« 「日の名残り」 シットリとした大人の映画  | トップページ | 東京霞ヶ関の「味太助」 仙台名物 牛たん焼の店 »

2006.10.11

福岡市中央区の「長浜とん吉本店」 九州博多の長浜ラーメンの屋台

スポンサードリンク


 先日、福岡市の博多埠頭や荒津にシーバスを釣りに出かけたときに、夜も遅くなったので小腹が空いてきて、ラーメンでも食べようと思いました。

Dsc_4363syukusyoumoji  荒津に行く途中、長浜ラーメンの屋台街を通ったので、久しぶりに長浜ラーメンを食べることにしました。

 福岡市中央区の長浜近辺のラーメンです。博多ラーメンの代名詞とも言われますが、よく考えてみると長浜は博多部ではなく福岡部に位置しているので、おかしな感じです。福岡市をご存じない方に説明すると、福岡市は、那珂川の東側を博多、西側が福岡に分かれます。ちょうど、ハンガリーのブダペストのブダとペストのような感じでしょうか。

Dsc_4357syukusyoumoji  この福岡市の長浜地区には、昔から魚市場があり、そこに働く人たちに出すためのラーメンでした。魚市場の人たちは、忙しく、そのため麺が少しでも早く茹で上がるように、細麺とし、また、肉体労働の人たちは非常に濃い味を好みました。このようなラーメンを提供する屋台街が長浜地区に形成され、この地区のラーメンを長浜ラーメンと称します。

 長浜ラーメンの屋台やお店に入ると、注文の時に麺の茹で上がりの固さを店の人に聞かれます。私は、「普通」を注文しますが、「かた麺」や「やわらか麺」も頼むことができます。最近は、超かた麺を「はりがね」などといいますが、この言い方は、有名店「博多一風堂」の用語であり、長浜ラーメンの本来の使い方ではないそうです。

Dsc_4349syukusyoumoji  また、テーブルの上には、通常、紅しょうがゴマ、胡椒、辛子高菜があり、自由にトッピングできます。また、全国的に知られてきたシステムに「替え玉」があり、麺だけお代わりができます。そのためには、スープを適量残しておく必要があります。

 昔、私が行った店では、この替え玉の面を放り投げて、別の従業員が空中で受けて、客の丼に入れてくれました。素晴らしいパフォーマンスでしたが、今はあまりしていないようです。

Dsc_4350syukusyoumoji  私は、当日は、比較的客の少ない店であった「とん吉本店」に入りました。この「とん吉」はチェーン店のようで、「とん吉」の冠がある屋台が、屋台街の主要部を占めていました。

 ラーメンを注文しました。ところで、長浜ラーメンの元祖と言われる「元祖長浜屋」に入ると、メニューはラーメンしかないので自動的に麺の固さ等を聞かれて、ラーメンが出てきます。「とん吉」の屋台は、ラーメン以外のメニューがありますので、ラーメンを注文しなければなりません。

Dsc_4354syukusyoumoji  出てきたラーメンは、とんこつスープで、細麺のストレート面です。この麺は、素麺をイメージしてもらえれば想像がつきます。葱が入れてありますが、通常は細い博多万能ネギです。

 私は、正直に言うとあまり好みません。独特の風味があり、慣れが必要かもしれません。とんこつラーメンを食べつけている私でさえ、そう思うのですから、関東や関西からの旅行者の方が、長浜ラーメンをよく食べにきていただいていますが、美味しいと思って帰る方は少ないのかもしれません。これが、ローカルな味といえば確かにそうなのですが、あまり期待して来られると肩すかしになりかねません。

Tonkichi ちなみに、元来長浜ラーメンは、長浜地区にある店のラーメンのことですが、福岡市の近郊はもとより、関西、関東まで広がっています。アイデンティティもだんだんぼやけてきているようです。地域の独特なラーメンを多くの方々に味わってもらえるのは嬉しいのですが・・・


福岡・博多の地元ラーメンは長浜ラーメン 
長浜将軍・長浜ラーメン6食・辛子高菜お試しセット。 長浜ラーメン「名島亭」

 
○ 長浜ラーメン 「長浜とん吉本店」

所在地    福岡市中央区港1-1-10
営業時間  不明
駐車場   近くの有料駐車場を利用のこと

スポンサーリンク

|

« 「日の名残り」 シットリとした大人の映画  | トップページ | 東京霞ヶ関の「味太助」 仙台名物 牛たん焼の店 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

 長浜ラーメンを食されたとのことで、私のブログの記事が、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。
 さて、私も長浜ラーメンのトッピングはほとんど使用しません。長浜本来の味が損なわれるような気がするからです。しかし、これらを入れてこそ長浜ラーメンというものですから痛し痒しです。結局は、自分のお好みの味で食べると言うことが一番かなと思います。
 Ryuさんがおっしゃるカツオダシの中華そばは、九州にはほとんどありません。一度食べてみたいものです。
 ラーメンの味とは、子供の頃からの思い出などもあり、自分が食べなれた味がもっとも美味しいと思います。それを踏まえて、全国のいろんな土地のラーメンを食べてみて違いを楽しむのがいいのかもしれません。

投稿: Jun | 2006.10.22 21:32

16日の月曜日に、天川村にゴロゴロ水を汲みに行く途中で偶然にも長浜ラーメン店に入りました。確かに店長が麺の固さを聞きました。ラーメン屋に入って硬さの好みを聞かれたのは初めてだったので、Junさんと同じ様に「普通」でオーダーしました。今日Junさんのブログを読んで長浜ラーメンが何なのかが分かりました。紅生姜・高菜の漬物・ニンニクがカウンターに並んでいましたので全て入れましたが、ニンニクはミステークでした。長浜ラーメンの良さが消えてしまった感じでした。最近は手の込んだラーメンがおおくなってきましたが、私は昔ながらのカツオダシの中華ソバが一番好きです。インスタントはチキンラーメンかワンタンメンです。

投稿: Ryu | 2006.10.18 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/12214547

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市中央区の「長浜とん吉本店」 九州博多の長浜ラーメンの屋台:

« 「日の名残り」 シットリとした大人の映画  | トップページ | 東京霞ヶ関の「味太助」 仙台名物 牛たん焼の店 »