« アメリカン・アイドル | トップページ | 宗像市の「○まんや」 仰天!、横倒しソフトクリーム »

2006.06.08

宮崎市の「おぐら本店」 チキン南蛮の元祖

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 この店を知ったのは、JR九州の広報誌、pleaseで筒井ガンコ堂氏のレポートを読んだからです。

Dsc_3166_syukusyoumoji  場所は、宮崎市の中心部、デパート前の山形屋のすぐ裏手にあります。路地のようなところの奥にヒッソリとした感じで迎えてくれます。元来チキン南蛮は、延岡市にあった大衆食堂「お食事の店 直ちゃん」が発祥であるといわれています。この延岡市の「直ちゃん」と宮崎市の「おぐら本店」がどのような関係にあるのか、はたまた全然関係が無いのか、分かりません。すみません。

 チキン南蛮とは、チキンをフライにして、それをアジの南蛮漬けのようなソースに浸して甘酸っぱい味にしたものをタルタルソースで食べるものです。店の中に貼ってある雑誌の切り抜きのようなものによると、この店の初代店主、甲斐義光氏(現在は会長)が長崎の魚の南蛮漬けをヒントに考案したアイデア料理であるとのこと。

Dsc_3170_syukusyoumoji  この切抜きには,、南蛮漬けとタルタルソースと合わせることにより、東洋と西洋の風味の融合となっているとも書いてありますが、正直言ってそれほど大層な料理ではありません。

 しかし、宮崎県下の飲食店や惣菜コーナーにはよく見られる定番メニューであり、スーパーなどでもチキン南蛮用のタレやタルタルソースが売られているといいますから宮崎の郷土料理であると言えるのでしょう。前回の記事の店、「山地どりの店 ぐんけい 隠蔵」でも食べることができました。

Dsc_3169_syukusyoumoji  店に入ると、洋食屋の雰囲気が漂っておりなかなかいい感じを受けました。カウンターに座って、すぐに「おぐらのチキン南蛮 ライス付け」 950円を注文。注文した後に、「ビジネスセット チキン南蛮 1/2 ハンバーグ1/2」 950円を発見し、こちらの方が良かったのかなと思いました。

 隣の若い男性が、すでにこのビジネスセットをモリモリと美味しそうに食べており、後悔の念がまたまた沸き起こってきましたから、そっちの方を見ないように努めました。

Dsc_3174_syukusyoumoji  やがて、チキン南蛮の皿とライスが出てきましたが、平面的な盛り方でなく山のように盛ってあり、これは食べ切れるのだろうかと正直思いました。しかし、さすがに元祖だけあって、意外とサッパリしており、タルタルソース、チキンのフライの味付けも美味しく、最後まで完食しました。

 この量と値段なら、コストパフォーマンスも合格です。なお、この「おぐら」は、宮崎にはチェーン店を展開しているようですが、微妙にこの本店とは距離を置いているようで、どうも元祖で修行した人たちが名前をもらっているようです。

Dsc_3175_syukusyoumoji  デパート前の店以外には行っていませんので、何とも言えないのですが郊外のチェーン店よりもこの本店の店の方が良いような気がしてなりませんが、どうでしょうかね。


チキン南蛮 おぐら
宮崎の元祖おぐらのチキン南蛮です。チキンはフライにされており、またタルタルソースも付いておりますので、簡単におぐらのチキン南蛮の味がご家庭で楽しめます。


宮崎県の食の特産品
宮崎県の地域特産品が一目で分かる「まち楽」のページです。



○ 「おぐら本店」

所在地    宮崎県宮崎市橘通東3-4-24 (山形デパート裏手)
電話     0985-22-2296
営業時間 11時〜15時、17時〜21時(LO20時15分)
定休日   火曜日
駐車場   多分無し

スポンサードリンク 

|

« アメリカン・アイドル | トップページ | 宗像市の「○まんや」 仰天!、横倒しソフトクリーム »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

僕も管理人様同様、本店の方が味も雰囲気も良いと思いました。
出張で何度か行きましたが、美味しいですよね~。

投稿: しゅう | 2011.11.27 18:00

YAMAMOTO 29さん、お早うございます。Junです。
いやいや、こちらこそごめんなさい。アメリカン・アイドルをご覧になれないのに、私の記事の説明が不足していたせいで誤解を与えてしまって、大変ご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。
 ところで、折尾の「かしわめし」は、私も大変好きです。JR東郷の駅でも、販売していますので専ら、釣りのお弁当としてもよく買います。
 チキン南蛮は、私も宮崎に行くまでは、宮崎発祥の料理とは知りませんでした。旅の行き先々で、思いがけない料理に出会えることは、本当に楽しいものです。

投稿: Jun | 2006.06.10 08:54

Ryuさん、お早うございます。Junです。
バジルとベーコンのチャーハンや玉子焼きと冷やし素麺など、Ryuさんのブログ Ryu's cafe http://blog.so-net.ne.jp/ryuscafe/
を拝見していますが、料理人Ryuさんならば、チキン南蛮もひとひねりをして美味しくなりそうですね。
食いだおれの大阪の近くに住んでいらして、こちらこそ羨ましい限りです。

投稿: Jun | 2006.06.10 08:14

Junさん、今晩は!YAMAMOTO 29です。
前回の「アメリカン・アイドル」では私の勉強不足を見事に曝け出してしまいました。大変失礼いたしました。
ところで、九州地方は鶏肉の消費量が多いことで知られ、九州人である私ももちろん好物なのですが(特に折尾駅の「かしわめし」が大好物です)、今や「ほか弁」の定番メニューである「チキン南蛮」の発祥が宮崎とは知りませんでした。
http://dream.miyasun.co.jp/
http://www.kaishindou.com/04chikiban/chikiban.htm
一緒に昼食をお伴している職場のU先輩がかなりの鶏肉好きなのですが、時間があれば誘って一緒に宮崎まで「チキン南蛮」&「みやざき地鶏」を食べに行きたいものですね。行きつけの食堂の日替わりメニューに、たまに「チキン南蛮」が出てくることがあります。その時は是非食してみたいと思います。

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.06.09 23:28

Junさん、おはようございます。チキンの南蛮漬け、旨そうですね!タルタルソースですか?なんとなく食感が想像できます。今度、我が家でやってみます。いつも素敵なグルメレポート有難うございます。福岡に住んでいないのが残念です。そろそろ梅雨入りです、お身体ご自愛を!

投稿: Ryu | 2006.06.09 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10433375

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎市の「おぐら本店」 チキン南蛮の元祖:

« アメリカン・アイドル | トップページ | 宗像市の「○まんや」 仰天!、横倒しソフトクリーム »