« 自転車と雑誌「暮しの手帖」 | トップページ | キプロス ファマグスタで自動車の練習 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(39) »

2006.07.07

福岡市 博多うどん、私の原則と「大福うどん」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Jyoutenji_syukusyoumoji_2 私は、どちらかといえば蕎麦よりも「うどん」を好みます。これは、スパゲティでも述べたように太目の麺類を美味しいと思うからです。かと言って、蕎麦がうどんくらいの太さであればこれは嫌なような気がします。

   うどんは、福岡は博多うどんです。何をもって博多うどんというのかは難しいのですが、そもそも「うどん」は、博多が元祖といわれています。

 日宋貿易の拠点であった博多は、僧侶達が中国へ仏教の勉強に当時の那の津(現在の博多港)から旅立ち、大陸の様々な文化や珍しい物を博多に持ち帰ってきました。その中の一つ、うどんは、仁治二年(1241年)に帰朝した聖一国師がもたらしたと伝えられています。

Dsc_3228_syukusyoumoji 博多駅前1丁目にある聖一国師が開祖の「承天寺」には、「饂飩蕎麦発祥之地」なる石碑もあります。ま、これも讃岐には弘法大師(空海)が遣唐使とともにうどんを持ち帰ったのが始まり等の話しもあります。うどんはともかく蕎麦は解せませんね。

 当然、蕎麦は信州や甲州が発祥との説もあり、饂飩だけは短いので蕎麦も付けちゃえで石碑を建てたのでしょうか。日本の麺類の発祥の地といった意味もあるのかもしれませんが本当のところはどうなのでしょうか。

Dsc_3229_syukusyoumoji さて、本題の博多うどんですが、博多のうどんの特色は、まず、麺が太く柔らかいことでしょう。博多出身のタモリもよく言っていますが、博多のうどんはコシがないことが良いのです。他の地方の方には理解しがたいと思いますが、これが博多うどんの伝統なのです。

 それとスメ(出汁)も、イリコや羅臼昆布でしっかりと出汁をとりますが、醤油の色も味も薄いものです。

Dsc_3234_syukusyoumoji  あと、トッピングですが、ネギは別な丼に入っていて、客は入れ放題が原則です。店がネギをうどんの丼に入れてはいけません。それと、麺の上に載せるのは丸天(円形のさつま揚げみたいなもの)とゴボウ天(ゴボウのかき揚げみたいなもの)が定番です。

Dsc_3231_syukusyoumoji  この博多うどんを食するには、博多駅地下街の「大福うどん」か「因幡うどん」が便利で美味しいと思います。博多駅開業当時からある地下食堂街にこの2店はあり、一店舗挟んで並んでいます。どちらに入っても、私が考える博多うどんの原則どおりのうどんが出てきます。甲乙つけがたいのですが、どちらかと言えば私は「大福うどん」の方が多く行っているような気がします。

日本各地のうどん 人気順リスト 
グルメ大賞6回受賞!さぬきうどんの亀城庵お試しセット!。 グルメ大賞受賞!豪華讃岐うどんセット「福福」

うどんのあんなもの、こんなもの  
超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方 (大型本)。 本場さぬきうどんの作り方 (大型本)

 

Dsc_3236_syukusyoumoji ○ 「大福うどん」
所在地   福岡市博多区博多駅中央街1-1-B-F
電話    092-441-6628
営業時間 不明
定休日  多分なし 

スポンサードリンク

|

« 自転車と雑誌「暮しの手帖」 | トップページ | キプロス ファマグスタで自動車の練習 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(39) »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

YOKOYAMA 29さん、今晩は。Junです。
門司の「黒川うどん」閉店されて残念ですね。
うどん屋さんと言うのは、非常に身近な存在であり、それにもましてスープの美味しいうどん屋さんであればこそ、閉店されたらかなりのショックになったと思います。
自分が気に入ったスープは、ラーメン屋さんでもうどん屋さんでも何回食べても飽きませんね。
早く、黒川うどんに匹敵するうどん屋さんを見つけられると良いですね。

投稿: Jun | 2006.07.14 21:55

Junさん、今晩は!YAMAMOTO 29です。
最近は時間が余り取れず、パソコンに向かうことがありませんでした。
本来、福岡は讃岐(香川県)や加須(埼玉県)と並ぶうどんで有名な場所なのに、県内でも讃岐タイプのうどんに押されっぱなしとなって久しいというのが悲しいですね。
うどんと言えば、門司にある「黒川うどん」をひいきにしていました。麺のコシよりも、スープのうまさで勝負できる稀有な存在で、うまいうどん店の目印となるトラックもたくさん留まっていた店です。縦書きの「黒川うどん」をわざと反対にしていた看板が非常に印象的でした。
学校帰りの高校生から、親子連れ、お年寄りまで幅広い年齢層に支持され、かなり繁盛していたのですが、残念なことに、ご主人が健康を壊して店をたたんでしまってもう5年以上になります。
私はうどんの味には少しうるさい方なのですが、「黒川うどん」のスープ以上のものには出会ったことがありません。実に惜しまれます。

投稿: YAMAMOTO 29 | 2006.07.13 21:17

Ryuです、お早うございます。いや~嬉しいです!博多の町を案内いただけるなんて。機会が来たら連絡します。楽しみです。

投稿: Ryu | 2006.07.11 06:14

Ryuさん、今晩は。Junです。
大阪には、コロッケ饂飩なるものがあるのですか。面白いですね。東京の銀座には、「吉田」と言う老舗の蕎麦屋さんにコロッケ蕎麦と言うものがあります。この蕎麦もこの店の名物だそうです。
博多以外の方で、饂飩のコシが無い方が好きというのは珍しいかもしれませんね。
博多にお出での節は、是非博多饂飩をご賞味ください。ご一報くだされば、博多の町をご案内方々、美味しいうどん屋さんも行けると思いますので。

投稿: Jun | 2006.07.09 19:20

林檎さん、今晩は。Junです。
うどん等の麺のコシは、これは個人の好きずきですね。鍋焼きうどんが、コシの柔らかい方が好きとは面白いですね。
柔らかい方が、鍋の熱々感が増すのですかね。

投稿: Jun | 2006.07.09 19:15

Ryuです、今晩は!ごぼ天をのせた饂飩、本当に旨そうですね!大阪ではごぼ天という発想はありませんが、コロッケ饂飩なんて代物も案外人気が有るようです。私はBLOG開設当時に「かけ饂飩」というエッセイをアップしたほど饂飩が好きです。讃岐よりこしの無い普通の饂飩の方が好きです。博多饂飩は私の嗜好にあいそうです。博多に行く機会が有れば是非と思います。

投稿: Ryu | 2006.07.08 21:10

私はうどんは腰を重視するタイプです。断然讃岐のうどんが美味しいです。でも、鍋焼きうどんだけは博多うどんのように軟らかいうどんが好きなんです。(我儘ですみません)

投稿: 林檎 | 2006.07.07 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/10816536

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市 博多うどん、私の原則と「大福うどん」:

« 自転車と雑誌「暮しの手帖」 | トップページ | キプロス ファマグスタで自動車の練習 ’70年代英国ヨーロッパ一人旅行記(39) »