« 博多湾の釣り シーバス狙い | トップページ | 宗像市の「さつまラーメン」 店主がリハビリでも奮闘 »

2006.05.14

ダッチオーブンでローストチキン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


チキンの準備

Dsc_2952_syukusyoumoji Dsc_2951_syukusyoumoji  連休のある日、週1回集まっているサークルの方々が、我が家の昼食会に集まってくれました。こんな時に、便利な料理がローストチキン、つまり鶏の丸焼きです。今回もダッチオーブンを使って料理しました。(前回ローストチキン1、 前回ローストチキン2

 まず、ローストチキンで準備しなければならないのは、もちろんニワトリですが、宗像では  ローストチキン用丸鶏をその日に用意できません。肉屋さんに丸鶏はあるにはあるのですが、大きすぎて家庭で作るローストチキンには不似合いです。

Dsc_2959_syukusyoumoji Rawhide_syukuayoumoji  それで肉屋さんに前日までに予約することになります。肉屋さんでは、注文が入ると問屋さんからその日の朝に取ってきてくれます。ちなみに私は、赤間の森林都市にある北島かしわ屋さんに毎回お願いしています。一羽1500円くらいなものです。

鶏の下ごしらえ

 今回は、1時過ぎ頃に昼食会となりますので、準備は10時頃に取り掛かりました。基本的に、鶏を火にかける時間は1時間半くらいですので、少し早すぎるくらいでした。

Dsc_2963_syukusyoumojiDsc_2961_syukusyoumoji  まず、鶏を簡単に水洗いします。気の弱い人は、この時点で駄目かもしれませんが勇気を振り絞って洗いましょう。その後、鶏に塩と胡椒をすり込む事になります。塩は、以前まで普通の塩でしたが、NHKの「ためしてガッテン」を視てからは岩塩にすることにしました。

 サンリブ(スーパー)で、岩塩を選びましたが、「ドイツの岩塩」というのを買いました。胡椒も、黒胡椒の粒を挽きましたが、胡椒挽き器が調子悪く、手も痛くなったので後は粉胡椒を振りかけてしまいました。案外いい加減なものです。

Dsc_2971_syukusyoumoji Dsc_2968_syukusyoumoji ローストチキンの塩と胡椒は、これでもかというくらいの量をすり込みます。お腹の空洞の中や表皮にこれじゃとても塩辛くて食べられないのではないかというくらいでもちょうど良いと思います。写真を見てもらえば分かるかと思いますが。

 鶏のお腹の空洞には、以前までは冷凍ピラフを詰め込んでいましたが、今回は、ニンニク3かけ、レモンの輪切り2個、我が家の庭から取ってきたローズマリー1枝だけ入れました。ピラフもあまり食べないし、風味をもっと良くしたいためにこの選択としました。

        続きがあります。下の「続きを読む」をクリックしてください。

Dsc_2973_syukusyoumojiダッチオーブンとツーバーナー 

ダッチオーブンとは、鋳物製の大きな鉄鍋です。アメリカの西部開拓時代から使われてきたもので、往年のTV映画、「ローハイド」でも、食事係りのウィッシュボン爺さんも 持っていた物です。台所では、重くて大きすぎますが、アウトドアでは使い勝手の良い鍋です。私も、ウッドデッキで使用しています。

 ダッチオーブンの底に、鶏が焦げ付かないように金網を敷いて、鶏を入れます。付け合せ用として、ジャガイモ、ニンジンを鶏の横に入れます。普通 は、コーンも入れますが、サンリブには、生憎ありませんでした。なお、付け合せの野菜は、最初から入れずに途中から投げ込むやり方もあるようです。

 ダッチオーブンの熱源ですが、今までは、トライポッド(三脚)に吊るして七輪の炭火を上下から加熱していましたが、火力の調節が意外と面倒なの で、今回からは下からはツーバーナーで焼き、上の熱源は炭火としました。ダッチオーブンのローストチキンでは、鍋の蓋に炭火を載せて鶏の背中に美味しそう な焦げ目を付ける面白いテクニックがあります。

チキンの焼き方

 ツーバーナーを点火し、ダッチオーブンを載せて1時間ほど中火で加熱します。その間に、鍋の蓋に載せる炭火を七輪で用意します。炭火は、使用できるまでに意外と時間がかかりますので、早めに火を熾さなければなりません。

 1時間ほどすると、ダッチオーブンの中の鶏もいい色になってきます。いよいよ鍋の蓋に炭火を載せます。このことにより、上下からの加熱になり、 オーブン機能が発揮されます。この時、蓋を少しずらせて、隙間を空けると蒸気が逃げてカラッとした焼き目ができます。蓋を密閉のままでいくと、蒸し鶏状に なりシットリとした仕上がりになります。これは、これで好みの問題ですのでどちらでも結構です。私は、隙間を作る方法を取っています。

 蓋の上に載せる炭は、赤く燃えている方が良さそうですが、実は白く灰になっているくらいが最も火力が強いものです。このくらいの状態の炭火を作るには時間がかかりますので早めに炭火を熾すことが必要なのです。

チキンの出来上がり

 炭火を蓋の上に載せて、30分から40分くらいすると、鶏の背中に美味しそうな焦げ目ができます。時々、蓋を開けてこの状態が確認できたら出来上 がりです。なお、ダッチオーブンの蓋は、炭火が載っており、また、非常に重たいので専用の蓋空け器(オープナー)が必要ですので購入しておいて下さい。

 ローストチキンは、出来上がりの時間が肝心で、できるだけゲストの見ている前で焼き上がるようにすると盛り上がることになります。

○ ダッチオーブンで作るローストチキンの材料

 若鶏(小ぶりのもの) 1羽
 岩塩           たくさん
 黒胡椒         たくさん
 ニンニク        3かけ
 レモン         スライス2枚
 ローズマリー     1枝
 ジャガイモ       3個くらい(適宜)
 ニンジン        3本くらい(適宜)
 (コーン)        (1本)
 炭(蓋の上)      適宜

 

私がローストチキンなどを料理する時に使用しているLodge社の12インチディープタイプのダッチオーブンです。非常に重いので、店舗で持ち帰るよりもネットのほうが便利です。
ダッチオーブン Lodge社 12インチディープ



私が使用しているツーバーナー、コールマン社の413Hパワーハウスです。非常に便利ですが、特に、災害が起こった時の非常用コンロとしても優れています。
ツーバーナー、コールマン社の413Hパワーハウス



スポンサードリンク

|

« 博多湾の釣り シーバス狙い | トップページ | 宗像市の「さつまラーメン」 店主がリハビリでも奮闘 »

11 料理」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
ダッチオーブンを持っていらっしゃるのですか。是非、取り返されることをおすすめします。
ダッチオーブンでのローストチキンは、色々な作り方があるようです。炭火を蓋に置いて、蓋を少しずらす方法は、蒸し鶏状態にならずに良い方法だと思います。
さて、ローストチキンも美味しいのですが、その内、ローストビーフにも挑戦してみようと思います。ただ、ローストチキンは、ひたすら焼けばよいのですが、ビーフは外側は焼けて、内側は少し生ぐらいの焼き加減が必要となります。失敗する確率も上がります。
ロースとビーフを焼いた時は、また記事に掲載したいと思っています。その前に、パエリアの話しも・・・

投稿: Jun | 2006.05.17 20:26

Junさん今日は!Ryuです。後輩が略奪しているダッチオーブンを取り返します。ローストチキンは何度かやりましたが、Junさんの下に網を入れるの良いですね!私はセロリや人参や玉ねぎを網の変わりにしいていました。これはこれで上手いのですが、脂っこくて…。これからは網を使います。また、蓋を少し開けておくのもテクニックですね!色々勉強になりました。感謝!

投稿: Ryu | 2006.05.17 11:43

YAMAMOTO 29さん、お早うございます。Junです。
ハンドルネームを間違えてコメントしてしまい、大変失礼いたしました。申し訳ありません。
コメントを15日の11時15分頃アップして、11時45分頃には、ハンドルネームを誤っているのに気づき、すぐに訂正しようとしましたが、ココログの回線状態が極度に悪く、ずっとコメントの訂正作業をしていました。
12時半頃まで、回線が繋がらずとうとうあきらめて、早朝に訂正作業をしようと思い、パソコンをさっき起動したら、すでにYAMAMOTO 29さんのコメントが入っていました。
以上の経過ですが、本当にすみませんでした。
さて、ダッチオーブンですが、本当に使いでがあります。また、この鍋の存在を知らない人も案外多く、そういった意味でも驚いてくれるかもしれません。
飯田高原での別荘での使用ならば、シチュエーションでもバッチリと思いますので、持っていかれてはどうでしょうか。ただし、少し高いのと大変重いのが難点ではありますが。

投稿: Jun | 2006.05.16 06:42

Junさん。今晩は!
YOKOYAMA 29でも、YOKOHAMA 29でもなく、YAMAMOTO 29です。
ダッチオーブンと言えばアウトドアの定番ですね。今はなき小倉の「キャンプ2」で眺めていたことがありました。毎年職場のサークル「山の会」で久住登山があるのですが、サークル仲間であるKさんのお兄さんが所有する飯田高原の別荘に泊めていただくことがあります。その時にダッチオーブンでのパーティーを一度、提案してみたいところですね。
ローストチキンを焼いてもよし、パンを焼いてもよし、スープを煮てもよしという万能選手ですね。
焦げ目を付けたり、蒸し焼きにするのもOKなので、それこそ「スズキの奉書焼き」を作ってみると面白いかもしれませんね。タイの御頭付きを焼いても美味しくできそうですね。

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.05.16 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10052062

この記事へのトラックバック一覧です: ダッチオーブンでローストチキン:

« 博多湾の釣り シーバス狙い | トップページ | 宗像市の「さつまラーメン」 店主がリハビリでも奮闘 »