« 「YouTube」で発見したサントリーの名CM動画 | トップページ | トリビアの泉 「親子の情と絆」がテーマの動画 »

2006.07.25

福岡市東区 ウナギの六騎でうな重特上

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年5月現在、このお店は閉店しています。

 土用の丑の日には、ウナギを食する習慣がありますが、我が家でも食べています。しかし、毎年、スーパーで買ってきたウナギでした。

Dsc_3525_syukusyoumoji  今年は、カミさんがさすがに毎年、毎年ではまずいと思ったのか、何処かに食べに行こうと言い出しました。何処かにと言っても、宗像ではウナギの専門店は無いと思います。魚料理の店が出してはいるのですが、専門店ではありませんから何となく気が進みません。

 カミさんの実家の近くの香椎に、「六騎」(ろっきゅ)というウナギ専門店があります。福岡県内では、ウナギと言えば筑後川近くの柳川市や久留米市が有名どころです。「六騎」は、柳川に本店があるウナギの専門店です。ここが知っている中で一番近いウナギ専門店ですので行くことにしました。

Dsc_3524_syukusyoumoji  「六騎」に行く前に、実家に寄ることにしました。今から、近くの「六騎」にウナギを食べに行く前に寄りましたと言いましたら、それではと義母がお小遣いをくれました。義母は、ウナギが大嫌いでしたから一緒には行きません。つまり、これはカミさんのウナギ費用捻出作戦であったのです。

 めでたく軍資金を調達した我々は、「六騎」に到着しました。さすがに時節柄、駐車場も満杯で空きの1台分にようやく駐車しました。

Dsc_3527_syukusyoumoji  店名の「六騎」とは、柳川に伝わるお話に由来しています。壇ノ浦の合戦で敗走した平家の落ち武者6人が、柳川に永住したことからきているそうです。

 さて、座敷に通されてメニューを見ました。カミさんは、さっきの軍資金があるものですから何を食べてもいいよと大盤振る舞いの様相を呈しています。そんなことを急に言われてもスーパーのウナギしか食べていないものですから、うな重とうな丼の区別もあまり知らない有様。うな丼は、玉子が入っているから嫌だなと言うと、隣の人がクスリと笑いました。

Dsc_3530_syukusyoumoji  カミさんも、あわててカツ丼や親子丼と違うのだから玉子は入っていないと。実は、私はお店でウナギを食べる時には、九州独特のセイロ蒸しと言うウナギのメニューばかり選んでいましたのでうな丼のことをあまり知らないのでした。

 ここのメニューは、セイロ蒸しの御膳が最高で3150円、しかし刺身や茶碗蒸しが付いていますので、うな重特上の最高額3150円のほうがウナギ自体は上等なはずです。迷わずここは特上としました。カミさんは、セイロ蒸し御膳にしました。

Dsc_3534_syukusyoumoji  ここで、周りを見回すとやはり皆、セイロ蒸しを注文しています。セイロ蒸しとは、味ご飯の上にウナギを載せて、セイロで蒸したものでこれはこれで大変美味しいものです。

 さて、「うざく」や肝吸いと一緒に特上のうな重が運ばれてきました。金箔が貼ったような漆塗りの重箱に入ったウナギの蒲焼と白ご飯の二段重ね。とても高級感がありました。

Dsc_3535_syukusyoumoji  特上の食味は、大変美味しかったのには間違いがありませんが、ウナギの蒲焼とご飯で3000円以上もするとはとても思えません。これならスーパーのウナギで腹一杯食べた方がいいかもしれないと不届きな考えが一瞬よぎりました。

 見かけにしても、カツ丼や親子丼の方が華々しく見えてしようがありません。私には、ウナギを食べる資格があまり無いのかもしれません。

Dsc_3544_syukusyoumoji  食後、カミさんも特上の感想を聞いてきましたが、目の前で食べる人が、うな重の松(それでも1980円もします。)を食べているのなら比較もできようが、皆、セイロ蒸しを食べていて何にも分からないと言いましたらあきれていました。

福岡県柳川市のウナギ 
こだわりぬいた柳川の味!
鰻蔵柳川屋 うなぎ笹めし。  全国水産加工たべもの展入賞鰻蔵柳川屋うなぎせいろ蒸し。 他


○ 「六騎」 香椎店

所在地    福岡市東区香住ヶ丘7-10-10
Rokkyu 電話        092-672-4469
Dsc_3537_syukusyoumoji 営業時間 AM11:00~PM9:30
休日       火曜日
駐車場    あり

スポンサードリンク

|

« 「YouTube」で発見したサントリーの名CM動画 | トップページ | トリビアの泉 「親子の情と絆」がテーマの動画 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

みきぞうさん、今晩は。Junです。
竹林亭の人気が高いですね。セイロ蒸しとうどんのセットで800円くらいとは安いと思います。
ただ、安いだけなら人気は出ません。いわゆるコストパフォーマンスが高いこその話しでしょう。
なかなか、北九州方面に足が向かないので、新宮にある竹林亭に行ってみようと思っています。

投稿: Jun | 2006.08.03 21:21

Junさん、こんばんわ(*^_^*)
私も家族で行くなら『竹林亭』です。うなぎ専門店が近くにここしかないからといったら失礼ですが、ここのセイロ蒸しとうどんのセットが800円くらい(?)をよく食べてました。
最近は、行かないのですが、ここのうどんはかなりコシがあって好きです。それと、うなぎの骨を揚げたお菓子もあって、買って帰ります(^_^)v・・・おつまみにいいかも!?

投稿: みきぞう | 2006.07.30 22:45

YAMAMOTO 29さん、今日は。Junです。
確かに、ウナギの値段は高いと思います。でも、それだけたまにしか食べられないので、美味しく感じるのかもしれません。
「竹林亭」は、私も八幡の本城店に連れて行ってもらったような気がします。ずいぶん昔の話ですが。おごりでしたので、値段は知りませんでしたが美味しかったのは覚えています。
 今度、ウナギを食べる機会があったら行ってみようと思います。貴重な情報ありがとうございました。

投稿: Jun | 2006.07.29 17:42

Junさん、今日は!YAMAMOTO 29です。
多少値段は張りますが、なかなか良さそうな店ですね。
本場柳川には確かにいい店が多いですね。ウナギの場合簡単に手を出せる価格でないだけに、外れが少ないので身内が訪ねて来たときにもてなすのには最適ですね。
香椎は少し遠いのですが、北九州には「竹林亭」というウナギ専門店があって、味もよく値段も手頃とあって駐車するのが困難なほど人気があります。宗像方面からでしたら、それほど遠くないと思いますのでこちらもいかがでしょうか?
http://www.yamyamj.com/town/shop/Restrant.jsp?id=K400022

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.07.29 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/11072082

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市東区 ウナギの六騎でうな重特上:

« 「YouTube」で発見したサントリーの名CM動画 | トップページ | トリビアの泉 「親子の情と絆」がテーマの動画 »