« キプロス・ファマグスタ トルコ人地区へ ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(37) | トップページ | 映画「栄光への脱出」 キプロス・ファマグスタが舞台 »

2006.06.15

宮崎市の釜揚げうどん「戸隠」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 Dsc_3182_syukusyoumoji  宮崎を代表する食べ物は、地どり料理、チキン南蛮そして釜揚げうどんだと言われています。あ、冷や汁もありました。地どりチキン南蛮は、すでに記事で紹介しました。

 私は、元来あまり釜揚げうどんを好みません。値段が比較的高い上に、それほど美味しいとは感じないからです。うどん好きの方は、この釜揚げでうどんの味がわかるとよくいいますが、なるほど素にちかいほどうどんが、直接味わえるわけですから理にはかなっていると思うのですが、私は何となく駄目です。

Dsc_3186_syukusyoumoji  それでも釜揚げうどんの店に行くのは、やはり名物と言われているものを食したい好奇心からです。

 釜揚げうどんとは、ゆでたうどんの麺を温かいつけ汁につけて食べるものです。勝負の決め手は、うどんの麺の美味さとつけ汁のできでしょう。もっとも、麺とつけ汁しかないのですからどちらが駄目でもアウトです。

Dsc_3199_syukusyoumoji  さて、宮崎の釜揚げうどんと言えば、「重乃井」、「戸隠」そして「織田薪」の三つがよくあげられます。「重乃井」は、宮崎キャンプの巨人軍の選手や長島監督がよく行くことで知られています。

 最初は、「重乃井」に行って見ようかと思っていましたが、地どりの「ぐんけい 隠蔵」で世話になったM君が、「ぐんけい」に行く途中の道で、「重乃井」よりも通りかかった「戸隠」の方がいいよと教えてくれたので、「戸隠」に行くことにしました。

Dsc_3189_syukusyoumoji  「戸隠」は、橘通りから少し入ったところにあります。周囲は、飲み屋さんも多い繁華街です。入り口からは、想像もつかないくらい広い店です。

 店内には、ずらりと有名人のサインの色紙が飾ってあります。適当なテーブルに座って、壁に貼ってあるメニューを見ると、釜揚げうどんと山かけうどん(そば)の2種類だけ。単品勝負の店は私も好きです。

Dsc_3195_syukusyoumoji  迷わず、釜揚げうどんを注文しました。注文を聞いてから、ゆではじめるらしくしばらく待つことになります。そうこうしている内に、うどんと茹で湯が入った椀と出汁つゆが入った小椀がでてきます。

 思ったより、うどんの麺は細めで、冷やし麦よりこころもち大きいかなとあんばいです。福岡の英ちゃんうどんの釜揚げうどんは、あの太い麺のまま出てきますので、この細さにはちょっとビックリしました。つけ汁をつけて食べると、美味しい!! 麺というより、独特のつけ汁が美味しいものでした。風味が何ともいえないもので、これは初めての味でした。

Dsc_3197_syukusyoumoji  うどんを食してゆっくり辺りを見回すと、面白いものを発見しました。テーブルの横に何か灰色の円筒状のものが付いているのです。最初は、何かなと思いましたが、傘立てでした。普通、店の入り口にあるものですが、そのままテーブルまで持ち込むことができるのです。それにしても、ナフコ(ホームセンター)から買ってきて、そのまま付けたようですが・・・

Dsc_3190_syukusyoumoji  高い傘などを持っている時は、店の入り口に置くと、間違って持って行かれてしまうのではと、うどんをゆっくり食べる心持にはならないでしょうから、これはグッドアイデアでしょう。

 でも待てよ、カウンターがあったがと思い、帰りに確かめると、何とカウンターの椅子一つひとつに傘立てが付けてありました。

宮崎県の観光にはこの本を 
「うらじゅん&安斎肇の「勝手に観光協会」 宮崎県・高知県」。 他

Dsc_3200_syukusyoumoji ○ 「戸隠」

所在地    宮崎市中央通7-10
電話     0985-24-6864
営業時間 18:00~2:00
定休日   日曜
駐車場   多分なし

スポンサードリンク

|

« キプロス・ファマグスタ トルコ人地区へ ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(37) | トップページ | 映画「栄光への脱出」 キプロス・ファマグスタが舞台 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

YAMAMOTO 29さん、今日は。Junです。
戸隠という屋号からすると、そば専門店と想像する方が普通なのですが、うどんがメインとしているようです。
そばは食べていませんが、案外美味いかもしれません。宮崎の椎葉のそばの店が福岡にあればいいですが、YAMAMOTO 29さんが、そばを食べられないとは残念です。

投稿: Jun | 2006.06.18 17:44

YAMAMOTO 29です。
屋号からすると、そばの方が専門なのでしょうか?
ひょっとしたら、麺つゆもメニューにある「釜揚げそば」のそれを想定したものかも知れないですね。
宮崎と言えば、椎葉に代表されるように「そば」というイメージがあります。もちろん戸隠地方のある信州に、わんこそばの岩手、そして出雲あたりもそうなのですが、残念ながらそばを食べることができない体質(単純な食わず嫌いではなく)なので、味がわからないのが残念です。中にはそばしか置いていない店もあるので、そばが有名なところへ旅行に行くと肩身の狭い思いをすることがあります。うどんも一緒に出してくれる店は非常にありがたいものです。

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.06.18 15:01

Ryuさん、今日は。Junです。
最近、仕事も忙しく、お返事のコメントが遅れがちで申し訳ありません。
カレーうどん、実はこのカレーうどんをほとんど食べたことがないのです。理由は、ハッキリ自分でもしないのですが、多分、カレーうどんには玉ネギが入っているのではないかとの勝手な思い込みのようです。
福岡・博多にもカレーうどんが名物のお店がありますので、玉ネギの有無を確認の上、挑戦してみたいと思っています。

投稿: Jun | 2006.06.18 12:13

Ryuです、今晩は!釜揚げうどんはうどんの本来の旨さを味わえるITEMですが、天婦羅うどんやキツネうどんと比べるとちょっと淋しさが有りますね。三日ほど岡山に行っていました。義兄がうどんでも食べようかって事で、うどん専門店に入りカレーうどんを頼んだのですが、義兄曰く「前回もカレーうどんやった」って言うんです。私はカレーうどんが好きな様です。テーブルとカウンターの傘たてはgood ideaですね!私、傘を忘れる常習犯です。

投稿: Ryu | 2006.06.16 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10513366

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎市の釜揚げうどん「戸隠」:

« キプロス・ファマグスタ トルコ人地区へ ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(37) | トップページ | 映画「栄光への脱出」 キプロス・ファマグスタが舞台 »