« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.29

パソコン生活を助けてくれるツール・ソフト

 パソコンとは大変便利な機械です。今や、日常生活には欠かせないものです。特に、私の場合は、趣味の世界でも大活躍してくれます。

 ところで、パソコンとは、テレビ、冷蔵庫等の通常の電化製品とは全く異なる性質を持っています。それは、使用目的が特定できないことです。つまり、極端に言えば使用する人によって異なり、かなりの分野で使用できることです。

 テレビであれば、放送番組やビデオ映像を見ることが使用目的です。冷蔵庫は、食品を保存することです。では、パソコンは? そうです、人それぞれ、ゲームに、文章作りに、データ収集に、写真に、と使用目的は様々です。パソコンは、使用目的が特定できない歴史上初めての製品なのです。

 なんにでも使えると言うことは、使い方を自分で見つけなければなりません。初期のパソコンブームで飛びついた人達が、すぐにほたくり投げた(博多弁で放り投げたの意)のは、便利そうだが、自分で使用目的を見つけるという不便さに気づいたからでしょう。

 使用目的を見つけ、いざ実行に移そうとすると、通常の使い方、ワープロ、インターネット、メール、表計算くらいであれば、一般的なのソフト群で間に合います。ワード、インターネットエクスプローラー、アウトルックそしてエクセル等です。

 ところが、ブログ、デジカメ、iPod等の趣味性の高いものに踏み込むと、通常のソフトでは間に合わなくなります。もちろん、そこそこの使い方であれば有名ソフトで間に合いますが、いろんなツールソフトを使うことで、グッと楽しみが広がります。そこで、ご覧の皆さんHalifaxcitadelsyukusyoumojのパソコンライフがもっと楽しくなるための一助として、私が使用しているツールソフトを紹介しましょう。

○「Firefox」 フリーソフト(無料ダウンロード)
・「Internet Explorer」に代わって使用しているブラウザです。タブ機能が便利。

Satukibasi2syukusyoumoji ○「Google Earth」 フリーソフト
・地図ソフトですが、空中写真のビジュアルが凄くて見るだけでも楽しい。
・非常に鮮明ですので、例えば河川の流れや浅いところなどが分かり、シーバス釣などの参考にとてもなります。

○「+Lhaca」 フリーソフト
・ファイルの圧縮・解凍がドラッグ&ドロップ操作で簡単に行えます。

 今回はこれくらいにして、次回に続きを書きます。

  By   Jun

スポンサードリンク

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.26

宗像市の「いしむら東郷店」 無料のコーヒーが飲める店

スポンサードリンク


Dsc_4335syukusyoumoji   「いしむら 東郷店」は、「鶴の子本舗 石村萬盛堂」のチェーン店の一つです。

Dsc_4333syukusyoumoji  この石村萬盛堂は、和菓子の「石村萬盛堂」チェーン店、洋菓子の「BON' CINQ」チェーン店、そして和洋菓子の「Ishimura」チェーン店等を主に九州に展開しており、大変大きなお菓子やさんです。意外なことに、今、博多で私が大注目している福岡市平尾のパン屋さん、「セ・トレボン」もこの傘下に入っています。

 さて、宗像にも、「金の小槌」「ル・シュクレ」等の美味しいケーキ・スイーツを提供する店があります。「いしむら 東郷店」は、これらのケーキ専門店と比較すると少し物足りないかもしれませんが、最強の売りがあります。

Dsc_4329syukusyoumoji それは、店内で無料のコーヒーや紅茶と一緒に喫茶できることです。ショーケースで選んだケーキやみたらし団子などを店のコーナーでいただけます。その時の、コーヒーや紅茶、緑茶などは、セルフサービスですがなんと無料なのです。

 私とカミさんは、日曜の午後などのお買い物の帰りにちょっと立ち寄ってよく喫茶しています。下手な喫茶店に行くよりも、気持ちの良い空間で、大変安く喫茶できるので大変お得な気分になります。

Dsc_4323syukusyoumoji 「いしむら」は、Bon Cinq(ボン・サンク)のブランド名でケーキを出していますので、ケーキも遜色はありませんが、そこは前述の専門店と比較すると味の面では分が悪いのですが、この満塁ホームランのような無料コーヒーサービスで、コストパフォーマンスでは劣るどころか優位に立っているのではないかと思います。

 何しろ、完全に普通の喫茶店の一人分のケーキセットの値段で、二人がケーキセットを楽しめるのですから。

Dsc_4324syukusyoumoji ただ、このサービスを目当てに客も多く、また、年配のご婦人方の利用も多く、そうなると目も当てられない状態となることがあります。さすがに、店内の張り紙に「長時間大きな声で話されますと、他のお客様の迷惑になりますのでよろしくお願いします。」と書かれています。

 利に敏いこれらの方々が押しかけると言うことは、いかにコストパフォーマンスが高いかの証であります。

石村萬盛堂の和・洋菓子たち 
ラム・レーズンサンドのシャンデレザン、ボンサンクのプチ・ショコラボア、博多銘菓鶴乃子 等々

○ 「いしむら 東郷店」

Ishimura 所在地  福岡県宗像市田熊 3 丁目 7 - 28
電話    0940-37-8485
営業時間 AM 9:00~PM 9:00
休み    多分なし
駐車場   店の前にあり

スポンサードリンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.23

ルアー釣のリール、シマノのアルテグラ3000購入

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨年ごろから、ルアー釣に目覚め、エギング(イカ釣り)やシーバス釣に日夜奮闘しています。

 まず、エギングからはじめたものですからエギ用のロッド(竿)とリールを購入しました。リールは、GARLAND(ガーランド)1000です。宗像の吉田釣具かヤナイで買いました。

 ロッドもリールも初心者用で、共に5000円前後、リールも3000円から4000円くらいだったと思います。

 釣道具もオーディオと一緒で、値段と品質は概ね比例しています。初心者ですから、最初は安い道具をそろえることになるのが普通でしょう。ところが、世の中には「安物買いの銭失い」と言うことわざがあるように、安いものは耐久性に難があります。

Dsc_4458syukusyoumoji  ご他聞にもれず私のGARLAND1000も、この頃はベイルの付け根が外れるようになってしまいました。ベイルは、釣り糸を巻き取るための部品です。嬉しいことには?、安物ですから外れても簡単に押し込めることができます。

 外れては、押し込めて元に戻すの繰り返しをしていましたが、さすがにこれではストレスがたまってしまいます。思い切って買いなおすことにしました。

 シーバス用のリールはそれこそたくさんあって高いのは数万円もします。インターネットで調べてみると、初心者には10000円前後のダイワかシマノのメーカー製であれば十分であるとの記事が目に付きました。

購入したのが、シマノのアルテグラ(ULTEGRA)3000です。普通、シーバス釣には1000番から4000番くらいまでの大きさのリールで間に合いますのDsc_4474syukusyoumoji  これらを参考にで、3000番ですからまあまあかなと思っています。

 さすがに、GARLAND1000と比べると、使い心地は月とスッポンで、最初からこれくらいのクラスを買っておくべきだったと後悔させてくれます。初心者は、これから先のハマリ具合によって釣を止めてしまうか、入れ込んでしまうかが分かりませんから、判断が難しいのですが、誘われて始めるくらいならば止める可能性が大ですから安いもの、自分の意思で始めたなら、はまる可能性が大きいので、中級品を求めてはどうかなと思います。いずれの場合も、高級品はよくよく考えた方がよいでしょう。

Dsc_4483syukusyoumoji  リールを新しくしましたので、ラインも買い換えました。少し高いのですがPEラインのFireLineにしました。PEは、取り扱いが難しく、すぐに絡みつくなどのトラブルが多かったので敬遠して、ナイロンラインにしていましたが、このFireLineは、特殊コーティングにより普通のPEよりもトラブルが少ないそうです。 細いPEを使用しますので、トラブルを少なくするためのラインシステムも勉強中です。

Dsc_4479syukusyoumoji  さて、今、福間の防波堤ではサバが爆釣しています。結構良い形のサバがオキアミのサビキ仕掛けでかかりますので、引きも楽しめます。ファミリーフィッシングも多く防波堤は大賑わいです。いつまで、このお祭が続くのかは不明ですが、近年にないものであろうと思います。

 また、宗像地方のシーバス釣の方に大変参考になるブログができています。「たけちゃんの川スズキばか一代」「Dance with Seabass}と言うブログで、宗像在住の「たけちゃん」方が、宗像を貫流する釣川をメインフィールドとしてのシーバス釣行を記事にされています。また、この方はルアーも自作されるほどで大変参考とさせていただいています。

 福岡・宗像のシーバス釣を楽しんでいらっしゃる方は是非ご覧になればと思い紹介いたします。

 「Dance with Seabass」 http://blog.goo.ne.jp/tsurikawalove

シマノ アルテグラ 新着順リスト 
アルテグラの各機種、パーツ等

スポンサードリンク 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.20

東京の「日比谷松本楼」 森のレストラン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_1173syukusyoumoji  先日上京した折、日比谷公園にある「日比谷松本楼」にカレーを食べに行きました。歴史ある東京のグルメ・レストランのひとつです。

 何がすごいかと言って、明治36年6月の日比谷公園に開園と同時にオープンしたレストランです。当時の人々にとって、松本楼でカレーを食べ、コーヒーを飲むのがハイカラな習慣であったとのことです。もっとも、古さでは明治5年創業のフランス料理店、上野の精養軒にはかなわないのですが。

Img_2121syukusyoumoji  松本楼で有名な逸話が、現社長夫人の祖父である梅屋庄吉氏が中国革命の志士、孫文を援助したことです。孫文の夫人、宋慶齢が弾いたピアノがロビーにおいてあります。

 さて、松本楼の料理ですが、これが意外と高くありません。「都民が気楽に食事できる場所」としてオープン時に、東京都から要請された方針を今でも守っているからです。このため、大体1000円前後のメニューとなっていますので、安心して食事ができます。

Img_2120syukusyoumoji  私が、訪れた時は2階でカレービュッフェが行われており、1300円くらいでバイキング方式で松本楼のカレーを堪能することができました。

 松本楼のカレーは、「ハイカラビーフカレー」と言い変なクセがなく本当に食べやすいカレーです。ビーフの固まりとカレーとご飯が、ちょうどよいバランスを保っています。

Img_2122syukusyoumoji  伝統に裏付けられた万人受けのするカレーと言った按配です。そのことから言えば、逆に刺激の少ないカレーですので、個性的なカレーではないかもしれません。

 ビュッフェ方式でしたので、サラダやデザートもいただきましたが、これらはごく普通の一般的な味でした。

Img_2123syukusyoumoji  日比谷公園の静かな森の中にたたずむレストラン、松本楼で食事を一度してみてはいかがでしょうか。

日比谷松本楼のカレー 
ポークカレー・ビーフカレー・ハヤシビーフ・野菜カレーの
日比谷松本楼カレー詰合せ。 日比谷松本楼で修行した目玉野坂昌之氏焼き専用ドレッシング たまらん 

○ 「日比谷松本楼」

所在地    東京都千代田区日比谷公園1-2
電話      03-3503-1451
Img_2124syukusyoumoji 営業時間 10:00~21:00(20:30 LO)
休み    なし

  By   Jun

スポンサーリンク

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.17

宗像市の「CAFFE OFF COURSE」 飲食店不毛地帯に現れた喫茶店

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_4431syukusyoumoji   タイトルの飲食店不毛地域とは、旧国道3号線の村山田バス停から東郷駅東口バス停の間です。村山田には、うどん屋さんがあり、東郷駅東口付近にはラーメン屋さんや焼き鳥屋さんがあります。

Dsc_4428syukusyoumoji  しかし、東郷駅西口バス停付近を中心としてこの間には、全く飲食店がありませんでした。正確に言えば、新しくできた有吉産婦人科病院付近に、昭和40年代初め頃まで「ドライブイン九州」がありました。現在の、宗像歯科医師会?の建物付近です。

 ドライブインが流行した頃に、できた店ですが、ゲーム機を置いたり、皿うどんなどを提供していました。あんなところで、「ドライブイン九州」と大層なネーミングでしたが、この不毛地域では、ドラ九(ドラキュー)が後にも先にも唯一の飲食店でした。

Dsc_4412syukusyoumoji  このドラキューが閉店後、30年近くこの地域は飲食店がないままでした。

 ところが、最近、西口バス停近くにある「長崎酒店」の壁に、大きな黄色の広告が設置されました。この広告により、この地域に30年ぶりに新しい飲食店ができたことが分かりました。

Dsc_4427syukusyoumoji  それが、今年の6月22日に開店した「caffe OFF COURSE」です。早速行ってみました。この店は、旧3号線沿いではなく、長崎酒店前の橋を渡った住宅地の中にあります。なかなか見つけにくい場所と言えましょう。

 少し坂を上るとすぐに黄色の建物が見えます。店の前は、駐車場となっていて敷地もかなり広いところです。車を停めて、店に入ろうとすると、柵に囲まれた庭の一部から二頭の犬がほえています。ドッグサロンを併設してあり、そこのワンちゃんたちです。

Dsc_4410syukusyoumoji  店内に入ると、明るくて綺麗なお店です。壁にパイオニアの50インチのプラズマテレビが掛けてあります。残念ながら、電源が入っていませんでしたが、どんな映像を流すのか興味あるところです。

 12時頃でしたが、ランチはなく、軽食として、カレー、パスタ、ピラフ類がありました。私は、ナポリタン、カミさんはバジルのパスタを注文しました。それぞれ600円です。

Dsc_4421syukusyoumoji  パスタ類は、これらを目当てに行くと言うものではなく、軽食と考えた方がよいようです。むしろ、明るく雰囲気のよい室内で、ケーキやコーヒーを楽しむ喫茶の方が良いかもしれません。土日の午後などにおしゃべり目的で行くのも悪くないと思います。

 いずれにしろ、飲食店不毛地域にやっとできたカフェですので、皆さんに知っていただきDsc_4419syukusyoumoji もっと利用してほしいものです。

愛犬のために、ドッグラン用品
ドッグランに敷くヒノキウッドチップ、「どこでもドッグラン」ドッグラン用組立てサークル等、

スパゲティ・ナポリタン 人気順リスト 
スパゲティー・ナポリタン【330g】
。  スパゲティ・ナポリタン 1食(330g)(ブイトーニの業務用パスタ)。他

○ 「caffe OFF COURSE」

所在地    福岡県宗像市平井3丁目9-40
               東郷駅西口バス停近くの平井橋を渡り、突き当たり右折、すぐの道を左折して       坂を上がったところ
電話        0940-37-0893
営業時間 11:00~
Offcourse休み    水、毎月22日
駐車場   店の前にあり

スポンサードリンク

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.14

東京霞ヶ関の「味太助」 仙台名物 牛たん焼の店

スポンサードリンク


 少し前になりますが、東京に行った折、用事のある場所が霞ヶ関の官庁街近くでしたので、昼食場所を探していましたら、一緒に出かけた方が、仙台の牛タンの店があるので行きませんかと誘ってくれました。

 仙台の牛タンは有名ですし、昼ごはんに食べることができるのは最高なので喜んでお供しました。着いた場所は、「味太助 虎ノ門」でした。

Img_2114syukusyoumoji 仙台の名物のひとつが牛タンです。仙台には、店が60軒以上もあると言われていますが、そもそもは「味太助」の初代佐野啓四郎氏が、昭和23年に店を開いたのが始まりであると言われています。

 その由緒正しき店の支店ですから楽しみです。ちょうどお昼時でしたので、サラリーマンのお客も多く、少し待たせられました。でも、東京のランチはちょっと名の知れたお店では行列は当たり前ですから、苦にはなりませんでした。

 やがて、お店の人に案内されて入店しました。お店の中は、結構な人でごった返していました。

 やがて定食が運ばれてきました。見た目は、まさに焼肉定食。味も、格別焼肉定食とは変わらないような気がしました。

 しかし、太助のホームページによると、「牛の舌は大体ビール大瓶一本の大きさ。硬い皮を包丁でむいた後、ハムを切るように手のひら半分大にスライスしていく。

Img_2115syukusyoumoji 塩・コショウで味付け、一晩寝かせて炭火で焼けば出来上がり。作業は単純そうだが、噛むごとに口全体にジワーッと広がるあの風味を出すには隠れた”技”がある。

 スライスした一枚一枚にお客さんが食べやすいように包丁で筋を入れるが、表面だけをそっと切り込むのがコツ。完全に切っては味が染み込まないのだ。

 ”技”はこの他にもある。牛タンを食べる時に振り掛ける唐がらし。下ごしらえに使う塩とこしょう。その混ぜる割合や量。「何十年やっても難しいよ。」と佐野啓四郎も言っていた。

Img_2116syukusyoumoji  あのとろけるようなテールスープも単純ではない。味付けや水とテールの割合は秘伝中の秘伝。その少しの差が微妙に味を左右する。」

 とのこと。

 こういう能書きを知って食べると、もう少し違った印象になるかもしれません。

 ところで、ご他聞にもれず、この牛たん業界も、カレーの自由軒と似たような騒動があるようで、「味太助」と「杜の都太助」があります。「味太助」に分があるようで、初代佐野啓四郎氏の直系は「味太助」だと思われます。

Img_2117syukusyoumoji 「味太助」のホームページでは、「杜の都太助」のホームページ上では、「味太助」の記述があるが、かかる名称に関して「味太助」本店とはなんらかかわりがなく、一切関係ありませんのでご承知おきください。」と書いてあります。

 私が行ったお店は、看板に「味太助」と書いてありますが、どうもこのお店は、「杜の都太助」系列であるようで、味とは別な意味で面白い店と言うか業界内の確執がうかがえるお店でもあります。

○ 味太助 虎ノ門分店

所在地   東京都港区虎ノ門1-1-23 ウンピン虎ノ門ビルB1F
電話    03-5510-3965
営業時間 (平日) 昼11:00~14:00 夜17:30~22:30  (土曜) 昼11:00~15:00
休日    日曜・祝日

 スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.11

福岡市中央区の「長浜とん吉本店」 九州博多の長浜ラーメンの屋台

スポンサードリンク


 先日、福岡市の博多埠頭や荒津にシーバスを釣りに出かけたときに、夜も遅くなったので小腹が空いてきて、ラーメンでも食べようと思いました。

Dsc_4363syukusyoumoji  荒津に行く途中、長浜ラーメンの屋台街を通ったので、久しぶりに長浜ラーメンを食べることにしました。

 福岡市中央区の長浜近辺のラーメンです。博多ラーメンの代名詞とも言われますが、よく考えてみると長浜は博多部ではなく福岡部に位置しているので、おかしな感じです。福岡市をご存じない方に説明すると、福岡市は、那珂川の東側を博多、西側が福岡に分かれます。ちょうど、ハンガリーのブダペストのブダとペストのような感じでしょうか。

Dsc_4357syukusyoumoji  この福岡市の長浜地区には、昔から魚市場があり、そこに働く人たちに出すためのラーメンでした。魚市場の人たちは、忙しく、そのため麺が少しでも早く茹で上がるように、細麺とし、また、肉体労働の人たちは非常に濃い味を好みました。このようなラーメンを提供する屋台街が長浜地区に形成され、この地区のラーメンを長浜ラーメンと称します。

 長浜ラーメンの屋台やお店に入ると、注文の時に麺の茹で上がりの固さを店の人に聞かれます。私は、「普通」を注文しますが、「かた麺」や「やわらか麺」も頼むことができます。最近は、超かた麺を「はりがね」などといいますが、この言い方は、有名店「博多一風堂」の用語であり、長浜ラーメンの本来の使い方ではないそうです。

Dsc_4349syukusyoumoji  また、テーブルの上には、通常、紅しょうがゴマ、胡椒、辛子高菜があり、自由にトッピングできます。また、全国的に知られてきたシステムに「替え玉」があり、麺だけお代わりができます。そのためには、スープを適量残しておく必要があります。

 昔、私が行った店では、この替え玉の面を放り投げて、別の従業員が空中で受けて、客の丼に入れてくれました。素晴らしいパフォーマンスでしたが、今はあまりしていないようです。

Dsc_4350syukusyoumoji  私は、当日は、比較的客の少ない店であった「とん吉本店」に入りました。この「とん吉」はチェーン店のようで、「とん吉」の冠がある屋台が、屋台街の主要部を占めていました。

 ラーメンを注文しました。ところで、長浜ラーメンの元祖と言われる「元祖長浜屋」に入ると、メニューはラーメンしかないので自動的に麺の固さ等を聞かれて、ラーメンが出てきます。「とん吉」の屋台は、ラーメン以外のメニューがありますので、ラーメンを注文しなければなりません。

Dsc_4354syukusyoumoji  出てきたラーメンは、とんこつスープで、細麺のストレート面です。この麺は、素麺をイメージしてもらえれば想像がつきます。葱が入れてありますが、通常は細い博多万能ネギです。

 私は、正直に言うとあまり好みません。独特の風味があり、慣れが必要かもしれません。とんこつラーメンを食べつけている私でさえ、そう思うのですから、関東や関西からの旅行者の方が、長浜ラーメンをよく食べにきていただいていますが、美味しいと思って帰る方は少ないのかもしれません。これが、ローカルな味といえば確かにそうなのですが、あまり期待して来られると肩すかしになりかねません。

Tonkichi ちなみに、元来長浜ラーメンは、長浜地区にある店のラーメンのことですが、福岡市の近郊はもとより、関西、関東まで広がっています。アイデンティティもだんだんぼやけてきているようです。地域の独特なラーメンを多くの方々に味わってもらえるのは嬉しいのですが・・・


福岡・博多の地元ラーメンは長浜ラーメン 
長浜将軍・長浜ラーメン6食・辛子高菜お試しセット。 長浜ラーメン「名島亭」

 
○ 長浜ラーメン 「長浜とん吉本店」

所在地    福岡市中央区港1-1-10
営業時間  不明
駐車場   近くの有料駐車場を利用のこと

スポンサーリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.08

「日の名残り」 シットリとした大人の映画 

スポンサードリンク


Ishiguro01_1 久しぶりにと言うか、滅多にない映画レビューです。最近のCGや効果音満載のハリウッド映画もいいのですが、たまにはCGや効果音満載の大作映画でない、シットリとした大人の映画も秋にはいいかもしれません。

 英国びいきの私が時々くり返して見ているのが、「日の名残り The Remains of the Day」です。この映画は、日系の英国人小説家、カズオ・イシグロ氏(右側の写真)の同名小説がベースとなっております。

 この方は、なんと1954年の長崎市生まれなのですが、両親とともに5歳のときに渡英し、それ以来英国在住で英国籍となり、日本語はほとんど話せないそうです。

 同氏が1989年に書いた小説「日の名残り」は、英国最高の文学賞である「ブッカー賞」を受賞しました。これを1993年にジェームス・アイヴォリー監督の下に映画化したのが、映画「日の名残り」であります。

 大体のストーリーは、英国の名門家に一生を捧げてきた老執事が自身の半生を回想し、職務に忠実なあまり断ち切ってしまった愛を確かめるさまを描いた人間ドラマであります。

 英国貴族の執事について、実によく描いた映画で、朝刊を主人に出す前にアイロンかけをして、シワをのばすなど実際にしていたとは言え、改めてびっくりしました。

 その他、要人が来るディナーパーティ前の準備で、食卓にセットする皿やナイフ・フォークの間隔を定規で測って揃えるなど執事のプロ意識には感嘆させられます。見所はこれだけでなく、貴族の館のインテリア等もなかなか見ごたえがあります。

Remainssyukusyoumoji なににもまして、素晴らしいのは名優、アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンでしょう。二人とも、英国出身でアンソニー・ホプキンスはウェールズ、エマ・トンプソンはロンドン出身です。

 アンソニー・ホプキンスは、映画「羊たちの沈黙」で殺人鬼の「レクター博士」を演じましたが、「日の名残り」の執事役「スティーブンズ」を演じている時は、これが同一の役者かと思うくらい見事に演じ分けています。

 伝統ある英国の執事は、まさにこうあるべきであると言う当たり役であります。

 ただ、彼の演技論は「演技と言うものは全て絵空事であって、その要素は全てシナリオの中にある。」として、どのような役であっても特別にリサーチして演じることはないと言われております。

Anthonysyukusyoumoji  一方、ロバート・デ・ニーロは、徹底的にリサーチをかけてリアリティを追求するスタイルで、まさにアンソニー・ホプキンスのスタイルとは対極の関係であり、アンソニー・ホプキンスは、デ・ニーロの演技をばかげていると批判したことは有名なエピソードです。

 そのため、アンソニー・ホプキンスは、台本のチェック、暗記を徹底的に行い、撮影中は極めて自然に、役になり切って演技するそうです。

Emmasyukusyoumoji  一方相手役のエマ・トンプソンは、あまり有名でもなく、かつ美人でもありませんが実にアンソニー・ホプキンスを相手にするにふさわしい名女優であります。そうは、言っても1993年には「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演女優賞を取っているのですから実力はすこぶるつきです。

 この老執事スティーブンズとハウスキーパー、ミス・ケントンの秘めたる恋の展開と、第二次世界大戦前の英国社会の模様、そして老執事が、主人の車を借りて別れ別れになっていたメイド頭に会いに旅行に出かけるストーリーがしみじみとした映画の良さを感じさせてくれます。我々、シニア世代にこそ共感を呼ぶ映画でもあります。

Darlingtonhousesyukusyoum  なお、スーパーマン役で有名なクリストファー・リーブスが半身不随となる前の出演がありますし、映画「ノッティングヒルの恋人」で主演したヒュー・グラントなども助演しております。

 また、映画の舞台となった架空の貴族の館「ダーリントン・ハウス」は、実際は英国エクセター市近くのパウダーハム城で撮影がなされています。映画の中のインテリアは、パウダーハム城のインテリアです。

Chariotsoffirecredit  同じく英国を舞台にした名映画「炎のランナー Chaiots of Fire」の冒頭の海岸と同様に、いつの日か英国を訪れる機会があれば、行ってみたい場所のひとつです。

 次のシーン、執事スティーブンスが恋愛小説を読んでいるところをミス・ケントンに見つけられる場面です。

 By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.05

宗像市の「フランス欧風料理 とどろき亭」 デザートが素敵

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 Dsc_4233syukusyoumoji  ここ宗像にも、グルメなフランス・レストランがいくつかあります。赤間駅近くの「Chez ささ原」、旧玄海町池田の「オーベルジュ まつむら」などです。いずれも、安くて美味しいお薦めのレストランですが、今回の「とどろき亭」も忘れてはいけません。

 この「とどろき亭」の建物は、実は、あるハウスメーカーのモデルハウスでした。私は、その頃から知っていますが、ある日、突然、10数年前のことでしたが、このモデルハウスがフランス料理のレストランとなったのでした。

Dsc_4208syukusyoumoji  いまでこそ、「オーベルジュ まつむら」や中華料理の「石本」のように、民家を改造してレストランになる店は珍しくありませんが、当時はなかなか鮮烈な印象を持ったものでした。

 開店してしばらく経った頃、お店に行ってみましたが、びっくりしたのは玄関で靴を脱がねばならなかったことでした。当時、外食で洋風の店に行って、靴を脱ぐことはまずありませんでしたから、靴を脱いでスリッパに履き替えて部屋に案内されたことに、「へー、これは面白い!」と思いました。

Dsc_4206syukusyoumoji  さて、先日、久しぶりに「とどろき亭」にランチに出かけました。カミさんは、福岡市に友人と遊びに出かけましたので、お昼ご飯の小遣いに自分の手出しで、ちょっと豪華な昼食と洒落込みました。もっとも、昼食後、このまま魚釣りに出かける予定で、釣スタイルのままでしたので全くお洒落な雰囲気ではありませんでした。

 玄関のドアを開けると、奥さんが迎えてくれました。靴を脱ごうとすると、そのまま上がってくださいとのこと。いつの頃からか、靴で上がれるようになっていました。個人的には、靴を脱ぎたかったのですが。

Dsc_4212syukusyoumoji  東郷駅側の部屋に通してくれました。お客さんは、私一人だけでした。ランチメニュー(1785円)を頼むだけですから、気楽なもんです。

 店内は、明るく雰囲気のよい部屋です。待つことしばし、オードブルが来ました。「オードブル3種盛り」と言うメニューで、お皿に綺麗な3種類の料理が載っています。何かのキッシュ、何かのテリーヌそして何かの和え物のようなものでした。3種類の説明をそれぞれしてくれましたが、キレイサッパリ忘れてしまいました。すみません。

Dsc_4216syukusyoumoji  次は、「カボチャのクリームスープ」。これは、熱々の少しトロミの強いポタージュ系のスープです。私は、これくらいの熱々のスープを好みます。ややもすると、ポタージュスープが生ぬるいものがありますが、これもそのような温度が最適なのかもしれませんが、私の好みは、口の中に膜ができかねないような熱いスープです。合格!!

 そうこうする内に、パンが供されます。このパンは、フランスパンのバゲット風でサッパリとして美味しいパンです。

Dsc_4217syhukusyoumoji  さて、真打のメイン、「牛肉のトマト煮込み」です。キチンと料理された感のする一皿です。トマト煮込みの牛肉ですから、ことさら印象深い料理と言うこともありませんが、もちろん、家庭では到底出せない味には違いありません。

 ここのシェフは、経歴を見るとあの有名なフランスの「Maxim's de paris(マキシム・ド・パリ)」、最近では評価が下がり気味ではありますが、で勤務するなど、外国で15年間も料理長等を経験した方ですので、不味かろうはずがないでしょう。

Dsc_4223syukusyoumoji  最後は、デザートとコーヒーですが、このデザートは特筆すべきです。写真でご覧のとおり、ランチにしてはてんこ盛りです。プリン、アイスクリーム、ケーキ、不明物そしてスイカと思わず目を疑うような一皿です。多いから不味いのではなく、それぞれ大変美味しいものですから大変お得なランチと言えます。

 とどろき亭のシェフが修行したフレンチの最高峰、パリのマキシム・ド・パリの元料理長、ダニエル・マルタン氏がプロデュースした最高のスープと同店のスィーツを紹介しておきます。

マキシム・ド・パリの元料理長の作ったフォン・ド・ヴォー、各種煮込みに最適のソースです。 
ご家庭での凝ったフランス料理を作る時に最適でしょう。

○ 「フランス欧風料理 とどろき亭」

Todorokitei 所在地   福岡県宗像市田熊4-10-20 (JR東郷駅 日の里口と反対側の出口)
電話     0940-37-2140
営業時間 11:30~15:00(オーダーストップ14:00)
         7:00~22:00(オーダーストップ20:30)
休日     水曜日
駐車場   店の前にあり
  

By  Jun

スポンサードリンク

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.02

壮観!みあれ祭の漁船団パレード

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


宗像大社の放生会、子供の頃の思い出

 10月1日、ここ宗像では宗像大社の放生会(ほうじょうや)が始まります。正しくは、宗像大社秋季大祭と言うのですが、私たちは子供の頃から、田島放生会(たしまのほうじょうや)と呼んで秋の楽しみの一つでした。

Dsc_4257syukusyoumoji  この辺の小学校では、昔は放生会の時は臨時休校になるくらいの行事でした。子供たちは、お小遣いを握りしめて、自転車に乗って年に一度の放生会を楽しむのでした。そこには、膨大な数の露天、見世物がひしめいていました。そして、今ではたわいもないブリキ製の玩具、糸を付けて飛ばす飛行機、ロウソクを入れて走らせるポンポン蒸気の小さな船等を買っていました。

Dsc_4267syukusyoumoji  最近の田島の放生会については、どんなお祭になっているのでしょうか。

宗像大社とは?

 宗像大社とは、「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称ですが、一般では、宗像市田島の神社を宗像大社と呼んでいるようです。沖ノ島は、昨年、私と仲間達でクルージングした想い出の玄界灘の孤島ですし、筑前大島は、私もよく釣りに行っています。

Dsc_4274syukusyoumoji  宗像大社は、古くから海上交通の守り神として信仰されていましたが、陸上交通の交通安全の神様としても知られており、交通安全のステッカーを貼った車は県内にも多く、また、新車購入時のお払いなどで賑わっています。

みあれ祭とは?

 さて、みあれ祭は、宗像大社の放生会の最初の日、10月1日に行われています。「みあれ」とは新しい霊力をいただくという意味で、沖ノ島の沖津宮と大島の中津宮の御神璽(御神体)を、年に一度辺津宮(宗像大社)にお迎えし、五穀豊穣や豊漁に感謝する神事であります。

Dsc_4277syukusyoumoji_1  この沖ノ島と筑前大島の女神のご神体を乗せて神湊漁港に向かう御座船を囲みながら、大漁旗を掲げた数百隻の漁船が玄界灘をパレードします。ちなみに、この御座船はピカピカの新造船が選ばれますが、漁師にとっては大変な名誉ことだと思われます。

 宗像の主な漁港である、大島、地島(じのしま)鐘崎、神湊(こうのみなと)、津屋崎、福間などの(全て私の釣りスポット)漁船が、向こう1年間の福運、陸と海の交通安全、豊漁を祈って供奉船として参加しているのであります。

Dsc_4282syukusyoumoji今年のみあれ祭を見物

 このみあれ祭は、毎年10月1日と決まっており、たまたま今年は日曜日に当たりましたので久しぶりに見に行くことにしました。朝から地区の道路清掃に出ることになっており、終わるとすぐに9時30分頃、カミさんと一緒に自宅を出ました。

 公式スケジュールによると、午前9時30分頃大島港を出港し、神湊港に10時30分頃入港となっていました。神湊に到着すると、付近は駐車場がすでに満杯でしたが、そこはそれ、釣りでしきりと通っている場所であり車を停める穴場を知っていましたので、すぐに駐車できました。

Dsc_4292syukusyoumoji  神湊の漁協の朝市のところの船着場には、御座船が係留してありすでに入港してしまったのかと思いきや、神主をたくさん乗せて出港してしまいました。この船で田島の女神が、沖で待つ沖ノ島と筑前大島の二人の女神を迎えに行くことのようです。

工事中の新防波堤で観覧

 近くの人から、30分ぐらい後に神湊漁港沖で漁船のパレードを見ることができると言う話を聞いたので、新しい防波堤に行くことがひらめきました。この防波堤は、イカ釣りでよく行った場所でこんな時にイカ釣りが役に立つとは思いませんでした。

Dsc_4293syukusyoumoji  この新しい防波堤は、工事中でもあり立ち入り禁止の張り紙がありますが、すでに防波堤には30人以上の人影もあります。この防波堤は、途中、高い段差がありよじ登る必要があります。しかし、結構女性や子供もがんばってよじ登っています。

 港内を眺めてみると、赤灯台の防波堤はたくさんの人でひしめき合っています。この防波堤は、大きく幅がある上に人もそんなに来ていなくて、また、最高のビューポイントであり穴場中の穴場であります。

Dsc_4295syukusyoumojiDsc_4318syukusyoumoji いよいよ大船団の登場!

 目を海上に転じると、鐘崎方向に漁船団の影がウッスラと見えます。天候が雨交じりの曇りであることから、少しガスっているようです。時間が経つにつれて、漁船団もはっきりと見え出しました。思ったよりも隻数が少ないようです。10年ほど前に見た時よりも減っているようです。

 それでも、カラフルな大漁旗を掲げて荒れ模様の玄界灘を疾走する漁船の姿は一幅の絵であります。3隻の御座船の周りをグルグル回りながらお供の漁船が、海面を埋め尽くしている中に、大島と神湊の連絡フェリーが割り込んできました。こんな時に入港しなくてもと思いましたが、170トンもあるフェリーは器用に接岸しました。

Dsc_4313syukusyoumojiDsc_4306syukusyoumoji  一隻、一隻と帰路に着く漁船が増え始め、最後には御座船の3隻がしずしずと神湊漁港に入港しました。朝市の岸壁に3隻とも接岸し、大パレードは終わりました。


正木晃氏著「宗像大社・古代祭祀の原風景」は、古来から宗像大社の役割、どのような祭祀がおこなわれてきたのかについて挑んでいる本です。
その他にも宗像大社に関する本があります。
「宗像大社・古代祭祀の原風景」など宗像大社関連書籍



スポンサードリンク

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »