« 古賀市の「桜花そば 薬王山」 薬王寺温泉近くの蕎麦屋さん | トップページ | 宗像市の「Cuoco Allegro」 またまた新しいイタリアンレストランを発見、 »

2006.09.05

津屋崎の釣り アオリイカの新子が釣れました

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週末、久しぶりに友達のN君と津屋崎の防波堤に釣行しました。当日の午後になって、電話したところ、釣りに行こうかとなって出かけたのでした。

 N君は、インターネットで「未常識のヒラメ釣りメソッド」なるサイトのヒラメ釣法の情報を得ていて、その釣り方を試してみようと言うことでした。

 このヒラメ釣は、餌ではなくてワームと言う一種の疑似餌を使います。一番下に、錘をつけてその80cmくらい上に枝針を仕掛けてワームを針に刺します。このワームをトゥイッチと言うシャクリ方でヒラメを誘います。この釣り方でヒラメが爆釣できるとのことでかなり話題となっているものです。

ヒラメ・フィッシングにも使えるワーム等

 津屋崎の防波堤の入り口に車を止め、まずは防波堤の偵察です。釣道具を持たずに歩いていくと、なかなかの人出です。キスやヒラメ狙いの投げ釣、アジ子用のサビキ、サヨリ、チヌと様々な釣り方で皆頑張っているようです。

 防波堤の上から海をのぞいてみると、イワシの小さな群れが目に付きます。時々、このイワシがサビキにかかっているようですが、アジ子は釣れていないようです。

 N君が、めざとく小さなイカの群れがいるのに気づきました。今年、生まれたイカの子供で「新子」と呼ばれるものです。イワシ等のベイト(餌)がいるのでひらめも釣れるかもしれないという事でここで釣ることにしました。

 車のところまで戻り、仕掛けを作りました。未常識のヒラメ釣の仕掛けは、N君が用意してくれていたので、いつものエギング竿に取り付けました。

 防波堤の空いたところに陣取り、早速、未常識のヒラメ仕掛けを投入し釣り始めました。1時間ほどこの仕掛けで釣りましたが、全く当たりすらありませんでした。それで、未だ早いと思いましたが、私はエギングをすることにしました。

 号数は不明ですが、最小のエギを持っていましたのでこれに取り替えて投げ込み、シャクリはじめました。なかなか、当りがきませんでした。すると、20歳くらいの若いエギンガーがやってきました。彼も、私と同じくらいのエギです。

Dsc_4085syukusyoumoji  すると、ものの30分もしないうちに彼がイカを釣り上げました。体長10cmにも満たないアオリイカの新子です。

アオリイカの新子に適当な各社エギ(2.0号)の一覧

 これに刺激されて私もエギを投入しますが、なかなか釣れません。その内、彼はN君の近くに移動しました。

 黙々とエギングをしていると、携帯電話が鳴りました。電話の相手は、50mほど向こうで釣っているN君からでした。なんでも、若いエギンガーのエギに90cmくらいのシーバスが追ってきたらしく、若いエギンガーはすぐにシーバスのタックルを取りに車まで戻ったとのこと。

Dsc_4086syukusyoumoji  これを聞くや否や私もすぐにシーバス用のスピンテイルのルアーに付け替えて、N君の横から投入しました。しかし、釣れません。その内、若いエギンガーは、竿やタモを持って帰ってきました。これも、すぐにシーバス狙いで釣り始めました。

 5時頃まで釣った若いエギンガーもとうとう諦めて帰りだしました。帰り際、このエギンガーに声をかけると、何と私達の知らない間にカマスを1匹ルアーで釣っていました。この若いエギンガーは、アオリイカの新子を3匹、カマスを1匹、90cmのシーバスにエギを追いかけられる等なかなかの活躍ぶりでした。

Dsc_4087syukusyoumoji  同じ防波堤で釣っていても、私には全く魚影が見えず、若いエギンガーにはこれだけの釣果。やはり、釣りのセンスが違うのでしょう。脱帽の思いがしました。

 恥を忍んで、この若いエギンガーに新子の釣り方を聞くと、沖に投げ込んで堤防から5mくらい先の潮目までエギを引き寄せ、あとはその辺でジッとしていると釣れますよとのこと。

 教えられた釣り方でやってみますが、釣れません。その内、N君も、「未常識のヒラメ釣」を諦めて、小さいエギでのエギングに参入。

 ところが、これまた30分くらいで瞬く間に2匹のアオリイカの「新子」を釣り上げました。私はと言うと、最後まで釣れず、またもや完全坊主。次のエギングに期待するべの一日となりました。

  By  Jun

|

« 古賀市の「桜花そば 薬王山」 薬王寺温泉近くの蕎麦屋さん | トップページ | 宗像市の「Cuoco Allegro」 またまた新しいイタリアンレストランを発見、 »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
私は、釣りのセンスがないのか釣れる状態であっても釣れない事がしばしばです。状況の読みと反省が足らないせいかもしれません。
私の自宅から海まで車で10分もあれば着いてしまいます。そして、その海も白砂青松のとても綺麗な海です。また、魚もたくさんいます。大変恵まれた環境だといつも感謝しています。
Ryuさんも、フィッシングいかがですか。昔取った杵柄で。Ryuさんなら、私と違って立派なアングラーにすぐ戻れると思いますよ。

投稿: Jun | 2006.09.05 21:07

Junさん、お早うございます。Ryuです。
前回の続きでゲットされたのかと最後まで期待を持って読んだのですが、「残念でしたね!」
釣りは、釣れたり釣れなかったりです。
また、頑張ってください!連れてる人のタックルに色や形を合わせるのが手っ取り早いですが、そういう時に限って似たものがタックルケースに入っていないのです。

でも、近くに海が有って良いですね!魚釣り行きたくなって着ました。

投稿: Ryu | 2006.09.05 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/11748979

この記事へのトラックバック一覧です: 津屋崎の釣り アオリイカの新子が釣れました:

» シーバスルアーはどこのメーカーがいい? [釣り釣り情報局]
シーバスルアーはどこのメーカーがいい? [続きを読む]

受信: 2006.09.24 17:51

« 古賀市の「桜花そば 薬王山」 薬王寺温泉近くの蕎麦屋さん | トップページ | 宗像市の「Cuoco Allegro」 またまた新しいイタリアンレストランを発見、 »