« 「LA BARRACA」 福岡・波津にあるスペイン料理店の謎とは? | トップページ | キプロス・ファマグスタ ホテルは留置所? ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(38) »

2006.06.24

神湊の釣り エギング Yes!甲イカ!!2匹目!!!

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 イカのエギングも、少し最盛期を過ぎたのか防波堤のエギンガーもだんだん少なくなってきた今日、この頃。次なるターゲットは、シーバス。

 シーバスとは、スズキ(鱸)のことでルアーで釣る魚としては、こちらの方が主流なのです。ところが、なかなか釣れないようなので、今までは手を出しかねていました。

 そもそも、さんざん餌釣をしてきたので、ルアーで魚を釣るなどの発想が無かったので、シーバスを釣ることもなかったのです。

 ところが、エギングを始めて、ルアーでも結構、釣ができることが分かってきましたので、そろそろシーバスをやるべということなりました。

 先日、博多湾でシーバスを狙いましたが、結果は不調でした。その後も、ルアーなどは買い揃えていたのでしたが、先週、宗像の釣川で、友人のN君と一緒に偵察がてらシーバスを狙っていました。

 その時に、ルアーで釣をしている人がいたので、何か釣れますかと聞くと「チヌを釣りに来ました」とのこと。ルアーでチヌを釣ることを、流行の言葉で「チニング」と言いますがはじめて見ました。

 この方に、「この辺で、スズキは釣れないのでしょうか?」と聞くと、「大潮の満潮の時に、釣るとセイゴが釣れますよ」。セイゴとはスズキの子供です。

 そこで、大潮の満潮時に、N君と釣川に朝まづめ行くことにして、今日の午前4時に釣行となりました。

 未だ、薄暗い中、目的のポイントに付きました。潮は上がってきており、ベイト(スズキの餌となる小魚)も結構居て、なかなかいい感じです。時々、スズキがベイトを追っているのか水面上に小魚が飛び跳ねたりしています。N君は、水面上で捕食している魚を目撃したそうで、我々は一生懸命ルアーを投げました。

Dsc_3361_syuikusyoumoji  しかし、ショートバイトも無くあえなく撃沈。午前6時半頃になっていましたが、エギを投げてみるかと言うことで、神湊漁港へ行きました。以前でしたら、エギンガーが防波堤に結構居たものでしたが、雨が予想されていることもあり、先行者は2名程度。

 7時半頃には、納竿予定としていましたので、エギを投げましたが、全く当りがありません。そろそろ終わろうかとしていた矢先、ラインを巻いていると何だか重たい感じです。

Dsc_3360_syukusyoumoji  当りかな?と思っていたら、水面上にイカが出てきました。N君にタモをお願いして無事に取り込みました。これが、残念ながらアオリイカではなくて甲イカでした。エギで釣っていたt近くの人が、この防波堤ではほとんど甲イカで、アオリイカは釣れないとのこと。

 この方は、今朝少し前に甲イカの2Kg近くを釣り上げたが、アオリイカではないので別な人にあげたとのこと。すごい人がいるものです。ちなみに、本人曰く、今月号の釣雑誌「釣紀行」にこの人が掲載されているそうです。

 甲イカは、別名、スミイカと呼ばれるくらい猛烈な量の墨を吐きます。釣れたら、海の中でもタモに入れたまま墨を十分吐かせます。この後、タモに入れたまま、防波堤を歩いて車まで向かいました。

 車まで戻り、釣り場にはカメラを持って行かなかったので、釣果の証拠写真を撮りました。防波堤とは異なり、イカが石ころまみれになりましたが、やっと2匹目の甲イカとなりました。

エギング用品が選びやすいフィッシング遊のエギングコーナー 
エギングロッド、エギングリール、エギ、ライン、エギケース等が豊富に選べます。

エギングでもっと釣るための本、雑誌等 売れている順リスト 
「エギング「脱!釣れない」宣言 杉原正浩のパーフェクトアオリ塾」。  「エギング100問100答 アオリイカ釣りの疑問や悩みがすっきり解決!」。 他

スポンサードリンク

|

« 「LA BARRACA」 福岡・波津にあるスペイン料理店の謎とは? | トップページ | キプロス・ファマグスタ ホテルは留置所? ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(38) »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

YAMAMOTO 29さん、今晩は。Junです。
釣は、自然が相手ですから、ストレス解消にはもってこいです。もっとも、釣れない時はストレスがたまることもありますが。
ところで、釣れたイカ、今回は塩焼きにしました。刺身も美味しいのですが、一緒に釣りに行ったN君から、フライか塩焼きも美味しいとのアドバイスがあったものですから。
塩も、岩塩の粒の大きいやつで味付けしました。もちろん、大変美味でした。

投稿: Jun | 2006.06.27 21:06

tomoさん、今晩は。Junです。
福津市の海岸のソデイカの話、私も昔から聞いていました。通称イカ拾いとも言うようです。
海の荒れた日の早朝、イカを拾う人が出ます。昔は、相当のんびりした様子でしたが、最近ではかなりの競争のようですね。
イカ拾いとは少し異なりますが、秋になると福間の防波堤には、大きなギャフ(釣り針状の大きなフック)を佐々木小次郎のように背中に背負った人が海をのぞきこんでいる姿をよく見かけます。
これも、イカを狙った人たちで、大きなイカが海面上を漂ってくるのを引っかけて取ります。このイカの種類がソデイカであるのかどうか不明ですが、一日1匹でも取れればラッキーだそうです。
若宮のたまごの里は、知りませんでした。玉子のソフトクリームは珍しいですね。今度行って見ようと思っています。貴重な情報ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2006.06.27 20:04

Ryuさん、今晩は。Junです。
ルアー釣は相当やられたみたいですね。確かに、お金がかかります。甲イカの釣れた日も、シーバス用のルアー2個、エギ1個〆て3000円もの仕掛けを海の藻屑にしてしまいました。
頭にきて、今まで1個1000円近くのエギを使用していたのを、1個280円の特売品に変えたら1発で甲イカがかかりました。
お金ではなくて、その状況にあったルアー・エギを私用するのが大事だと本当に思いました。

投稿: Jun | 2006.06.27 19:54

Junさん、今晩は!YAMAMOTO 29です。
2匹目GET!またまたやりましたね!
波津に津屋崎、そして今回の神湊といい、釣りの場所には事欠かないですね(2年ほど前に大島で釣ったときはボウズで、特産の「大島牛」が土産になりましたが・・・)。私も土日を利用してそろそろ始めてみようかなって思っています。
ところで、釣り上げたイカは美味でしたか?

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.06.26 00:42

福津市津屋崎の海岸では、台風の後などに巨大なソデイカが打ち上げられるそうです。
でも熾烈な争奪戦が繰りひろげられるそうで、一般人は手に入れるのが難しいようです。(巨大なので軽トラか何かじゃないと乗せられないそうですし、浜に打ち上げられるのを待たずに海の中に入っていって取らないといけないそうです。)
でも極厚の身は、お刺身にしても天麩羅にしても美味です。
(といっても・・・私も一回しか食べた事がないのですが・・・)
話は変わりますが、宮若市の若宮たまごの里に行かれた事はありますか?
若宮インターの近くにあるのですが、プリプリの卵がありますし、ほかにもから揚げや地元のお野菜が売っています。
http://www.eggfarm.jp/products/
ボケ卵という卵の形が少し悪いものや、殻が少し薄いものはLサイズが20個で300円、2Lサイズだと20個で500円で売っています。
(もちろん、きれいなものもあります。そちらはLサイズで10個300円です。)
とある方のブログでも紹介されていたので行ってみました。
家庭で食べる分にはボケ卵で充分ですよ。
ソフトクリームも卵入りでちょっと黄色いのですが、これもお勧めです。(ただしアイスクリームコーンがちょっと湿気ていたのはマイナスですが・・・)
またときどきお邪魔するかもしれませんので、よろしくお願いいたします。

投稿: tomo | 2006.06.25 09:12

Ryuです、2匹目の甲イカGETおめでとうございます。ルアーでの釣りは釣れると面白いですが、ルアーの選定を間違えると全くつれません。時刻、天気、水温、場所等など、これに対応するとなれば相応のタックルが必要になり金もかかります。でも、釣りってやめられない物ですね!久しぶりに釣りに行きたくなってきました。

投稿: Ryu | 2006.06.25 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10658507

この記事へのトラックバック一覧です: 神湊の釣り エギング Yes!甲イカ!!2匹目!!!:

» アオリイカ特集です [海釣り@爆釣SPOT@情報とくばん]
アオリイカ特集で御座います。みんなでアオリイカを釣りましょう!刺身にして食べましょう!イカそうめんにしてたべましょう!おいしいです!間違いなし [続きを読む]

受信: 2006.07.05 00:24

« 「LA BARRACA」 福岡・波津にあるスペイン料理店の謎とは? | トップページ | キプロス・ファマグスタ ホテルは留置所? ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(38) »