« 1965年型 フォード・マーキュリーのカタログです | トップページ | 古賀市の「イタリア厨房 マルゲリータ」 リストランテ・アルポルトの片岡護シェフ監修?の »

2006.07.31

宗像市の「ティーサロン ナズキ」  宗像で唯一の紅茶専門店

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_3602syukusyoumoji (注) 2007年4月現在では、一時的かどうか不明ですが、どうも閉店もしくは休業されているようです。

 福岡・宗像のグルメ、美味しい店を紹介する連載です。今回は、宗像唯一の紅茶専門店「ティーサロン ナズキ」です。

宗像唯一の紅茶専門店は普通の民家?

 新聞の折り込みチラシに、宗像・東郷の日の里団地に紅茶専門の喫茶店が載っていました。英国贔屓の私にとっても、非常に興味を持つ種類の店でありますので、早速出かけてみました。

Dsc_3601syukusyoumoji_1  場所は、東郷駅日の里口から南に通じる日の里大通りの一番端の方、よくパトカーが検問をしている付近にあります。店は、大通りに沿っていますから、歩道を越えるとそこに駐車場があり3台くらいは停めることができます。

ロイヤルミルクティーとスコーン

 普通の家の玄関ドアを開けると、普通の家の玄関があります。ここで、靴を脱ぎスリッパに履き替えて入ると、広い洋間に出ます。リビングにしては広い部屋でオーディオ・ルームDsc_3581syukusyoumojiに最適なつくりですので、ひょっとしたらご主人はオーディオ・マニアかと思いましたが、部屋のBGMのスピーカーが案外ショボいものでしたのでオーディオとは無関係のようです。

 席に座ると、メニューを持ってきてくれました。紅茶は550円以上で決して安くありません。私は、ロイヤルミルクティー(650円)と手作りスコーン(400円)を注文しましたので、1050円にもなってしまいました。

Dsc_3587syukusyoumoji

 やがてスコーンと紅茶が運ばれてきました。紅茶は、ティーポットに入っており、2杯以上はいただけます。また、当然ティーコージも付いており冷めにくくしてあります。

紅茶はロイヤルミルクティーを注文しました。いわゆる、煮出しミルクティーですが、私は、このスタイルの紅茶よりも、ストレートに入れた紅茶にミルクを入れる方を好みます。なお、ストレートな紅茶にミルクを入れるときに、ミルクを熱くした方がよいと思われる方がありますが、常温のミルクの方が美味しいと思います。

Dsc_3589syukusyoumoji  喫茶店によっては、ティーバッグをカップに入れて出しているのを昔見たことがありますが、それほど紅茶の入れ方は案外知られていません。必ず、ティーポットを使うことが原則です。 ナズキの方は、日本紅茶教会認定のティーインストラクターの資格を持っていらっしゃる(店内に資格証明書が掲示)ので、紅茶の入れ方には安心してよいと思います。

スコーンの「狼が口を開いたような」割れ目

 
 ナズキでは、本格的なアフタヌーンティーは用意されていませんが、スコーンを楽しむことができます。スコーンとは、イギリス独特のお菓子で、現地ではスコンと短く発音されます。

Dsc_3599syukusyoumoji エッセイストの林望氏、リンボウ先生の「イギリスはおいしい」にも詳しく記述されていますが、英国でも「狼が口を開いたような」と形容される生地のスコーン横腹の割れ目が美味しい焼き上がりの証とされています。

 ナズキのスコーンもこの割れ目ができていますので、合格点ですが、ただ、ベーキングパウダーと思しきわずかな苦味が感じられるのが、残念なところです。

Dsc_3593syukusyoumojiクロテッドクリームとは

 特筆すべきは、スコーンにクロッテッドクリームを塗って食べてくださいと言われたことです。クロテッドクリームとは、生クリームの一種で黄色味がかったネットリとした濃厚な生クリームの一種です。ちょうど、バターと生クリームの中間のようなものです。英国のデボンシャー地方が名産地でそこの製品は「デボンシャー・クロッテッド・クリーム」と称し珍重されます。

 私も、このクロテッドクリームはかねがね探していたのですが、日本には無いと言われていました。そこで、どうやってナズキの方が、このクロテッドクリームを入手したのかと不思議に思い、その場で聞けばよかったのですが聞きそびれたので、ネットで調べると、ありました。日本初のクロテッドクリームとして、「十勝しんむら牧場」が発売していました。

Dsc_3596syukusyoumoji  もう一つ、中沢と言うメーカーも日本初と称して販売しているようで、この日本初は、混沌としているようです。最近、アフタヌーンティーやスコーンが知られるようになってきましたから、クロテッドクリームも販売されるようになったのでしょう。

なお、本場英国デボンシャーのクロテッド・クリーム Englis Double Devon Cream もネットショッピングで手に入ります。便利な世の中になったもんです。

 さて、ナズキの喫茶ですが、ロイヤルミルクティー(600円)とスコーン(450円)を合わせて注文すると1050円となります。確かに、本格的ではありますが、私には少し料金が高めなような気がします。

Nazuki_1  それにしても住宅街の個人宅を利用した紅茶専門店は、貴重な存在ですので今後も応援していきたいと思います。

スコーンには、クロテッドクリームが本格的 
スコーンといえばこれ!本場英国の上質クリーム!クロテッドクリーム プレーン、中沢乳業クロテッドクリーム等

○ ティーサロン ナズキ

所在地     福岡県宗像市日の里6丁目1の11 日の里大通り沿い
電話     0940-36-2388
営業時間 10:00から
休日    日、祝日
駐車場   店の前にあり

  By   Jun

|

« 1965年型 フォード・マーキュリーのカタログです | トップページ | 古賀市の「イタリア厨房 マルゲリータ」 リストランテ・アルポルトの片岡護シェフ監修?の »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

コメント

 じゅんこさん、お早うございます。Junです。
 福岡市中央区桜坂のパレットでスコーンとクロテッドクリームを時々お買いになっていたと言うことですが、そのクロテッドクリームが「中沢」製のものとのことですが、文中にも紹介したものと同じだと思います。
 脱脂粉乳の加工品とは残念ですね。記事文中のEngish Double Devon Creamは、英国製ですがいかがでしょうか。
 ここのところに下線が引かれ色が変わっていると思いますが、この部分にカーソルを当ててクリックすると通販のサイトにジャンプします。
 ここの製品が、ジャージー牛のミルクを使っているかどうか残念ながら確認できませんがどうなのでしょうか。
 同じく文中の「十勝しんむら牧場」の製品は、生乳から作っているようですが、ジャージー牛ではない可能性が高いようです。
 本物のジャージー牛のデボン産のクロテッドクリームは、やはり日本では入手不可能なのかもしれません。

投稿: Jun | 2006.08.13 08:49

JuNさん クロテッドクリームのことひさびさに思い出しました。以前からジャージー牛の本物の牛乳で作ったものを探していましたが、あきらめていました。
クロテッドクリームそのものとスコーンは福岡市内の桜坂のパレットというスーパーで売っていて時々利用しています。中沢というメーカーのものです。残念ながら脱脂粉乳を使った加工品で、ジャージー牛の本物の牛乳で作ったものではありません。でもまあまあおいしいです。
 本物のジャージー牛で作ったものが食べたくて探していたのを改めて思い出しました。誰かご存知であれば教えてください。

投稿: じゅんこ | 2006.08.12 22:49

Ryuさん、今晩は。Junです。
20000ヒット達成おめでとうございます。
Ryuさんのブログにコメントしておりますが、やはりRyuさんの誠実で面白い記事が多くの人を引きつけているのだと思います。今後も、無理せず自分も楽しみながらブログを運営されることを願っております。
さて、イギリスでは、コーヒーではなくてやはり紅茶が一番です。英国の水は、硬水で大変紅茶にあっており日本の水よりも美味しく入れることができるようです。英国で美味しかった紅茶の葉を、福岡で入れてもそれほど美味しくないことを経験しました。
たまには、英国式朝食も乙なものですよ。

投稿: Jun | 2006.08.03 21:51

まくまクマさん、今晩は。Junです。
クロテッドクリームは、ひょっとしたら東京や大阪などではすでに手に入っていたのかもしれません。
福岡や宗像ではの話しです。
グラスゴー、スコットランドですね。私も、エジンバラに行ったことがありますが、真冬で凍ったホームで滑りまくりながら歩いたことを思い出します。
イギリスは、食事がまずいとの話しがありますが、結構探せば美味しいと思います。特に、フルイングリッシュブレックファストは、私の大好物です。
イギリスの記事を期待していますが、無理をしないで体に気をつけてください。

投稿: Jun | 2006.08.03 21:26

junさん、今晩は!Ryuです。
いつもながら詳細で臨場感のある紹介記事一気に読ませていただきました。本格的なティーサロン、とても気品が有って心が落ち着きそうなお店ですね!明日の朝食はミルクティーとトーストにしようかな?イギリスで紅茶は良いですが、コーヒーは飲めたものでは有りませんでした。私だけかな…?
8月1日に20000アクセスとなりました。Junさんと比べたら内容も数も月とスッポンですが、これからも宜しくお願い致します。頑張ります!

投稿: Ryu | 2006.08.02 22:38

Junさん>
私は数年前、知り合いがどういう経緯で手に入れたかは忘れたのですが、
クロテッドクリームでスコーンを食べました。
非常に美味しくて感動しました。そんな手に入らないものとは知りませんでした(^^;

来週からグラスゴーに行きます。
初めてのイギリスなのですが、本場の味を味わってきたいと思ってます(^^)

投稿: まくまクマ | 2006.08.01 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/11142765

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市の「ティーサロン ナズキ」  宗像で唯一の紅茶専門店:

« 1965年型 フォード・マーキュリーのカタログです | トップページ | 古賀市の「イタリア厨房 マルゲリータ」 リストランテ・アルポルトの片岡護シェフ監修?の »