットになると愛着もわいてきます。この辺が、アウトドアマンにダッチ・オーブンが好まれる理由の大きなところでしょう。

   By  Jun

スポンサードリンク

|

« 宗像市の「和膳屋 吉田」 宗像で貴重な和食 | トップページ | 福岡市西区の「すし海香」 漁港唐泊の壁の不思議な文字? »

11 料理」カテゴリの記事

コメント

YAMAMOTO 29さん、今晩は。Junです。
ダッチ・オーブンはメンテナンスに手間がかかる分、愛着の出てくる鍋です。
これは、色んな道具にも言えることですが、機能を十分に発揮させるには、正しい使用の仕方と仕事をさせた後のメンテナンスでしょう。
ダッチ・オーブンにも同じことが言えると思います。

投稿: Jun | 2006.06.02 21:17

Junさん、お早うございます!YAMAMOTO 29です。
なるほど、使う人の気持ちが現われる鍋・ダッチオーブンなんですね。
使い込むほど味のある鍋になっていく。鍋の形態を見るだけでアウトドア歴や所有者の人となりが何となく推測されてしまいそうですね。

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.06.02 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10237953

この記事へのトラックバック一覧です: ダッチ・オーブン ブラック・ポットに成長する鉄鍋:

« 宗像市の「和膳屋 吉田」 宗像で貴重な和食 | トップページ | 福岡市西区の「すし海香」 漁港唐泊の壁の不思議な文字? »