« NTSC、PAL、SECAM、世界のテレビ放送方式は謎がイッパイ | トップページ | キプロス・ファマグスタ カンターラ城へ行く ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(35) »

2006.05.21

エギング Yes, Kouika ! イカ、初ゲット!

 予兆は、朝からありました。デッキで掃除をしていると、友人のN君から、電話がありました。
N君、「メール見た?」
私、 「うんにゃ」
N君、「初めてのイカが釣れた!」

Niharakunnokouika2syukusyoumoji_1  なんでも、今朝、5時頃から宗像のある漁港の堤防でエギングをしていて、わずか3投目くらいで、甲イカがヒットしたそうです。その甲イカを釣り上げて、すぐに携帯のメールでイカの画像を送ってくれたのでした。確かに、防波堤のコンクリの上のイカの写真がメールで送られていました。 イカの大きさが分からないと言うと、タバコの箱と一緒のメールが届きました。

 午後に、カミさんの誕生日ということで昼食をプレゼントで、釣には行けず。またお買い物につき合わされている時に、いったん帰宅していたN君からの携帯電話。「先に、イカ釣りに行ってくる。」との会話をカミさんが横で聞いており、「イカ釣りに行きたいっちゃろ。いいよ」とのお言葉。

Dsc_3102syukusyoumoji  めでたく、3時半頃から、問題の漁港に行きました。N君は、先に着いてエギング(イカ釣り)を開始していました。

 防波堤のスミ跡が付いているところは、イカが釣れた場所の証明ですからそんな場所を探します。この防波堤は、結構スミ跡がいたるところにあり、イカがよく釣れているようです。防波堤の中間くらいのところが空いていたので、エギングを始めました。

Dsc_3094_syukusyoumoji  エギングは、エギと言うルアーの一種を先の方の海面に投げ込んで、リールで巻きながらエギを動かしてイカを誘う釣り方です。この釣のポイントは、エギを確実に海底に着底させてから、シャクリと言うアクションや引きずったりすることです。

 このことに注意しながら、何度も何度もエギを投げ込みます。この釣は、釣れる時には数も出るのでしょうが、現在の状況では、1日に1匹でも釣れれば運の良い方です。1匹も釣れずに、帰る人も多くいるのです。

Dsc_3103_syukusyoumoji  夕方の6時頃、隣のN君と、釣の話でもしながら、のんびりとエギングをしていると、なんだか少し重たいものが引っかかったような感じです。あれ、おかしいなと思いつつリールを巻いていると、ひょっとしたらイカが釣れているのではないかと思いました。

 茶色いイカの体が見えましたので、あ、これはイカが釣れたと確信しました。前回のイカ取り逃がし事件では、強烈なジェット噴射によりドラグを緩めたりしましたが、今回はジェット噴射もなく、防波堤の直下まで寄せることができました。

Dsc_3108_syukusyoumoji  小さなイカでしたが、念のため、N君にタモで掬ってくれるように頼みました。タモがうまく入り、イカが防波堤の上に揚げられました。小さな甲イカでした。この防波堤は、アオリイカよりも甲イカの方がたくさん釣り上げられています。

 小さな甲イカで、エギ2倍くらいの大きさです。自分の半分くらいのエギにチョッカイを出すとは大変な食欲です。何にしても、昨年夏にエギングを始めて以来、初ゲットの甲イカです。写真を撮り、ビニール袋に入れて大事に持ち帰りました。

 N君は、今朝の甲イカを早速、昼食の刺身にして食べたそうで、大変美味しかったとのこと。我が家でも、カミさんがイカを捌いてくれて刺身にしました。薄皮を完全に剥ぐことが難しくて、所々にスミが付いていましたが、さすがに釣れたての新鮮なイカは、身がコリコリして甘みがあり絶品でした。

 来週も行かなくさ!!(博多弁)

 By  Jun

|

« NTSC、PAL、SECAM、世界のテレビ放送方式は謎がイッパイ | トップページ | キプロス・ファマグスタ カンターラ城へ行く ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(35) »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
応援のコメントありがとうごさいます。
経験豊富なバサーのRyuさんから見られたら、イカ一匹で恥ずかしい限りです。でも、はじめの一歩でした。
次は、アオリイカの大きいのを夢見てロッドを振り続けたいと思っています。
また、釣れたらご報告します。

投稿: Jun | 2006.05.23 22:21

Ryuです、こんにちは!Junさん、やりましたね!パチパチパチ!おめでとうございます。タモを使っての取り込み、前回の学習効果が100%生かされています。きっと、刺身うまかったでしょうね?次は大物狙ってください!応援しています。

投稿: Ryu | 2006.05.23 16:19

はるさん、今晩は。Junです。
こないだのクルージングお疲れ様でした。あの時、防波堤でエギングしましたが、釣れなかったのに、日を改めると釣れてしまいました。
やはり、釣は魚の居る所で釣れだと思いました。
果報は寝て待て作戦ならば、はるさん、お得意のケンケンによるトローリングでしょう。秋になったら、サワラでもいかかですか。

投稿: Jun | 2006.05.22 23:32

YAMAMOTO 29さん、今晩は。Junです。
お祝いのコメントありがとうございます。
釣師の特権は、ホンマもんの海の幸を飛び切り新鮮な状態で食べられることです。なかなかその特権を享受できませんが、今回は本当に美味しくいただきました。
カミさんは、イカの捌きなどをしてくれましたが、私が捌きから刺身まで調理すればプレゼントになったのかもしれませんが、その辺は微妙な感じです。

投稿: Jun | 2006.05.22 23:20

待望の初・甲イカゲット、おめでとうございます。
次はアオリイカですね。
僕は投入を繰り返すエギングをする根性はありませんが、エサをエギにくくりつけて、ビールでも飲みながらイカが抱きついてくるのを待つ”果報は寝て待て作戦”なら僕にもできるかなぁ、と思っています。

投稿: はる | 2006.05.22 21:38

今晩は!おめでとうございます!YAMAMOTO 29です。
Junさん!やりましたね。昨夏からの努力が報われてよかったですね。
それにしても美味そうな甲イカですね。「地産地消」という言葉をよく耳にしますが、地元の海でとれた地元の新鮮なイカをその日のうちにというのがいいですね。
きっと奥様にとっても、特上のプレゼントになったことでしょうね。

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.05.21 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10176335

この記事へのトラックバック一覧です: エギング Yes, Kouika ! イカ、初ゲット!:

« NTSC、PAL、SECAM、世界のテレビ放送方式は謎がイッパイ | トップページ | キプロス・ファマグスタ カンターラ城へ行く ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(35) »