« 福岡市博多区の「ステーキハウス 蜂」 佐賀・唐津の名店のテイクアウトとお店の実食ハンバーグ | トップページ | 福岡市東区 ウナギの六騎でうな重特上 »

2006.07.23

「YouTube」で発見したサントリーの名CM動画

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


「YouTube」は宝の山?屑の山?

 この前の「YouTubeはワンダーランド」の記事はいかがだったでしょうか。ヨット仲間の小春パパさんのサイトでも紹介いただいたように反響は上々のようです。

 「YouTube」は、宝の山に違いはありませんが、問題は屑の山でもあることです。膨大な投稿者からの投稿は、大部分は「何じゃこれ」です。「何じゃこれ」もあくまで主観ですから、見ようによっては宝になるのでしょうが、誰が見ても面白くないものばかりです。

 ここで、検索の腕が発揮されるのでしょうが、この辺のノウハウがあまりないのが普通でしょう。こうなると、誰かこのノウハウに優れた常識人のサイトを探して参考にするのも一つの手ですが、このサイトをどうやって検索するのかのジレンマに陥ることになります。

 さて、宝の山の「YouTube」から掘り当てた画像を基にサントリーのCMについてお話しましょう。

CMは番組本編より素晴らしい

 私は、いわゆるCMウォッチャーであります。CMウォッチャーとは、TVCMに興味を持ち、CMを見ることに喜びを感じる人であります。世情CMとは、番組提供者から強制的に見せられる画像であり、トイレタイムと呼ばれるようにあまり見る価値がないと思われています。

 しかし、私達CMウォッチャーから言わせれば、できの悪い本編番組を見るよりかはCMを見るほうがよほど面白いと思います。もちろん、できの悪いCMもありますので全部のCMが面白いとは言いません。

 CMは、ある商品を売るためにTV視聴者の注意を引くために作ります。そのために、短い時間の中にアイデア、画像、音響等最高のものを大変なお金をかけて作成します。たった、数十秒の中に込められる努力、時間、お金を考えると提供番組本編の密度の薄さは話にもなりません。しかし、これだけのことをしてもすべるCMはたくさんあります。

アンクルトリスのCMを手始めに

 洋酒会社のサントリー、それもウィスキーのCMは昔からCMウォッチャーにはすべらないCMとして定評があります。サントリーの広報室は、作家の開高健氏やイラストレーターの柳原良平氏達が在籍したことでも有名です。

 それにしても、1960年代のTVCMですから、画像や音は悪いのですが、これは当時一世風靡したものです。柳原良平氏のイラストを使用しています。

 この柳原良平氏は船に造詣が深いことで有名ですが、彼が作ったアンクルトリスのCMが、サントリーの輝かしいCM史の第一歩でしょう。

サントリー・オールドCMの秀逸さ

 1970年代、カラーテレビが普及した頃からサントリーオールドのCMの秀逸さが目立ってきます。商品名や商品そのものをあまり見せずに、色んな人生があり、色んなドラマが世の中にあり、その中でサントリーオールドもあるといった風に一歩引いたスタンスで、かえってオールドを印象付けるという作戦であります。

 このオールドのCMは、残念ながらベストではありません。ベストはニューヨークの男女を数組、交互に映し出すCMだと思うのですが、このCMの画像は発見できませんでした。ちなみに作曲は、意外なことにあの小林亜星氏です。

 次に、「YouTube」で、中国バージョンのオールドのCMを発見しました。このCMの存在自体知りませんでしたので、「YouTube」の宝の山の側面であります。

 中国版サントリーオールドの動画CM

 この中国版は、オールドCMのベスト、ニューヨーク編に近い雰囲気を持っています。この会話の内容がわかればもっと面白いのかもしれませんが、解らなくてもこのCMの持つ秀逸さにはいささかも影響がないと思います。

Dogthumbサントリー・トリスの古都をさ迷う子犬のCM

 次に、オールドではありませんが、トリスの印象的なCMの貴重な動画を発見しました。右の子犬が雨の古都をさ迷い歩くCMです。1981年登場のこのCMは、CMウォッチャーの私としても大変な衝撃を受けた作品でした。この年のカンヌ国際映画祭でも金賞を取ったまごうことない名作であります。ちなみに、出演した子犬は雑種だとの記憶があります。BGMは、ビリーバンバンですが、動画の画質が悪いのが返す返すも残念です。

【アメリカ雑貨】サントリー・オールドウイスキーのキーチェーン(サウンドメロディ付き)1950年代ボトル
サントリーオールドウイスキーのCMで流れるあの名曲「夜が来る」が流れるキーチェーンです。日本人にはおなじみのボトルをミニチュアサイズで再現してあって、キャップの部分がボタンになってる仕組みです。

17時迄のオーダー本州翌日お届けキャップを押すとオールドCMソング【夜がくる】が流れます。河...
サントリーオールドウィスキーのCMが流れます。お父さんへのギフトに最適です。


サントリー・トリスの子犬のCM挿入曲 琥珀色の日々 ビリーバンバン CD 
「テーマ・ソング コレクション ~また君に恋してる~」。 「Billy BanBan 35th Anniversary iichiko collections::時は今、君の中」。

 【当ブログのサントリーCM関連記事】

 「CMは本編以上に素晴らしい」 2005年4月5日

 スポンサードリンク

|

« 福岡市博多区の「ステーキハウス 蜂」 佐賀・唐津の名店のテイクアウトとお店の実食ハンバーグ | トップページ | 福岡市東区 ウナギの六騎でうな重特上 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トリスさん、今晩は。Junです。
トリスの子犬のCMの記事は、大変反響がありました。私も好きなCMのベストに入ります。
この頃は、このようなCMが少なくなりました。何故でしょうか?仰るように受け手の問題ではなく、送り手の問題なのでしょう。
質の良いテレビCMの減退と質の良いテレビ番組の減退には相関の度合いが高いような気がします。

投稿: Jun | 2007.08.20 21:35

トリス子犬のCM、探していました。
強烈ですね。いまのところ、私にとってのベストワンです。
こういうのは、今やっても受けますよ・・・まだまだ日本には、良いものを良いと思える力は残っていると思います。『千の風になって』とか『涙そうそう』のような歌がヒットするのですしね・

投稿: トリス | 2007.08.20 00:14

Kaiさん、はじめまして。Junです。
CM、ドラマ、バラエティ全てのテレビ番組の質は明らかに昭和の方が良かったような気がしています。
画質や音質は改善されてきたのですが、いかんせん内容が低下しています。
このトリスの子犬のCMにしても、トリス自体の映像は、最後で少しだけ出るだけです。しかし、こんなCMを作り出してくるサントリーのイメージは想像以上に高まっているのです。
今、このCMを流しても、あまり効果はないのかもしれません。受けての感覚があまりにも貧弱になっているかもしれません。
なにしろ、エンタの神様が続いているような時代ですから。

投稿: Jun | 2007.02.22 21:30

久しぶりにトリスのCM見ました。
懐かしいですね。平成になってからは、このようなCMがなくなってしまいましたね。今、一度TVでながしてほしいな!

投稿: kai | 2007.02.20 21:57

小春ママさん、今晩は。Junです。
サントリーの子犬のCM動画、喜んでいただいて嬉しく思います。現在のテレビが、こういうCMを最早作れなくなっていることは、作り手側と受け手側のどちらも作る能力と見る能力が欠如し始めているからではないかと思っています。
単純に子犬が歩いているCMですが、色んなメッセージがあり、その何かを感じ取っていただいて掲載した意味があったと喜んでいます。

投稿: Jun | 2006.07.24 20:58

サントリー、の古都をさ迷う子犬のCMを見て・・・・・
懐かしさと感動が蘇り、とても嬉しくなりました。
「今見ても新鮮で素晴らしい、誇れるCMだ!」
の思いです。

またこんな情報をお知らせください、ニノちゃん!

投稿: 小春ママ | 2006.07.24 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/11066003

この記事へのトラックバック一覧です: 「YouTube」で発見したサントリーの名CM動画:

« 福岡市博多区の「ステーキハウス 蜂」 佐賀・唐津の名店のテイクアウトとお店の実食ハンバーグ | トップページ | 福岡市東区 ウナギの六騎でうな重特上 »