« CM 超人的なチームワークの華、Dancing Gemini in Paris | トップページ | 鐘崎の釣り カマスが釣れました。 »

2006.09.16

宗像市の「香龍園」 昭和の香り大衆中華

スポンサードリンク


Img_2249syukusyoumoji   なお、掲載の写真、および記事の内容は昨年12月28日のものです。古くてすみませんがよろしくお願いします。

 「和膳屋 吉田」で昼食でもと思って行ってみたら、案の定予約で入れませんでした。隣の「つつみ食堂」でもと思ったら、カミさんはあまり気の進まない風でしたので、ちょっと東郷橋の方に戻ったところに中華の食堂らしきものがありましたので、入ってみる事にしました。

Img_2240syukusyoumoji  店内では、結構お客さんがいましたが、皆、気さくと言うかほとんど働く人たちの昼食の場所でした。このような人たちは、安くて量があって美味しくなければなりません。そうでなければ、二度と再び来店するようなことはありません。

 女性の方お二人できりもりしてあるようです。メニューらしきものはなく、壁に書いてある貼り紙で選ぶことにしました。ラーメン350円を筆頭に、最高の高いメニューでも600円、それも大盛りメニューです。一蘭や一風堂の馬鹿高いラーメンは見習ってもらいたいものです。

Img_2241syukusyoumoji  それにしても安い!! ジュースが100円ですよ。今時、自動販売機で買うと150円位するのに。どんなジュースかは問題ですが、それでもジュースが100円。

 またこのメニューの貼り紙も、最近値上げしたのがどれか分かるような微妙な色の変化が見て取れます。

Img_2247syukusyoumoji  私とカミさんは、無難に焼きめしを注文しました。焼きめしは、すぐに出てきました。吸い物のようなスープとお漬物が付いてきました。焼きめしには、赤いカマボコの色が何となく郷愁を誘います。そういや、このタイプの焼きめしは久しぶりだなと思いました。

 焼きめしの味もしっかりしていて、美味しく食べました。この焼きめしが450円ですから、本当に安いものです。

Img_2245syukusyoumoji  ただし、基本的には働く人たちのための食堂のようですので、間違っても、玄界灘の夕陽が落ちるのをながめた後、彼女と二人で夕食に立ち寄ってはいけません。張り倒されてしまうこと請け合いです。

 働く人たちの食堂であり、昭和の良き時代の大衆食堂の雰囲気と大衆食堂の値段と味を楽しむことができる人の食堂であります。それにしても、「大衆食堂」の語は、最早死語となっています。昭和の時代には、看板や暖簾に書いてあったのですが、総中流と唱えだした頃から、大衆はいなくなったのでしょうか。8割の人が、大衆と思わなくなったのでしょうか。

Img_2246syukusyoumoji  このようなお店ですから、当然、インターネットの検索でもヒットしません。従って、屋号と電話番号(それも写真に写っていたから判明)しか分かりませんのでご容赦ください。

全国の美味しそうなチャーハン 
リピート率NO,1!絶品!王将自慢炒飯、ランさんの作る黄金チャーハン、中華厨房エビ野菜チャーハン別名サラダライス等

○ 「香龍園」

所在地    福岡県宗像市河東付近
電話       0940-32-2325
Kouryuuen営業時間 暖簾が出ている時間
休日    暖簾が出てない日
駐車場    あり

  By   Jun

|

« CM 超人的なチームワークの華、Dancing Gemini in Paris | トップページ | 鐘崎の釣り カマスが釣れました。 »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
大衆と言う言葉は、昭和も50年代には少なくなってきていたと思います。
現在では、大衆って何?の時代でしょう。庶民と言う言葉もありますが、庶民食堂、庶民酒場とは言いませんね。その他にも、民衆、公衆と言う言葉もあります、
 大衆は一般労働者階級としての世間一般の人を指す言葉、庶民は名もなく金もないが健全な生活を営む言葉とも言われます。
 労働者階級という言葉も死語となりつつある今日、大衆もなくなってしまいました。

投稿: Jun | 2006.09.22 20:27

junさん、今晩は!Ryuです。
一億総中流化、私もミドルかな…なんて思っていましたが、先日のヨットハーバー、六本木ヒルズ、大阪一流ホテルの駐車場、芦屋などの高級住宅地など等、「お金持ちってこういうものよ!」ってあちこちにいらっしゃいます。おっしゃるように「大衆」って言葉が眼につかない今日この頃、「大衆って何?」って考えますよね!大衆酒場、大衆食堂、大衆理容室、大衆喫茶なんてものも有りましたっけ?下町にひっそりと懐かしい味を提供してくれるレストランなど意外にあるもんですね!「大衆?」「俺って大衆の一人…?」って再確認でした!

投稿: Ryu | 2006.09.18 23:55

チイさん、今日は。Junです。
二人で切り盛りしているようだと書いていますが、たまたま旦那さんが何かの都合でいなかっただけかもしれません。たった1回行っただけで、少し早とちりしているかもしれません。
本当に懐かしい感じの店ですね。ウスターソースは、一昔前までは、カレーなんかにもかけていましたよね。私の友人も、リンガーハットのチャンポンで、店の方にウスターソースがないとは何事かと文句をつけていたのを覚えています。
コンビニがないころは、こういうお店が独身の方のお気に入りになっていました。機会があれば、近くの「つつみ食堂」にも行ってみようと思っています。

投稿: Jun | 2006.09.17 16:46

こんにちは。チイです。
Junさんの興味対象は、フレンチから大衆食堂まで幅広いので驚きです。
この食堂は、私もずっと気になっていて1年くらい前に、ついに家族で行きました。店の人が親切にしてくれたような記憶があります。その時は、旦那さんもいたような気がしますが、記憶が定かではありません。
我々も焼きめしを注文し、かまぼこが入っているのが本当の焼きめしだ(チャーハンじゃない)と妻に講釈をしながら食べた記憶があります。
本当に懐かしい味ですよね。昔は、ウスターソースなんかをかけてたべたりしました。
ところで、看板の写真を見て、ほとんどメニューと一致しているのに気がつきました。看板に偽り無しですね。
独身だったらしばしば通っていることでしょう。

投稿: チイ | 2006.09.17 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/11895391

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市の「香龍園」 昭和の香り大衆中華:

« CM 超人的なチームワークの華、Dancing Gemini in Paris | トップページ | 鐘崎の釣り カマスが釣れました。 »